メインメニューを開く

タブロイド』(Crónicas)は2004年エクアドルメキシコの映画である。サンダンス・NHK国際映像作家賞でラテンアメリカ部門を受賞し、完成された作品はカンヌ国際映画祭のある視点部門に出品された。

タブロイド
Crónicas
監督 セバスチャン・コルデロ
脚本 セバスチャン・コルデロ
製作 アルフォンソ・キュアロン
イサベル・ダバロス
ベルサ・ナヴァロ
ギレルモ・デル・トロ
ホルヘ・ベルガラ
製作総指揮 フリーダ・トレスブランコ
出演者 ジョン・レグイザモ
レオノール・ワトリング
音楽 アントニオ・ピント
撮影 エンリケ・シャディアック
配給 日本の旗 東北新社
公開 日本の旗 2006年1月21日
上映時間 98分
製作国 メキシコの旗 メキシコ
エクアドルの旗 エクアドル
言語 スペイン語
英語
テンプレートを表示

日本では2006年1月21日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国順次公開された。

目次

ストーリー編集

エクアドルで子供ばかりが狙われる連続殺人事件が起こる。子供たちはレイプされた後に殺され、墓場に埋められていた。その犯人は“モンスター”と呼ばれるようになる。マイアミのテレビ番組「真実の1時間」のリポーター、マノロとそのチームは“モンスター”に殺された被害者の少年の葬儀を取材する。彼らは被害者の双子の少年に取材を試みるが、その少年は急に駆け出しトラックの前に飛び出した。少年は轢かれて命を落とす。トラックを運転していた聖書販売員ビニシオは、怒り狂った父親と群衆にリンチされる。マノロはその陰惨な光景を撮影し、それがスクープとして番組で流される。ビニシオと子供の父親は警察に逮捕された。翌日、留置所を訪れたマノロは、ビニシオから自分に取材をして拘置所から出して欲しいと懇願、その見返りにビニシオは“モンスター”の情報を提供すると申し出る。最初は断りつづけたマノロたちだが、警察すら掴んでない少女の死体の情報をビニシオから聞く。スクープを狙う彼らは、その真偽を確かめビニシオの素性を探っていく内に、彼こそが“モンスター”ではないのかと疑いの目を向けていく。

キャスト編集

日本においてのこの映画に関する情報編集

外部リンク編集