この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ダヌシュ

ダヌーシュ(Dhanush, 1983年7月28日 - )は、インドタミル語映画で活動する俳優映画プロデューサー映画監督脚本家作詞家プレイバックシンガーヒンディー語映画にも出演している[2]

ダヌーシュ
Dhanush
Dhanush
『無職の大卒 ゼネコン対決編』のプロモーション活動中のダヌーシュ(2017年)
本名 Venkatesh Prabhu Kasturi Raja[1]
生年月日 (1983-07-28) 1983年7月28日(39歳)
出生地 インドの旗 インド タミル・ナードゥ州チェンナイ
職業 俳優映画プロデューサー映画監督脚本家作詞家プレイバックシンガー
活動内容 2002年 -
配偶者 アイシュワリヤー・ダヌーシュ(2004年 - )
主な作品
アードゥカラム
『無職の大卒』シリーズ
『マーリ』シリーズ
アシュラン
クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅
カルナン
グレイマン
テンプレートを表示

2002年に父カストゥリ・ラージャ英語版が監督した『Thulluvadho Ilamai』で俳優デビューし、2011年に出演した『Aadukalam』でナショナル・フィルム・アワード 最優秀主演男優賞英語版を受賞した[3]。2011年には「Why This Kolaveri Di」を発表し、YouTubeで再生回数1億回を超えるヒットソングとなった[4]。また映画製作会社ワンダーバー・フィルムズ英語版を設立してプロデューサーとしても活動しており[5]フィルムフェア賞 南インド映画部門で7つの賞を受賞している[6]

人物編集

カストゥリ・ラージャ英語版は監督、プロデューサーとして活動している。兄セルヴァラーガヴァンも監督として活動しており、ダヌーシュは兄に誘われ俳優となった。2004年11月18日にラジニカーントの娘アイシュワリヤーと結婚し、2人の息子をもうけた[7][8]

キャリア編集

2002年 - 2010年編集

 
プラティバ・パティルからナショナル・フィルム・アワード最優秀主演男優賞を受け取るダヌーシュ

2002年に父カストゥリ・ラージャの『Thulluvadho Ilamai』で俳優デビューし、批評家から演技を高く評価された。2003年には兄セルヴァラーガヴァンの初監督作品『Kaadhal Kondein』にも出演しており、批評家から絶賛され興行的にも成功を収めた[9]。同年には『Thiruda Thirudi』にも出演している[10]。2004年に『Pudhukottaiyilirundhu Saravanan』『Sullan』に出演した。同年には父が監督した『Dreams』にも出演したが、同作は批評家から酷評され興行的にも失敗している[11]。2005年に『Devathaiyai Kanden』に出演し、同作は後にテルグ語吹替版も上映された[12]。同年にはバル・マヘンドラ英語版の『Adhu Oru Kana Kaalam』に出演している。

2006年に兄が監督した『Pudhupettai』に出演し、ダヌーシュは批評家から高い評価を得た[13][14]。同作は「Dhoolpet」のタイトルでテルグ語吹替版も上映されている[12]。『Thiruvilaiyaadal Aarambam』ではシュリヤ・サランと共演した[15][16]。2007年に『Parattai Engira Azhagu Sundaram』に出演するが、同作は興行的に失敗している[17]。同年に出演した『Polladhavan』では、批評家から演技を高く評価された[18]。2008年に『Yaaradi Nee Mohini』に出演し[19]、同年にはラジニカーント主演の『Kuselan』にカメオ出演している[20]。2009年にスラージ英語版の『Padikkadavan』に出演し、批評家から演技を高く評価された[21]。2010年にはミスラン・ジャワハル英語版の『Kutty』『Uthamaputhiran』に出演している[22]

2011年 - 2016年編集

2011年にヴェトリマーラン英語版の『Aadukalam』に出演し、闘鶏士を演じた[23]。同作は第58回ナショナル・フィルム・アワード英語版で6つの賞を受賞し、ダヌーシュは史上最年少で最優秀主演男優賞を受賞した俳優となった[24][25]。同年にスブラーマニアム・シヴァ英語版の『Seedan』に出演しており、この他に『Mappillai』『Venghai』にも出演している[22]。同年に兄が監督した『Mayakkam Enna』に出演してリチャー・ギャンゴパーディー英語版と共演し、同作は批評家から高い評価を得た。2012年に妻アイシュワリヤーが監督した『3』ではプロデューサーと主役を務め、シュルティ・ハーサン英語版と共演した。同作は劇中歌「Why This Kolaveri Di」が人気を集めたが、映画はミドル・ヒットに留まった[26][27]。2013年に『Maryan』でパールヴァティー・ティルヴォトゥ英語版と共演した。同作は批評家から高い評価を得たものの、興行成績はミドル・ヒットに留まった[28]。同年に出演した『Naiyaandi』も興行的には成功しなかった[29]。またアーナンド・L・ラーイ英語版の『ラーンジャナー英語版』でソーナム・カプールと共演し、ヒンディー語映画デビューした。

2014年にヴェールラージ英語版の『無職の大卒英語版』に出演し、同作はダヌーシュの25本目の出演作となり批評家から高い評価を得た[30]。2015年にR・バールキの『Shamitabh』に出演した。同作は批評家から高い評価を得たが、興行的には失敗している[31]。同年にK・V・アーナンド英語版の『Anegan』に出演し、同作は批評家から絶賛され興行的にも成功を収めた[32]。同年に『Maari』でカージャル・アグルワールロボ・シャンカール英語版ヴィジャイ・イェスダス英語版と共演し、『Thanga Magan』ではサマンタ・ルス・プラブ英語版エイミー・ジャクソンK・S・ラヴィクマール英語版ラーディカー英語版と共演している[33]。2016年には『Thodari』『Kodi』に出演している。

2017年以降編集

2017年に『Pa Paandi』で監督デビューした。同年には義姉サウンダリヤー・ラジニカーントの『Velaiilla Pattadhari 2』に出演し、同時にプロデューサー、原案も手掛けている[34][35]。2018年にはケン・スコットフランス語版の『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』に出演し、海外映画デビューした[36]

音楽活動編集

2004年に出演した『Pudhukottaiyilirundhu Saravanan』でプレイバックシンガーを務め、『Pudhupettai』『Aayirathil Oruvan』『Mayakkam Enna』でも務めている[37]。2011年に「Why This Kolaveri Di」がYouTubeで公開され[38]、同曲はインドで最も閲覧された歌となった[39][26][40]。曲の多くはアニルーダ・ラヴィチャンダル英語版が作曲し、ダヌーシュが作詞を手掛けている[37][41][42]。『Vajrakaya』では「No Problem」[43]、『Thikka』では「Thikka」[44]、『Ezhumin』では「Ezhada」を歌っている[45]

フィルモグラフィ編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
2011 Aadukalam K.P.Karuppu
2013 ラーンジャナー
Raanjhanaa
クンダン
2014 無職の大卒
Velaiilla Pattadhari
ラグヴァラン 兼製作
2015 マーリ
Maari
マーリ 兼製作
尋問
Visaaranai
N/A 製作
2017 無職の大卒 ゼネコン対決編
Velaiilla Pattadhari 2
ラグヴァラン 兼脚本・製作
2018 クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅
The Extraordinary Journey of the Fakir
アジャ
Maari 2 マーリヤパン(マーリ) 兼製作
2019 Asuran Sivasamy
2021 カルナン(原題)
Karnan
カルナン
トリッキー・ワールド
Jagame Thandhiram
スルリ Netflixオリジナル映画
2022 グレイマン
The Gray Man
アヴィク・サン / ローンウルフ Netflixオリジナル映画

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Trivedi, Tanvi (2015年4月29日). “Spotlight on South Indian actors now”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2013-04-29/news-interviews/38902746_1_bollywood-debut-sharwanand-film-industry 2013年5月15日閲覧。 
  2. ^ Dhanush on being pushed into acting at 16 and judged by his looks”. The Indian Express (2015年1月18日). 2019年7月22日閲覧。
  3. ^ 'Aadukalam sees Dhanush in his best performance'” (2011年5月31日). 2019年7月22日閲覧。
  4. ^ “Record-breaker: Kolaveri Di becomes 1st Indian video to cross 100 million views on YouTube;”. Dna India. http://www.dnaindia.com/entertainment/report-record-breaker-kolaveri-di-becomes-1st-indian-video-to-cross-100-million-views-on-youtube-2151294 2019年7月22日閲覧。 
  5. ^ Dhanush's Wunderbar- A factory of Wonderful Films” (2015年10月24日). 2019年7月22日閲覧。
  6. ^ It is a triple joy: Dhanush on National awards for 'Visaranai'” (2016年3月28日). 2019年7月22日閲覧。
  7. ^ Tamil Nadu / Chennai News : Rajnikanth turns grandfather. The Hindu (13 October 2006). Retrieved 10 April 2013.
  8. ^ Dhanush's son named Linga – Tamil Movie News”. Indiaglitz.com (2010年7月2日). 2010年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月22日閲覧。
  9. ^ Rangarajan, Malathi (2003年7月11日). “Review: Kadhal Kondain”. The Hindu. 2003年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月11日閲覧。
  10. ^ Rangarajan, Malathi (2003年9月12日). “Review: Thiruda Thirudi”. The Hindu. 2003年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月11日閲覧。
  11. ^ Review: Dreams”. Indiaglitz (2004年11月18日). 2004年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月11日閲覧。
  12. ^ a b Cashing in on papa-in-law's name”. The Hindu. 2007年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月20日閲覧。
  13. ^ Reddy, T. (2006年2月14日). “We are creative gamblers”. The Hindu. 2009年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月11日閲覧。
  14. ^ Review: Pudhupettai”. Indiaglitz (2006年5月26日). 2006年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月11日閲覧。
  15. ^ Thiruvilayadal Arambam – Breezy masala”. Indiaglitz.com (2006年12月18日). 2007年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月20日閲覧。
  16. ^ Davis, Franko. “Review: Thiruvilayaadal Arambham”. Nowrunning. 2009年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月1日閲覧。
  17. ^ Review: Parattai Engira Azhagu Sundaram”. Sify. 2007年11月11日閲覧。
  18. ^ Review: Polladhavan”. Sify. 2007年11月11日閲覧。
  19. ^ Kumar, S. Ashok (2007年6月9日). “Dhanush pairs up with Nayanthara”. The Hindu (Chennai, India). http://www.hindu.com/2007/06/09/stories/2007060906220200.htm 2007年11月11日閲覧。 
  20. ^ Dhanush in 'Padikkathaavan'”. Indiaglitz (2008年3月20日). 2008年3月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月20日閲覧。
  21. ^ Padikkathavan”. Sify (2009年1月14日). 2009年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月14日閲覧。
  22. ^ a b Movie Review : Uthamaputhiran”. Sify.com. 2014年4月20日閲覧。
  23. ^ “Yatra is my lucky mascot: Dhanush ”. The Times Of India. (2009年7月28日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2009-07-28/news-interviews/28210690_1_lucky-mascot-kutty-dhanush 2011年9月10日閲覧。 
  24. ^ Bollywood beaten back at National Film Awards – Movies News News – IBNLive”. CNN-IBN. 2011年5月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月22日閲覧。
  25. ^ Dhanush makes us proud – Tamil Movie News”. IndiaGlitz. 2011年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月22日閲覧。
  26. ^ a b Ramadurai, Charukesi (2011年11月24日). “Tamil 'nonsense' film song goes viral in India”. BBC. https://www.bbc.co.uk/news/world-asia-india-15867340 2011年12月10日閲覧。 
  27. ^ “'Kolaveri Di': Nonsensical, Semi-English Music Video Goes Viral in India”. Time. (2011年11月30日). http://newsfeed.time.com/2011/11/30/nonsensical-semi-english-music-video-goes-viral-in-india/ 2019年7月22日閲覧。 
  28. ^ Dhanush – Chimbudevan's 'Mareesan'”. IndiaGlitz. 2011年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年8月25日閲覧。
  29. ^ Dhanush's Anniyan moment?”. Bangalore Mirror (2014年3月26日). 2014年4月20日閲覧。
  30. ^ “'Velai Illa Pattathari' Box Office: Dhanush Starrer Earns ₹50 Crore Worldwide”. IBTimes. (2014年8月14日). http://www.ibtimes.co.in/velai-illa-pattathari-box-office-dhanush-starrer-earns-50-crore-worldwide-606871 2019年7月22日閲覧。 
  31. ^ “Amitabh Bachchan: 'Shamitabh' hasn't done well at the box office because the audience did not like it, period!”. (2015年3月27日). オリジナルの2015年3月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150329100540/http://ibnlive.in.com/news/amitabh-bachchan-shamitabh-hasnt-done-well-at-the-box-office-because-the-audience-did-not-like-it-period/536570-8-66.html 2019年7月22日閲覧。 
  32. ^ “Anegan team celebrates”. (2015年3月31日). http://www.nowrunning.com/anegan-team-celebrates/107788/story.htm 2019年7月22日閲覧。 
  33. ^ “Dhanush Thangamagan Movie Firstlook Poster HD”. TNPlive (Bangalore). (2015年10月11日). オリジナルの2015年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151011072438/http://www.telangananewspaper.com/dhanush-thangamagan-movie-posters-hd-vip2/ 2019年7月22日閲覧。 
  34. ^ VIP 2 2017: Movie Full Star Cast & Crew, Story, Release Date, Hit or Flop, Budget, Box Office Info: Dhanush, Kajol | MT Wiki: Upcoming Movie, Hindi TV Shows, Serials TRP, Bollywood Box Office. Mtwiki.blogspot.com (25 July 2017). Retrieved on 2018-08-10.
  35. ^ Dhanush's VIP 2 teaser is rocking, but there's no glimpse of Kajol | regional movies. Hindustan Times (22 April 2016). Retrieved on 2018-08-10.
  36. ^ Keslassy, Elsa. (31 October 2017) Ken Scott's 'The Extraordinary Journey of the Fakir' Lures Flurry of Buyers (EXCLUSIVE) – Variety. Variety.com. Retrieved on 2018-08-10.
  37. ^ a b Bagchi, Shrabonti; Anshul Dhamija (2011年11月25日). “Dhanush's 'Kolaveri di' song is the new youth anthem”. The Times of India. http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-11-25/bangalore/30441417_1_tamil-english-song-youtube-video 2013年7月5日閲覧。 
  38. ^ “Kolaveri is the most searched video”. The Times of India. (2011年11月21日). http://articles.timesofindia.indiatimes.com/2011-11-20/news-interviews/30421962_1_youtube-video-dhanush-tamil-nadu 2011年11月23日閲覧。 
  39. ^ Danush's '3 – Why this kolaveri di' a smashing hit — Video”. KollyInsider (2011年11月19日). 2011年11月19日閲覧。
  40. ^ Here's how the Kolaveri Di song happened!”. Rediff.com (2011年11月28日). 2011年12月28日閲覧。
  41. ^ “'Kolaveri Di' song crosses 4 million mark, Big B hooked on to it”. The Times of India. (2011年11月25日). オリジナルの2012年7月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120710063857/http://economictimes.indiatimes.com/news/news-by-industry/et-cetera/kolaveri-di-song-crosses-4-million-mark-big-b-hooked-on-to-it/articleshow/10867866.cms 
  42. ^ Kolaveri di next big thing in popular culture”. 2019年7月22日閲覧。
  43. ^ No problem”. 2019年7月22日閲覧。
  44. ^ Thikka”. 2019年7月22日閲覧。
  45. ^ Dhanush liked the lyrics very much: Ganesh Chandrasekaran – Times of India”. The Times of India. 2019年6月27日閲覧。

外部リンク編集