メインメニューを開く

タケミカヅチ (競走馬)

競走馬

タケミカヅチ2005年4月9日 - 2010年6月30日)は日本競走馬である。中央競馬において、長らく1勝馬の身でありながら、皐月賞2着などクラシック戦線で好走。「最強の1勝馬」と呼ばれることもあった。

タケミカヅチ
Take-Mikazuchi 20080601tokyo10race.jpg
2008年日本ダービーのパドックを周回するタケミカヅチ
現役期間 2007年 - 2010年
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2005年4月9日
死没 2010年6月30日(5歳没)
ゴールドアリュール
カズミハルコマ
母の父 マルゼンスキー
生国 日本の旗 日本
生産 社台ファーム
馬主 社台レースホース
調教師 大江原哲美浦
競走成績
生涯成績 19戦2勝
獲得賞金 1億7362万1000円[1]
テンプレートを表示

目次

経歴編集

2005年4月9日に生まれた鹿毛牡馬[1]。生産牧場は北海道千歳市社台ファーム[1]ゴールドアリュールの初年度産駒である[2]大江原哲厩舎(美浦)の管理馬[1]。馬名の由来は日本神話に登場する建御雷」から採られた[3]。馬主はクラブ法人社台レースホース(社台サラブレッドクラブ)。募集価格は総額2000万円(40万円×50口)であった[4]

2007年7月、夏の新潟開催でデビュー。上がり3F33秒0の末脚を見せ、芝1600mの新馬戦を勝利する[5]。大江原は「この馬はメインレース以外使うところは無い」と感じたというが、その後は2歳、3歳の重賞戦線で善戦を見せるも長らく勝利には届かず、「最強の1勝馬」と呼ばれることもあった[6][7]。3歳時の2008年には皐月賞(JpnI)で2着に入ったが、2000m以上の距離では東京優駿(日本ダービー、JpnI)11着、セントライト記念(JpnII)9着と崩れ、新味を求めてダートに矛先を向けた時期もあった[7]。2009年4月5日、1番人気で出走したダービー卿チャレンジトロフィー(GIII)を勝利して2勝目[8]。タケミカヅチの単勝オッズは6.7倍であり、1986年以降の1番人気馬としては最高配当となった[9]

その後は股関節痛による長期休養[10]もあり、3勝目を手にすることは出来なかった。2010年6月、放牧先の山元トレーニングセンターで疝痛を発症[11]。出血性大腸炎により6月30日に死亡した[12]。通算19戦2勝[11]

競走成績編集

年月日 競馬場 競走名 頭数 枠番 馬番 オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2007 7. 29 新潟 2歳新馬 14 8 13 5.2(3人) 1着 柴田善臣 54 芝1600m(良) 1:37.5 (33.0) -0.1 (ジョウショーアロー)
9. 2 新潟 新潟2歳S JpnIII 18 7 15 4.1(1人) 6着 田中勝春 54 芝1600m(良) 1:34.6 (34.4) 0.5 エフティマイア
10. 13 京都 デイリー杯2歳S JpnII 13 7 11 8.9(6人) 2着 木幡初広 55 芝1600m(良) 1:35.9 (33.6) 0.3 キャプテントゥーレ
11. 17 東京 東京スポーツ杯2歳S JpnIII 15 3 5 7.5(4人) 5着 木幡初広 55 芝1800m(良) 1:48.1 (34.4) 0.7 フサイチアソート
2008 1. 13 京都 シンザン記念 JpnIII 16 6 12 6.7(3人) 4着 木幡初広 56 芝1600m(良) 1:35.8 (36.0) 0.4 ドリームシグナル
2. 11 東京 共同通信杯 JpnIII 16 1 1 15.5(5人) 2着 柴田善臣 56 芝1800m(良) 1:47.7 (35.2) 0.1 ショウナンアルバ
3 9 中山 弥生賞 JpnII 16 1 2 16.8(7人) 3着 木幡初広 56 芝2000m(良) 2:02.0 (35.0) 0.2 マイネルチャールズ
4. 20 中山 皐月賞 JpnI 18 1 1 16.7(6人) 2着 柴田善臣 57 芝2000m(良) 2:02.1 (34.7) 0.4 キャプテントゥーレ
6. 1 東京 東京優駿 JpnI 18 2 4 13.2(7人) 11着 柴田善臣 57 芝2400m(良) 2:28.0 (35.8) 1.3 ディープスカイ
9. 21 中山 セントライト記念 JpnII 18 8 18 14.0(7人) 9着 柴田善臣 56 芝2200m(稍) 2:15.5 (35.7) 0.9 ダイワワイルドボア
11. 8 東京 武蔵野S GIII 16 2 3 14.9(6人) 6着 柴田善臣 55 ダ1600m(良) 1:36.4 (36.6) 0.4 キクノサリーレ
12. 27 中山 師走S OP 10 2 2 7.5(3人) 3着 柴田善臣 56 ダ1800m(良) 1:53.0 (36.9) 0.3 ナンヨーヒルトップ
2009 1. 31 東京 東京新聞杯 GIII 16 8 15 15.5(8人) 8着 武豊 55 芝1600m(不) 1:38.0 (38.0) 1.1 アブソリュート
3. 14 中山 東風S OP 16 2 4 9.5(4人) 2着 柴田善臣 57 芝1600m(不) 1:37.1 (37.1) 0.6 ショウワモダン
4. 5 中山 ダービー卿CT GIII 15 2 4 6.7(1人) 1着 柴田善臣 56 芝1600m(良) 1:33.7 (34.7) 0.0 マイネルファルケ
5. 16 東京 京王杯SC GII 18 1 1 8.5(5人) 5着 柴田善臣 57 芝1400m(良) 1:20.9 (33.3) 0.3 スズカコーズウェイ
2010 4. 4 中山 ダービー卿CT GIII 16 2 4 19.8(8人) 6着 柴田善臣 57 芝1600m(良) 1:34.8 (33.7) 0.5 ショウワモダン
5. 15 東京 京王杯SC GII 17 1 1 7.6(4人) 8着 柴田善臣 57 芝1400m(良) 1:20.6 (33.1) 0.8 サンクスノート
6. 13 東京 エプソムC GIII 18 3 5 17.3(7人) 16着 北村宏司 56 芝1800m(良) 1:47.3 (35.9) 1.2 セイウンワンダー

血統表編集

タケミカヅチ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ヘイロー系
[§ 2]

ゴールドアリュール
1999 栗毛
父の父
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
父の母
*ニキーヤ
Nikiya
1993 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Reluctant Guest Hostage
Vaguely Royal

カズミハルコマ
1984 青鹿毛
マルゼンスキー
1974 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
*シル
Shill
Buckpasser
Quill
母の母
センシユータカラ
1976 青鹿毛
*ヴェンチア
Venture
Relic
Rose O'Lynn
シヤダイウイング *ゲイタイム
ブラツクターキン
母系(F-No.) (FN:13-c) [§ 3]
5代内の近親交配 Nijinsky5×3=15.63%、Northern Dancer4×4=12.50% [§ 4]
出典
  1. ^ [13]
  2. ^ [13]
  3. ^ [13]
  4. ^ [13]
  • 父ゴールドアリュールはサンデーサイレンス産駒唯一のダートGI勝ち馬であり、調教師の大江原も当初はタケミカヅチにダートの適性を感じていたという[6][14]
  • 半姉に中央6勝のスプリングチケット(父トニービン)、その仔にカレンチャン(2012年JRA最優秀短距離馬)がいる[13]

脚注編集

  1. ^ a b c d タケミカヅチ”. JBBA. 2015年7月18日閲覧。
  2. ^ “【新潟2歳S】美浦レポート〜タケミカヅチ”. ラジオNIKKEI. (2007年8月29日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-142187.html 2015年7月18日閲覧。 
  3. ^ タケミカヅチの情報”. 社台サラブレッドクラブ. 2015年7月18日閲覧。
  4. ^ 父)カズミハルコマの05”. 社台サラブレッドクラブ. 2015年7月18日閲覧。
  5. ^ 辻三蔵. “新馬・クラシック情報”. JRA. 2015年7月18日閲覧。
  6. ^ a b 高橋摩衣 (2010年7月30日). “最も思い入れのあった馬・タケミカヅチを偲ぶ”. 競馬ラボ. 2015年7月18日閲覧。
  7. ^ a b 鳥谷越明 (2009年1月28日). “武ミカヅチ芝で一刀両断!!/東京新聞杯”. スポーツニッポン. http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2009/01/28/kiji/K20090128Z00001520.html 2015年7月18日閲覧。 
  8. ^ 谷川善久. “第41回 ダービー卿チャレンジT”. JRA. 2015年7月18日閲覧。
  9. ^ タケミカヅチが返上した『最強の1勝馬』の呼称を受け継ぐのは何!?”. サラブレ. 2015年7月18日閲覧。
  10. ^ “トレセンレポート【ダービー卿CT】タケミカヅチ”. 競馬ラボ. (2010年3月31日). http://keibalab.jp/topics/3711/ 2015年7月18日閲覧。 
  11. ^ a b “タケミカヅチ急死、出血性大腸炎”. 日刊スポーツ. (2010年6月30日). http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20100630-647793.html 2015年7月18日閲覧。 
  12. ^ タケミカヅチが死亡、ダノンゴーゴーは競走馬登録抹消”. JRA. 2015年7月18日閲覧。
  13. ^ a b c d e タケミカヅチの血統詳細”. netkeiba. 2015年7月18日閲覧。
  14. ^ あの馬は今Vol.47~F.S・ゴールドアリュール”. JBBA. 2015年7月18日閲覧。

外部リンク編集