メインメニューを開く

ダイハツ・ハロー(DAIHATSU Hallo)は、ダイハツ工業1974年昭和49年)に販売を開始した50 cc三輪スクーター原動機付自転車)。

概要編集

3.5 psを発揮する50 cc強制空冷2サイクル単気筒エンジンを搭載したモデルと、エンジン部分を定格出力1.5 kwを発揮する電動モーターに換装した「ハローBC」が用意されていた。

三輪スクーターではあったものの、車輪の駆動方式は片輪のみに動力を伝達する1WD(エンジン式と電動式では駆動輪が左右反対)であったため、通常の2WD三輪スクーターとは違う操縦性を持っていた。

発売当時のメーカー希望小売価格は179,000円と、50 ccとしては割高であった上、自転車店やオートバイ店で発売されるのが常識であった二輪車市場において全国のダイハツディーラー専売扱いであったため、ほとんど普及することのないまま1975年(昭和50年)に販売終了となった。しかし、その愛らしいスタイルと希少性から、現在でも多くの愛好家が存在している。

関連項目編集