ダッジ・チャレンジャー

チャレンジャーChallenger )とは、アメリカ合衆国の自動車メーカークライスラーダッジブランドより販売している乗用車である。

初代(1970年-1974年)編集

ダッジ・チャレンジャー(初代)
 
概要
製造国   アメリカ合衆国ハムトラムク
  アメリカ合衆国ロサンゼルス
販売期間 1970年 - 1974年(生産終了)
デザイナー カール・キャメロン
ボディ
ボディタイプ 2ドアハードトップ
2ドアクーペ
2ドアコンバーチブル
駆動方式 後輪駆動
プラットフォーム クライスラー・Eプラットフォーム
パワートレイン
エンジン 3.2 L スラント6 直列6気筒
3.7 L スラント6 直列6気筒
5.2 L LA V型8気筒
5.6 L LA V型8気筒
5.9 L LA V型8気筒
6.3 L B V型8気筒
7.0 L ヘミ V型8気筒
7.2 L RB V型8気筒
変速機 3/4速MT
3速ATトルクフライト
車両寸法
ホイールベース 2,800 mm
全長 4,860 mm[1]
全幅 1,930 mm
全高 1,290 mm
テンプレートを表示

1969年、70年モデルとしてデビュー。当時広がりを見せつつあったポニーカー[2]市場に参入すべく開発された。プリムス・バラクーダのE-Bodyプラットフォームをベースにホイールベースを延長し、外装を薄板ボディ化するなど大胆な変更がなされた。ボディデザインは1966年ダッジ・チャージャーをデザインしたカール・キャメロンが担当した。

チャレンジャーは人気を博し、1970年には8万台のセールスを記録した。この時期、既にポニーカー市場は縮小傾向にあり、1971年以降の販売は振るわなかったものの、生産は1974年まで継続され、累計販売台数は16万5千台を越えた。

主なグレード構成は直列6気筒搭載のチャレンジャー6V型8気筒搭載のチャレンジャーV8、V型8気筒搭載のホットグレードとなるチャレンジャーR/T(Road/Track)の3種類。R/Tは1971年を最後にラインナップから消滅し、2年後の1973年に一度復活したものの翌年には再び消滅している。

このほか、トランザムレースのホモロゲーションモデルであるチャレンジャーT/Aが1970〜71年にかけて存在した。エンジンは340をベースに改良した340+6(340シックスパック)を搭載していた。当初の目的であるトランザムレースへの参戦は果たせなかったが、市販モデルの生産は続行され、最終的に約2500台が販売された。

なお、T/Aは同じくクライスラー系列のブランドであるプリムスよりAARクーダとして販売されていた。

2代目(1977年-1983年)編集

ダッジ・チャレンジャー(2代目)
 
概要
別名 三菱・ギャランΛ(日本)
製造国   日本岡崎市、三菱自動車岡崎工場)
販売期間 1977年1983年(生産終了)
ボディ
ボディタイプ 2ドアハードトップ/ノッチバッククーペ
駆動方式 後輪駆動
パワートレイン
エンジン 1.6 L 4G32 直列4気筒SOHC
2.6 L 4G54 直列4気筒SOHC
変速機 5速MT
3速AT
車両寸法
ホイールベース 2,530 mm
全長 4,525 mm
全幅 1,675 mm
全高 1,345-1,355 mm
系譜
後継 ダッジ・コンクエスト
ダッジ・デイトナ
テンプレートを表示

1977年三菱・ギャランΛのOEMモデルとしてチャレンジャーの名が復活。コンクエスト三菱・スタリオンのOEMモデル)とダッジ・デイトナが発売される1983年まで販売された。

初代モデルと名称以外の共通点はない。

3代目(2008年-)編集

ダッジ・チャレンジャー(3代目)
 
2016 チャレンジャーSRTヘルキャット
概要
製造国   カナダオンタリオ州ブランプトンクライスラー ブランプトン工場[3]
販売期間 2008年4月 -
デザイナー マイケル・カスティリオーネ
アラン・バリントン[4]
ボディ
ボディタイプ 2ドアノッチバッククーペ
駆動方式 後輪駆動/四輪駆動
プラットフォーム クライスラー・LCプラットフォーム(2008–2014)
クライスラー・LAプラットフォーム(2015-)
パワートレイン
エンジン 3.5 L SOHC V型6気筒 (2009–2010)
3.6 L ペンタスター DOHC V型6気筒 (2011–)
5.7 L ヘミ OHV V型8気筒 (2009–)
6.1 L ヘミ OHV V型8気筒 (2008–2010)
6.2 L ヘルキャット OHV スーパーチャージャー V型8気筒 (2015-)
6.2 L デーモンヘミ OHV スーパーチャージャー V型8気筒 (2018-)
6.4 L ヘミ OHV V型8気筒 (2011–)
変速機 4速AT(42RLE、2009)
5速AT(W5A580、2008–2014)
8速AT(845RE、8HP70、8HP90、2014–)
6速MT(TR6060、2008–)
車両寸法
ホイールベース 2,946 mm
全長 5,022 mm
全幅 1,923 mm
全高 1,415-1,460 mm
車両重量 1,739 kg(SXT)[5]
1,860 kg(R / T)[6]
1,917 kg(Scatパック)[7]
2,027 kg(SRTヘルキャット)[8]
1,930 kg(SRTデーモン)
系譜
先代 ダッジ・ストラトスクーペ
テンプレートを表示

3代目チャレンジャーのコンセプトカーが2006年の北米国際自動車ショーで発表され、2008年4月14日から発売が開始された。2005年に生産を終えたストラトスクーペの後継でもあり、同社の300Cプラットフォームを使用している。当該モデルはLXプラットフォームに6100ccL型ヘミV8エンジンを搭載したもので、そのスタイリングも1970年モデルを彷彿させるデザインが採用されている。2005年、インターネット上に3代目チャレンジャーのスパイ画像がリークされダッジはこれを受け2005年11月21日に新型ダッジ・チャレンジャーの図面を公開した。このコンセプトカーは2006年の北米国際自動車ショーで発表され、2008年4月14日から発売が開始された。2005年に生産を終え2005年11月21日に発表されたストラトスクーペの後継でもあり、同社の300Cダッジ・チャージャーなどのプラットフォーム(LXシャーシ)の改良版LCシャーシを使用している。ダイムラー・クライスラー時代に設計されているため、メルセデスベンツW220Sクラスコントロールアームフロントサスペンション、メルセデスベンツW211 Eクラス5リンクリアサスペンション、W5A580 5スピードなど、多くのダイムラー製のコンポーネントが組み込まれている。ピラーレスハードトップボディは、ハードトップのような印象を与えるためにサイドガラスの後ろに隠された固定の「B」ピラーに置き換えられている。クライスラーは2008年2月6日にシカゴオートショーとフィラデルフィアインターナショナルオートショーで同時にデビューしたチャレンジャーの予約を開始した。

日本での正規発売はされていないものの、一部の輸入車ディーラーによる並行輸入での新車購入が可能となっている。

2009年モデル編集

2008年に販売された全ての車両はSRT8だった。6.1LV8HEMIエンジンと5速オートマチックトランスミッションを備えていた。2008年にカナダで生産された6,400台の米国市場の自動車全体が事前販売され、2008年5月8日に生産が開始された。メキシコのクライスラーは、6.1リッターV8エンジンを搭載した100台のSRT8のみを提供した。なお、クライスラーはチャリティーのために2台の2008年式SRT8を競売にかけている。

チャレンジャーSE・チャレンジャーSXT(2012年まで)編集

ベースモデルのチャレンジャーSEは、当初、定格250 hp(186 kW)(SAE)および250lbf⋅ft(339N⋅m)の3.5 L(214 cu in)SOHCV6エンジンを搭載していた。2009年上半期は高速オートマチックトランスミッションだったが後に、標準の5速オートマチックトランスミッションに変更された。 内装では布または革のいずれか、またいくつかの異なる外部色が利用可能になっている。標準機能には、エアコン、パワーウィンドウ、ロック、ミラーが含まれ、クルーズコントロール、および17インチ(430 mm)のアルミホイールもある。オプションとして、革張り、ヒーター付きフロントシート、サンルーフ、18インチアルミホイール、プレミアムオーディオシステム、ABS、安定性とトラクションコントロールがある。カナダでもSEに準ずるSXTグレードを備えているが、標準機能に関してはより充実している。これらの機能には、ESP、警報システム、18インチ(460 mm)ホイールなどがある。 2012年モデルから、SEは米国でSXTモデルに置き換えられた。2012年モデル以前は、チャレンジャーのSXTバージョンはカナダでのみ販売されており、SEよりも上級なものとなっている。フォグランプ、リアスポイラー、大型ホイール、イルミネーションバニティミラー、セキュリティアラーム、革巻きシフターが追加されています。さらに、SXTでは、SEでは利用できないオプションパッケージが多くあり、R / Tと同じような装備もある。 (ハイエンドのナビゲーション対応エンターテインメントシステムなど。)

チャレンジャー500編集

クライスラーカナダは、チャージャー500(チャージャー500とコロネット500に敬意を表している)として独自にバッジを付けられた670台のSRTをすべてカナダのディーラーにのみ出荷した。

2010ダッジチャレンジャーSRT-8編集

限定版であった2008年生産のSRT8の生産は2008年7月に終了し、拡張された2009年のラインナップの生産は同年8月初旬に開始された。拡張された製品は、2008年のニューヨーク国際オートショーでその春に発表されたものと同じだった。 クライスラーは、2009年に、SE、R / T、SRT8、およびカナダのみのSXTの4つの異なるグレードを備えた完全なチャレンジャーのラインナップをデビューさせた。オプションの6速マニュアルと標準のリミテッドスリップデフを除いて変更されていないSRT8に加えて、ラインナップには、250 hp(186 kW)3.5リッターV6を提供する前述のSEとSXTが含まれていた。 R / Tは、5.7リッターのヘミが5速オートマチックと組み合わせたときに372 hp(277 kW)と398lb⋅ft(540N⋅m)のトルクを発揮し、375 hp(280 kW)で404lb⋅ftを発揮した。 (548N・m)SRT8と同じTremec6速マニュアルトランスミッションを組み合わせた。パッケージは、フードとトランクのデュアルボディストライプ、クロームメッキの燃料キャップ、デッキリッドスポイラー、18インチのアルミホイール、マイクロカーボンのインテリアアクセントなどのデザインキューを備えていた。

2010ダッジチャレンジャーR/T編集

中級グレードのR / Tは、5.7 LHemi V8と、5速オートマチックトランスミッションまたはTremec TR-60606速マニュアルトランスミッションを組み合わせた。オートマチックトランスミッションを搭載した車では、エンジンはマルチディスプレイスメントシステムを備えており、定格は372 hp(277 kW)(SAE)および398lbf⋅ft(540N⋅m)のトルクだった。 6速マニュアルトランスミッションでは、マルチディスプレイスメントシステムオプションが消え、エンジンの定格は375 hp(280 kW)(SAE)および404lbf⋅ft(548N⋅m)トルクとなった。 もう1つの機能は、自動モデルでのみ使用可能なインテリジェント減速燃料シャットオフ(iDFSO)だ。マルチディスプレイスメントシステムと燃料シャットオフの両方を組み合わせた最初の製品となっている。 最終的な駆動比は、オートマチックトランスミッションを搭載した車で3.06:1、6速マニュアルと18インチホイールを搭載した車で3.73:1、または6速マニュアルとオプションの車で3.92:1だった。 20インチホイール。 R / Tでは、Tremec手動トランスミッション、リミテッドスリップデフ、セルフレベリングリアショックアブソーバーを含む「TrackPak」オプショングループも利用できた。

2010ダッジ・チャレンジャーR/Tクラシック編集

R / Tクラシックには、フロントパネルのスクリプト「チャレンジャー」バッジや黒または白の「R / T」ストライプなどのレトロな側面がある。ピストルグリップシフターを含むオプションの6速マニュアルトランスミッションを備えた5速オートマチックスタンダードが付属していた。ホイールはHeritage20 "Torq-Thrustスタイルのスペシャルです。ブリリアントブラッククリスタルパール、ブライトシルバーメタリック、ストーンホワイト、および複数の"ヘリテージ "カラー(トキシックオレンジ、HEMI-オレンジ、TorRed、B5ブルー、プラムクレイジーパープル)で利用可能になった。2009年2月に生産を開始した。

2009 ダッジ・チャレンジャーSRT8編集

SRT8は、6.1 L(370 cu in)のHemi V8を搭載しており2008年のものと実質的に同じである。その一方で5速オートマチックまたは6速マニュアルトランスミッションの選択が可能となった。標準機能には、ブレンボブレーキ、スポーツサスペンション、バイキセノンヘッドランプ、ヒーター付きレザースポーツシート、キーレスゴー、シリウスサテライトラジオ、20インチ(510 mm)鍛造アルミニウムホイールが含まれる。 SEモデル、さらに、2009年には2008年モデルでは提供されなかった「リミテッドスリップ」ディファレンシャルがあった。 「スプリングスペシャル」SRT8チャレンジャーもB5ブルーで提供されたが、ローリングプラントのシャットダウンにより、2009年モデルの年末までに250を超えるスプリングスペシャルチャレンジャーが製造された。

Mopar'10チャレンジャーR / T編集

Mopar'10チャレンジャーR / Tは2010年式チャレンジャーR / Tの限定バージョンで、ボディカラーはメタリックパールブラック、3つのアクセントカラー(ブルー、レッド、シルバー)から選択できる。さらに、これらの車は、ハーストアフターマーケットピストルグリップシフター、カスタムバッジ、10馬力増加のためのモパーコールドエアインテーク、およびカッツキンソースのアフターマーケットインテリアとともに、黒のR / Tクラシックスタイルのホイールで利用可能だった。車はブランプトンアセンブリで製造され、オンタリオ州ウィンザーのモパーアップフィットセンターで完成した。 500台の米国仕様車と100台のカナダ仕様車が作られた。 500台のモパースペシャルエディションUSバージョンのうち、320台はオートマチックトランスミッション、180台はマニュアル、255台はブルーのストライプ、115台はレッドのストライプ、130台はシルバーのストライプだった。 2010年の限定の400SRTは、「Furious Fuchsia」ペイントと、背もたれに水平のフクシア色のスラッシュバーが付いた白い革のシートで製造された。ダッジは、40年前にオリジナルのパンサーピンク車へのオマージュとしてこのパッケージを販売した。これらの車には、オートマチックトランスミッションとトレメック6速トランスミッションの両方が搭載されていた。

ドラッグレースパッケージ編集

ドラッグレースパッケージは、ダッジチャレンジャーSRT-8をベースにしたNHRA競技用に設計されたレースモデルだ。主要な生産コンポーネントとシステムを排除することにより、路上車両よりも1,000ポンド(454 kg)軽量化した。軽量化を強調するために、エンジンは駆動列の角度と重量配分を改善するために再配置された。 116インチ(2,900 mm)のホイールベースは1/2インチ短縮された。この車は、ボルトインクロスメンバーと頑丈なエンジンマウントを備えたフロントクレードルも備えている。NHRAの要件を満たすために、少なくとも50台のチャレンジャードラッグレースパッケージカーが製造された。エンジンオプションには、6.1 Lヘミ、5.7ヘミ、および5.9Lマグナムウェッジが含まれている。マニュアルまたはオートマチックトランスミッションが利用可能で、リアアクスルがついている(IRSではない)。必要な50台の車の最初の走行が完了し、100台以上の「2009チャレンジャードラッグパック」車が生産された。 「ビッグダディ」ドン・ガーリッツは最初のドラッグレースパッケージカーを購入し、NHRAコンペティションでレースをした。

2010年モデル編集

2010年モデルの変更は極めて少ないものとなった。横滑り防止装置は、チャレンジャーモデルライン全体で新たに標準化された。 R / Tモデルには、自動ヘッドランプ、LED点灯カップホルダー、ドアハンドルライトなどの標準機能が搭載されている。 UConnectマルチメディアおよびUConnectナビゲーションオプションにステアリングホイールオーディオコントロールが含まれるようになり、UConnectマルチメディア機能がオプションのサウンドグループと組み合わされた。2010年の最も重要な新しいオプションは、スーパートラックパックである。これには、トラック対応のハードウェアとアップグレードが多数含まれている。

  • グッドイヤーF1スーパーカータイヤ付き20x9ホイール
  • フロントとリアのSachsNivomatセルフレベリングショックアブソーバー
  • 大型のリアスタビライザーバー(20mm> 16mmストック)
  • 可変排気量性能ステアリングポンプ(6速標準)
  • 3.06リアアクスルレシオ(3.92レシオを維持する6速R / Tでは該当なし)
  • アンチロック4輪ディスクヘビーデューティーブレーキ、パフォーマンスブレーキライニング付き
  • 「ESPオフ」安定性キャリブレーション。リミテッドスリップデフは、6速マニュアルトランスミッションを搭載したR / Tにのみ標準装備されていた。

2011年モデル編集

ラムのエンブレムは2011年モデルで消え(名前の由来のトラックが独自のブランドとして展開されたため)、チャレンジャーは2つの新しいエンジン、ペンタスターと392HEMIを搭載することになった。

チャレンジャーSE・SEラリー編集

SEとSEラリーは、定格305 hp(227 kW; 309 PS)および268lb⋅ft(363N⋅m)の新しい3.6リッターPentastar V6エンジン、デュアルリアエキゾースト、5速自動変速機を搭載している。 オートスティック、18インチアルミホイール、4輪ディスクアンチロックブレーキ、ブレーキアシスト、レディアラートブレーキとレインブレーキサポート、電子安定性制御(ESC)、ヒルスタートアシストと全速力トラクションコントロールを含む高度なブレーキシステム、クロームフューエルフィラードア、AM / FMラジオ付きUconnect130システム、CDプレーヤー、6つのスピーカーと補助入力ジャック、ステアリングホイールに取り付けられたオーディオと速度制御、ツインフードスクープ、ツーリングサスペンション、リモートキーレスエントリー、6つのエアバッグ、アクティブフロントヘッドレストレイント、プレミアムクロスシート、4ウェイパワーランバーアジャスト付き6ウェイパワードライバーシート、レザーラップステアリングホイール、自動温度制御付きエアコン、キーレスエンターアンドゴー、近接センサーとプッシュボタンスタート、パワーウィンドウ、ウィットに沿ったロックとミラーhチルト/テレスコピックステアリングコラムと、カップホルダー付きのリアアームレストを含む60/40折りたたみ式リアシートが装備されている。

2チャレンジャーラリーパッケージは、デュアルレッドのアウトラインセンターストライプ、ヒーター付きフロントシートを備えたプレミアムレザーインテリア、ボディカラーのリアスポイラー、スポーツサスペンションとハンドリングパッケージを備えたパフォーマンス調整されたステアリング、さらにアップグレードされたブレーキ、および独自のFooseデザイン18を追加した。

チャレンジャーR/T編集

R / Tは、新しいボトムグリルカットアウトと更新されたサスペンションを含む改訂を受けた。

チャレンジャーSRT8編集

新しいSRT8のチンスポイラーは、より多くのダウンフォースを作成するために拡大されました。 1970年のチャレンジャーR / Tに似ています。 SRT8は新しい6.4リッターのヘミV8を搭載した。いわゆる392(実際のサイズは391 cu-in。)は、公式には470 hp(350 kW; 477 PS)および470lb⋅ft(637N⋅m)のトルクで評価された。ダッジのエンジニアは、ローエンドトルクのピーク馬力定格を犠牲にしたと述べ、2,900rpmで出力6.1L(370 c.i.d.)ヘミV8よりも90lb⋅ft(122N⋅m)増加したと述べた。 2つのトランスミッションが提供された。5速シフト可能オートマチックと6速マニュアルが装備されている。

2011年モデル編集

改訂された6.4リッターエンジンで、クライスラーのエンジニアは110 mph(177 km / h)で12.4秒の1/4マイル(〜400 m)の時間を引用した。ドライバーは392を時速114マイル(183 km / h)で12.9秒とマークしたが、モータートレンドは時速111.3マイル(179.1 km)で13.0秒となった。そしてエドモンズの数値はクライスラーの数値に近い112.1 mph(180.4 km / h)で12.6秒の数値を主張した。

2011ダッジチャレンジャーR / Tと2011ダッジチャレンジャーSRT8の最高速度は両方とも170mph(274 km / h)と評価された。 R / Tの加速時間は0〜60 mph(0〜97 km / h)で5.00秒だが、SRT8の加速時間は4.50秒で60 mph(97 km / h)となる。

2012年モデル編集

ベースのSEモデルは、ダッジの命名ルールとの一貫性のためにSXTに名前が変更された。 SRT8 392モデルは、オートモードとスポーツモードを備えた2モードのアダプティブサスペンションシステムを備えています。 車はさまざまなセンサーを使用して入力を測定する。さらに、車速、ステアリング角度、ブレーキトルク、スロットル位置、加速力など、クライスラーの新しいパドルシフターシステムを備えた新しい加熱ステアリングホイールにより、サスペンションを即座に調整することができる。新しいスポーツシート、および900Wのハーマンカードンオーディオシステムが利用可能になった。

2013年モデル編集

GPS対応の盗難車両回収システムである電子車両追跡システム(EVTS)が利用可能になった。

ラリーレッドラインパッケージ編集

ラリーレッドラインパッケージは、V6モデルで追加できる。 SXT Plusトリムに基づいて、Rallye Redlineパッケージには、ユニークなエクステリアアクセント、レッドラインレッドアクセント付きのブラッククローム20インチホイール、パフォーマンスサスペンションとブレーキ、3.06リアアクスルレシオ、および利用可能なレーダーレッドナッパレザーインテリアが含まれている。

2014年モデル編集

チャレンジャーは、2014年に最小限の変更であった。「スーパースポーツグループ」と呼ばれる新しいパフォーマンスパッケージがV6チャレンジャーにで追加できるようになり、R / Tチャレンジャーのパフォーマンスサスペンション、ステアリング、ブレーキが含まれていた。3.07:1 より速い加速のための215mmリアアクスル、リアスポイラー、そしてより広いP245 / 45R20オールシーズンパフォーマンスタイヤを備えた20インチクロームホイールを備えたアクスルレシオ。 「SinisterSuperSport pack」はスーパースポーツグループでしたが、クロームの代わりに黒いホイールが付いていた。 チャレンジャーSRT8もローンチコントロールシステムが設定された。

100周年記念パッケージ編集

PentastarV6エンジンを搭載した2014Dodge Challenger SXTPlusまたはHemiV8エンジンを搭載したR / T Plusのバージョンで、Horace ElginDodgeとJohnFrancisDodgeの兄弟がDodgeModel30を発表してから100周年を記念している。ボディカラーはピッチブラック、ブライトホワイト、ビレットシルバー、グラナイトクリスタル、アイボリートライコート、ファントムブラックトライコート、ヘッダーオレンジ、専用ハイオクタンレッドパール。グラナイトクリスタルポケット付き20x8インチポリッシュ5スポークアルミホイール、「ダッジest.1914」のフロントフェンダーバッジ、センターキャップのダッジ「100」ロゴ、ボディカラーのリアスポイラー、R / Tプラスモデルの赤い「R / T」ヘリテージグリルバッジ、スポーツそしてモルテンレッドまたはファウンドリーブラックナッパレザー張りのシート、スポーツシート、センターコンソールアームレスト、ドアアームレストのカスタムクラウドオーバープリントがついている。ダイキャストパドルシフターを備えたユニークな3本スポークフラットボトムパフォーマンスステアリングホイール、革で包まれた表面に真鍮色のアクセントステッチ、ダークブラッシュドグラファイトセンターコンソールベゼル、リキッドグラファイトステアリングホイールアクセント、ダイキャスト「ダッジエスト。フロントシートバックに1914インチの円形バッジ、フロアマットに刺繍されたアニバーサリーロゴ、新型のインストルメントパネルクラスターグラフィックス(白い表示のあるユニークな黒いフェイスゲージ、目立つ赤い「100」mphの表示)、電子車両情報センター、Uconnectユニークなスタートアップイメージ、スポーツモードキャリブレーション、パフォーマンスのために調整されたサスペンション、裏側に100周年記念エディションの宝石で飾られたロゴが付いた2つのユニークなキーフォブ、カスタマイズされたオーナーズキット、ドッジの100年の遺産を祝う特別な記念を備えたタッチスクリーンラジオが設定された。100周年記念エディションは2013年のLAオートショーで発表された。車は2014年の第1四半期にダッジのショールームに登場するように準備されていた。カナダのモデルは、2014年の第1四半期にダッジのショールームに登場するようにされていた。

2015年モデル編集

変更点は以下の通り。

  • SRT-8が廃止され、SRT392とSRTHellcatに置き換えられた。
  • 5速オートマチックトランスミッションを新しい8速ZF8HPオートマチックトランスミッションに交換している。
  • 6.4リッターApacheV8の出力は、15 hp(11 kW; 15 PS)および5lb⋅ft(7N⋅m)増加し、合計485 hp(362 kW; 492 PS)および475lb⋅ft(644 N⋅m)となった。
  • わずかに改良された外観は、1971年のチャレンジャーからのデザインキューを備えた新しいグリル、クアッドLED「ハローリング」ヘッドライト、LEDテールライト、およびすべてのモデルの機能的なフードインテークを備えている。
  • 内部には、チャレンジャーは100以上の可能な構成を備えた7インチ(780mm)TFT(薄膜トランジスタ)ディスプレイ、利用可能なナビゲーションを備えた8.4インチUconnectタッチスクリーンラジオ、およびレトロなスタイルのゲージクラスターを備えている。
  • SRT392およびSRTHellcatモデルには2ピースの15.4インチベント/スロットローターと4ピストンリアブレンボブレーキを備えた6ピストンフロントブレンボブレーキ。

SRTヘルキャット編集

ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットは、定格707 hp(527 kW)およびトルク650lb⋅ft(881N⋅m)のスーパーチャージャー付き6.2リッターヘミエンジンを搭載したチャレンジャーの高性能バリアントである。このエンジンは、ダッジチャージャーSRTヘルキャットフルサイズセダン、ジープグランドチェロキートラックホークSUV、およびヘルクレートエンジンスワップキットでも装備可能。左フロントの内側のドライビングライトは、空気がエンジンに入るのを可能にするために取り外されて、より多くのトルクをもたらしている。ホイールウェルは、20インチのアルミホイールを収容するために標準のSRTとは異なる。 SRTヘルキャットには2つの別々のキーフォブが装備されています。 「黒」のフォブを使用すると、エンジン出力が500 hp(373 kW)に制限され、「赤」のフォブを使用すると、完全な出力機能が可能になる。 ヘルキャットの1/4マイルの時間は11.2秒である。これは、ストリートリーガルドラッグタイヤで達成された。純正タイヤでは、ヘルキャットは1/4マイルで125 mph(201 km / h)で11.6秒を達成した。

チャレンジャーSRTヘルキャットは、3.6秒で0〜60 mph(97 km / h)まで加速し、109フィート(33 m)で60〜0からブレーキをかけることができる。最高速度は199mph(320 km / h)である。チャレンジャーヘルキャットの横加速度は0.94gである。

ヨーロッパ仕様のヘルキャットは、0–100 km / hが3.9秒、10–200 km / hが0.7秒で、0–299 km / は38秒であった。

2016年モデル編集

2016年は大きな変更はなかった。 だがテキサスにある一部のダッジディーラーは、ヘルキャットの限定版を販売していた。これは、リアが約2.5 cm、フロントが3 cm下げられ、745〜750 hp(556〜559 kW)でダイナモメーターテストされたアップグレードされたスーパーチャージャーが付属していた。 305 / 35r20リアタイヤが特徴となっている。またディーラー限定であるがすべての車両に標準の工場保証が付いていた。 ほとんどが白で、黒いカーボンファイバーの「ラリーストライプ」がありましたが、一部には赤ベースで、黒いカーボンファイバーのストライプをつけたものもある。 アップグレードされたモデルは、約80,000ドルの特別価格となった。 プログラムは、パフォーマンスがアップグレードされた2017チャレンジャーヘルキャット、そして2018年に登場するSRTデーモンの生産のために終了した。

2017年モデル編集

2017年モデルでは、SXT Plusの全輪駆動(AWD)バージョンを備えたGTモデルが導入された。 チャレンジャーGTは、ダッジチャージャーの警察仕様と同じAWDシステムとサスペンションを使用しています。 3.6リッターV6ペンタスターエンジンと8速オートマチックトランスミッションでのみ装備可能である。AWDシステムには、アクティブトランスファーケースとフロントアクスルディスコネクトシステムが搭載されている。システムはデフォルトで後輪駆動(RWD)に設定されているが、外部温度の低下、降雨、トラクションの喪失などの特定の条件が満たされた場合、RWDとAWDをシームレスに切り替えることができる。なお、ドライバーの切り替え作業は必要ない。 スポーツモードでは、車はAWDのみを使用します。チャレンジャーGTのAWDシステムは、リアバイアスがかかるように構成されている(後輪により多くのパワーが適用されます)。動力の最大38%のみが前輪に伝達される。その他のモデルには、5.7リッターV8 T / Aモデルと6.4リッターV8T / A392が追加された。 T / Aモデルには、センターエアインテーク付きの黒い塗装フード、黒いルーフ、黒いデッキリッド、ボディサイドグラフィック、チャレンジャーSRTヘルキャットで使用されているものと同様のフロントヘッドランプ付きのコールドガイダンスシステム、。ホワイトのパフォーマンスシートが装備されている。 T / A 392モデルには、より強力な6.4 L V8、2ピースの15.4インチベント/スロットローターと4ピストンリアブレンボブレーキを備えた6ピストンフロントブレンボブレーキ、および20x9とT / Aが含まれている。 275 / 40ZR20タイヤ付き5インチホイール。すべてのチャレンジャーは、更新されたUconnectインフォテインメントシステムが設定された。ナビゲーション付きのオプションの8.4インチタッチスクリーンは、マルチタッチジェスチャが追加された。5.7リッターV8を搭載したモデルには、よりアグレッシブなエキゾーストノートのために電子制御の下限アクティブエキゾーストが装備されている。他の追加では、いくつかのモデルに標準的な千鳥格子のファブリックシートと改訂されたペイントの選択がある。またボディカラーはグリーンゴー、イエロージャケット、デストロイヤーグレー、オクタンレッドは新色で、ホワイトナックルとコントゥシオンブルーはキャリーオーバーに名前が変更された。

2018年モデル編集

2018年には、マイナーチェンジが行われた。 3.6リッターV6および5.7リッターV8を搭載したSXTおよびR / Tモデルでは、新しいパフォーマンスハンドリンググループパッケージがオプションに設定された。 このパッケージは、ビルシュタインパフォーマンスサスペンション、245 / 45ZR20パフォーマンスタイヤを備えた20x9インチのホイール、およびアップグレードされたステアリングとともに、フロントに4ピストンブラックブレンボブレーキ(赤いブレーキキャリパーの500ドルのオプションはオプション)が追加されている。 チャレンジャーGTには新しい19インチのホイールオプションが追加され、スーパートラックパッケージを搭載したSXTPlusおよびR / T Plusトリムには、ナッパレザーとマイクロスエードスポーツシートが装備されている。 SXT、R / T、R / Tシェーカー、およびT / Aモデルには、標準の7.0インチUconnectタッチスクリーンが搭載されている。また、バックアップカメラが標準装備されている。 エクステリアカラーについては、F8グリーン、IndiGOブルー、B5ブルー、プラムクレイジーが新たに追加された。

SRTデーモン編集

SRTデーモンは、高性能仕様のモデルであるチャレンジャーSRTヘルキャットの限定生産のワイドボディでドラッグレースレベルパフォーマンスバージョンである。 2017年4月のニューヨーク国際オートショーでデビューした。3300台が生産され、3000台がアメリカ、300台がカナダに割り当てられた。SRTデーモンは、2.7リッタースーパーチャージャーを搭載したまったく新しい6.2リッターV8エンジンを使用しており、定格は、91オクタンガソリンで808 hp(603 kW; 819 PS)、100オクタンで840 hp(626 kW; 852 PS)である。燃料以上(両方の出力は、車に付属の赤いキーフォブを使用している)。トルクは、100オクタン燃料で770lb⋅ft(1,044N⋅m)である。車の重量はヘルキャットより215ポンド(98 kg)軽く、合計は4,254ポンド(1,930 kg)となっている。 SRTデーモンは、NT05Rと呼ばれるNittoTireのロードタイヤのセットを使用している。タイヤはフロントとリアの両方で315 / 40R18バリエーションです。タイヤはドラッグストリップの対象だがが、合法となるのに十分な仕様となっている。このタイヤはNT05Rコンシューマータイヤだが、デーモンの出力に耐えるように特別に作られたバリエーションである。これにより、チャレンジャーSRTデーモンは、ドラッグラジアルロードタイヤのセットを搭載した最初の量産車になった。 SRTデーモンには、トランスブレーキと呼ばれるドラッグレース専用のシステムが含まれている。ダッジは、トランスミッションを1速と2速に同時に配置する独自のトランスブレーキを使用し、デーモンを静止させる。これはまた、車のトルクコンバーターと一緒に使用され、発売前に油圧を高めている。SRTデーモンのパワーウェイトレシオは、91オクタンガソリンで1トンあたり418 hp(312 kW; 424 PS)、100オクタン以上で1トンあたり435 hp(324 kW; 441 PS)である。SRTデーモンは、1.0秒で0〜30 mph(0〜48 km / h)、2.3秒(0〜97 km / h)、ロールアウトで2.0秒、5.1秒(0 –161 km / h)、最高速度168 mph(270 km / h)、および1/4マイル(400 m)で9.65秒(140.09 mph(225.45 km / h))だある。これにより、デーモンは0-60 mph(0-97 km / h)に到達し、発表時に直線の1/4マイルを完了する最速の内燃機関のみの自動車(非EV)となった。 SRTデーモンは、スタート時に1.8 Gの力で加速することもできる。スーパーチャージャーのブースト圧力は14.5psiまで上げることができ、6,500rpmまでブーストすることができる。このようなパワーと加速により、SRTデーモンはウイリーを実行する最初の量産車となった。「デーモンクレート」のコントロールモジュールと高速タイヤにより、デーモンはテスト走行で最高速度200 mph(320 km / h)を達成した。なお、1/4マイルの時間が10秒未満の場合に必要となるNHRA認定のロールケージがないため、NHRAはSRTデーモンの出場を禁止している。SRT Hellcatと同様に、赤と黒の両方のキーフォブが付属しており、黒のフォブは出力を500 hp(373 kW)に制限している。赤いキーと100以上のオクタンガソリンの使用により、デーモンはその潜在能力を最大限に活用している。製造された車は3,300台で、生産は2017年の夏に始まり、市場への導入は2017年の秋に行われた。SRTデーモンの内部は、他のすべてのモデルとほとんど同じだが、他のモデルとは異なる変更も一部加えられている。デーモンには、標準でフロント運転席のみが含まれ、車両の前後に他の座席は含まれていない。ただし、助手席と後部ベンチシートの両方をオプションとしてそれぞれ1ドルで追加することができる。後部座席を交換するために、ダッジは後部ロールバーを含み、運転席用に4点ハーネスが取り付けられている。ダッシュボードディスプレイとシートには、SRTデーモンの悪魔のロゴが表示され、パフォーマンスディスプレイとセンターコンソールのタッチスクリーンが含まれている。ダッジのエンジニアは、2018チャレンジャーSRTデーモンの縁石重量をSRTヘルキャットの2,027 kgの縁石重量に対して105 kgの軽量となる1,922 kgに減らした。これは、助手席(後部座席に追加可能)、後部座席、スピーカー、トランクトリム、パーキングセンサー、インシュレーターなどを取り外すことで達成された。 SRTデーモンは、軽量のアルミ合金ホイール、ピストン、キャリパー、ブレーキローターも使用している。

0-100加速は2.3秒(オプション装備で2.1秒)、クォーターマイル(400m)におけるタイムは9.65秒と公表されている。前述のクォーターマイルにおける加速の他に、2.92フィート(約89センチ)の前輪リフトを達成した生産車としてギネス世界記録に認定されている。その他、加速時加わる加速度は「1.8G」と公表されている。

名前のデーモンとは、悪魔が由来であり、FCAによれば、"邪悪な速さ"と銘打った最強のマッスルカーと語っている。

チャレンジャーSRTデーモンの仕様は次のとおりである。

  • 6.2リッターのスーパーチャージャー付きHemiV8エンジンには、2.7リッターのスーパーチャージャー(840 hp(626 kW; 852 PS)および100オクタン以上のレーシング燃料または808 hp(603 kW; 819)を使用する770lb⋅ft(1,044N⋅m)が含まれます。 )PS)および91オクタンプレミアム燃料を使用した717lb⋅ft(972N⋅m)
  • ステアリングホイールにシフトパドルを取り付けた8速ZF8HPオートマチックトランスミッションを標準装備
  • 91オクタンプレミアム燃料または100オクタンレーシング燃料で動作する。
  • 発射時の縦方向の重量加速度1.8G(17.7 m・s-2)
  • 総縁石重量1,930kg(SRTヘルキャットより98 kg少ない)
  • 空調
  • Uconnect 8.4インチ(21 cm)タッチスクリーンオーディオシステム(SRTパフォーマンスページ付き)
  • フロントとリアのフェンダーフレア(車の全幅に3.5インチ(9cm)を追加)
  • アルカンターラ巻きステアリングホイール(シフトパドル搭載)
  • フロントシートバックにステッチまたはエンボス加工されたデーモンエンブレム
  • 200 mph(322 km / h)スピードメーター(悪魔をテーマにしたTFT再構成可能計器クラスター付き)
  • 工場で作られたトランスブレーキシステム
  • 18インチ(46 cm)ストリートリーガル、ドラッグラジアルタイヤ
  • 工場で取り付けられたSRT「パワーチラー」(車両のエアコンを使用して、走行前にインタークーラーを予冷し、スーパーチャージャーからの空気をさらに圧縮するシステム)
  • 助手席と後部ベンチシートは後部ロールバーで削除されます(アイテムはそれぞれ1ドルで再追加できる)
  • 機能的なフードスクープ(あらゆる生産車の中で最大のフードスクープ)
  • 2スピーカーオーディオシステム(Harman Kardonオーディオシステムはオプションである。)
  • 直接接続パワートレイン制御モジュール(PCM)
  • 低制限エアフィルター
  • 高オクタン価レーシング燃料スイッチバンク
  • パーソナライズおよびシリアル化されたカーボンファイバーインストルメントパネルバッジ
  • 助手席側エクステリアドアミラーデリートプレート
  • 軽量油圧式フロアジャッキ(デーモンロゴ付き)
  • 関連するソケットを備えたトルクレンチ(デーモンロゴ付き)
  • タイヤ空気圧計(デーモンロゴ付き)
  • インパクトレンチ:コードレスで充電式となっている(デーモンロゴと充電器付き)
  • フェンダーカバー(デーモンロゴ付き)
  • ツールバッグ(デーモンロゴ付き)
  • 「デーモントラックパックシステム」
  • パーソナライズされシリアル化されたバッジ(デーモンロゴ付き)

最後のSRTデーモンは、2018年5月31日にカナダのオンタリオ州ブランプトンの組立ラインからロールオフされた。これは、2018年6月のバレットジャクソンオークションで、最後のダッジバイパーと一緒に販売された。

SRTヘルキャット編集

2019年にはわずかな出力の増加が見られ、馬力は717に上昇し、トルクは656lb-ftに上昇している。新しいデュアルシュノーケルフードが導入されました。さらに、2019モデルの開始価格は2018モデルと比較して5,500ドル以上低くなっています。 6速TremecマニュアルとZF8速オートマチックが唯一のトランスミッションオプションのままである。

SRT ヘルキャットレッドアイ編集

デーモンの廃止の隙間を埋めるためレッドアイは開発された。本質的に大幅にアップグレードされたヘルキャットであるRedeyeは、わずかにパワフルではない(フードインテークシステムが小さいため。)デーモンエンジン:定格797 hp(594 kW; 808 PS)および707lb⋅ft(959 N・m)のトルク、標準のヘルキャットモーターよりも90 hp(67 kW)および11 lb・ft(15 N・m)の増加がみられる。その他のアップグレードには、強化されたZF 8速オートマチックトランスミッション、トラックチューンドサスペンション、トルクリザーブと41スプラインの頑丈なハーフシャフト、SRTパワーチラー、およびアフターランチラーが含まれる。

Scat Pack 1320パッケージ編集

定格485 hp(362 kW)および475lb⋅ft(644N⋅m)の6.4Lクライスラーヘミエンジンを搭載したScat Pack 1320は、20インチx9.5インチの低光沢ブラックドラッグホイールを追加している。 、275 / 40R20 102Wドラッグラジアルタイヤ、アダプティブダンピングサスペンション、SRT調整ドラッグサスペンション、エアキャッチャーヘッドランプ、助手席と後部座席の削除、特殊速度制限エンジンコントローラー、超大型41スプラインハーフシャフト、トランスブレーキ。特別に開発されたNexen275 / 40R20lストリートリーガルドラッグラジアルタイヤは、グリップを向上させるために利用できる。

ダッジチャレンジャーR / T Scat Pack1320パッケージ編集

R/TScat Packは、ストックおよびスーパーストッククラスのルールに従ってNHRA競技用に変更できる。 NHRAイベントに出場する予定の競技者は、カテゴリのすべての規制を満たしている必要がある。

ワイドボディパッケージ編集

2019年モデルでは、購入者は「ワイドボディパッケージ」とともに、チャレンジャースキャットパック、SRTヘルキャット、およびSRTヘルキャットレッドアイを注文できる。 装備は以下の通り。

  • ワイドボディフェンダーフレア
  • 20x11デビルズリム鍛造アルミホイール
  • 305 / 35ZR20ピレリ3シーズンパフォーマンス(Pゼロネロオールシーズン)タイヤ
  • 競技用に独自に調整された3モードビルシュタインアダプティブダンピングサスペンション
  • フロントに15.4インチのベント付きスロットローターを備えた6ピストンキャリパー(HellcatおよびHellcat Redeyeモデルのものと同じ)
  • フロント34mm、リア22mmの強化アンチロールバー(HellcatおよびHellcat Redeyeモデルの標準)

2020年モデル編集

2020年モデルでは、ダッジはヘルキャットレッドアイとデーモンの間にSRTスーパーストックモデルを導入した。エンジンはレッドアイと同じだが、807 hp(602 kW; 818 PS)でわずかに強力である。これは、レッドラインを6300から6400rpmに上げるパワートレインキャリブレーションの改訂によって可能になる。さらに、スーパーストックは、デーモンと同じドラッグラジアルを備えた軽量の18インチホイールに加えて、トラックモードでのビルシュタインアダプティブダンパーのファイナルドライブ比とドラッグ最適化サスペンションチューニングを短縮する。ただし、レッドアイの6ピストンブレンボおよび15.4インチローターの代わりに、4ピストンブレンボおよび14.2インチローターを使用する。 GT RWD、R / Tシェーカー、R / Tスキャットパック、R / Tスキャットパックシェーカーワイドボディモデル、およびSRTヘルキャットとSRTヘルキャットレッドアイの50周年記念パッケージも発表された。パッケージには、一部のモデルのシェーカーフードスクープとガンメタルブレーキキャリパー、ゴールドラッシュペイントのホイール、特別なグリルバッジが含まれ、ナッパレザーとアルカンターラの室内装飾には、セピアステッチ、シリアル番号のプラーク、カーボンファイバートリムが含まれている。各モデルは70ユニットに制限されていた。色には、フロストバイト、ヘルレイシン、シナモンスティック、トールレッド、F8グリーン、ゴーマンゴー、および専用のゴールドラッシュが含まれている。

2021年モデル編集

2021年モデルでは、ダッジはT / A、T / A 392、SRTヘルキャット、およびSRTヘルキャットレッドアイモデルにゴールドラッシュを追加した。 R / TスキャットパックシェーカーとT / A 392モデルにはワイドボディオプションがあり、GTAWDモデルには20インチのホイールとタイヤが標準装備されている。

非公式な改造モデル編集

公式のダッジコンセプトカーに加えて、改造されたパワートレイン、サスペンション、インテリアで再構築されたストックカーに基づいて、サードパーティによって作成された多数の限定生産およびストリートリーガルバリアントがある。 これらには、最大700 bhp(522 kW)のSMS 570および(スーパーチャージャー付き)570X、637または900 bhp(475または671 kW)馬力のノーム氏のチャレンジャー、約600bhpのスーパーチャージャー付きSpeedFactorySF600Rが含まれている。 (447 kW)、610 bhp(455 kW)を誇るスーパーチャージャー付きのリチャードペティシグネチャーシリーズ、そしてペティのガレージによって完全にカスタマイズされたレガシーバイペティコンバーチブルチャレンジャーは、他に類を見ないフロントエンドとNASCARスタイルのトリートメントを備えている。

脚注編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 1970 Dodge Challenger Lineup (brochure)”. Oldcarbrochures.com. 2014年7月13日閲覧。
  2. ^ 1964年デビューのフォード・マスタングに代表される、小型で安価かつスポーティ性も兼ね備えた車のこと。
  3. ^ Chrysler Celebrates Production of All-New 2008 Dodge Challenger SRT8”. The Auto Channel. 2008年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月13日閲覧。
  4. ^ Throwback Thursday: The History Of The Modern Challenger (Part 1):”. Mopar Insiders. Robert S. Miller. 2018年8月9日閲覧。
  5. ^ 2015 Dodge Challenger - Features & Specs”. Edmunds. 2016年6月1日閲覧。
  6. ^ https://www.caranddriver.com/reviews/a15106429/2015-dodge-challenger-r-t-57-liter-manual-test-review/
  7. ^ https://www.caranddriver.com/reviews/a15109851/2015-dodge-challenger-r-t-64l-scat-pack-tested-review/
  8. ^ “Dodge Challenger SRT / SRT Hellcat”. Car and Driver. http://www.caranddriver.com/dodge/challenger-srt-srt-hellcat 2016年6月1日閲覧。. 

関連項目編集

外部リンク編集