ダヴィド・クバッキ

ダヴィド・グジェゴシ・クバッキ(Dawid Grzegorz Kubacki、1990年3月12日 - )は、ポーランドマウォポルスカ県ノヴィ・タルク出身のスキージャンプ選手である。

ダヴィド・クバッキ
20150927 FIS Summer Grand Prix Hinzenbach 4620.jpg
基本情報
フルネーム Dawid Kubacki
誕生日 (1990-03-12) 1990年3月12日(31歳)
出身地 ポーランドの旗 ポーランド
ポーランドの旗 マウォポルスカ県ノヴィ・タルク
身長 180cm
選手情報
クラブ TS Wisła Zakopane
最高記録 236.5 m
ワールドカップ
シーズン 2009年 -
優勝回数 5回
他の表彰台 18回
表彰台獲得数 23回
 
獲得メダル
男子 スキージャンプ
オリンピック
2018 平昌 団体LH
ノルディックスキー世界選手権
2017 Lahti 団体LH
2019 Seefeld 個人NH
2013 Val die Fiemme 団体LH
2021 Oberstdorf 団体LH
スキーフライング世界選手権
2018 Oberstdorf 団体
2020 Planica 団体
最終更新日:2021年4月8日
テンプレートを表示

プロフィール編集

6歳からスキージャンプを始め、2004年12月にFISレースザコパネ大会で国際大会にデビューした。ワールドカップには2008年ザコパネ大会に国内枠で初参戦したが予選を通らず、以降2011/12シーズンまでポイントを獲得できなかった。

2012/13シーズンからワールドカップに定着、個人3戦目のルカ大会で初めてポイントを獲得した。2013年ノルディックスキー世界選手権代表に抜擢されてマチェイ・コットピオトル・ジワカミル・ストッフと組んだ団体ラージヒルで銅メダルを獲得した。。2014年ソチオリンピックでは個人ノーマルヒル32位であった。

2017/18シーズンよりサマーグランプリおよびワールドカップで連続して総合10位以内を獲得している。2017年スキージャンプ週間の初戦・オーベルストドルフ大会で3位に入り初の表彰台を獲得。2018年平昌オリンピックでは団体ラージヒルの銅メダルを獲得した。2019年プレダッツォ大会でワールドカップ初優勝。2019年世界選手権では個人ノーマルヒルでは競技後半で激しい雪が降り続く条件により上位選手が失速し、1回目27位からの逆転優勝を果たした[1]。また、2019/20シーズンのスキージャンプ週間では総合優勝[2]、2020/21シーズンでは総合3位を獲得している。

外部リンク編集