メインメニューを開く

チェアマンズスプリントプライズ: 主席短途獎: Chairman's Sprint Prize)は、中華人民共和国香港沙田競馬場で行われる競馬競走平地競走)である。

目次

概要編集

1979年にチェアマンズプライズとして創設。

1995年の競走ではミスターバイタリティーが3歳で優勝する。

1996年にはミスターバイタリティーが初の連覇を果たした。

1999年フェアリーキングプローンがミスターバイタリティー以来2頭目の3歳での優勝となった。

2001年、レース名をチェアマンズスプリントプライズに改称した。フェアリーキングプローンが2度目の優勝を果たした。

2016年に前年を持って廃止されたクリスフライヤーインターナショナルスプリントに代わり、グローバル・スプリント・チャレンジの対象競走となるとともに、国際G1に昇格した[1][2]チャンピオンズマイルと国際競走シリーズを形成(以前の開催日を2月第2週から移動)。オーストラリアのシュタークワが外国調教馬で初優勝。メインのチャンピオンズマイルで日本のモーリスが優勝したため、短距離の国際G1競走シリーズになった初年度で外国調教馬のアベック優勝となった。

歴代優勝馬編集

2012年以降。

回数 施行日 調教国・優勝馬 性齢 タイム 優勝騎手 管理調教師
第33回 2012年2月4日  ジョイアンドファン (Joy And Fun) 騸8 1.08.98 B.ボイル D.クルーズ
第34回 2013年2月17日  ラッキーナイン (Lucky Nine) 騸6 1:09.28 B.プレブル C.ファウンズ
第35回 2014年2月16日  ラッキーナイン (Lucky Nine) 騸7 1:09.37 B.プレブル C.ファウンズ
第36回 2015年2月15日  ゴールドファン英語版 (Gold-Fun) 騸6 1.08.79 C.スミヨン R.ギブソン
第37回 2016年5月1日  シュタークワ (Chautauqua) 騸5 1.08.69 T.ベリー M.ウェイン&J.ハウキス
第38回 2017年5月7日[3]  ラッキーバブルス (Lucky Bubbles) 騸5 1:08.96 H.Bowman K.W.Lui
第39回 2018年4月29日[4]  アイヴィクトリー (Ivictory) 騸4 1:08.63 Z.Purton J.Size
第40回[5] 2019年4月28日  ビートザクロック(Beat The Clock) 騸5 1:08.26 J.モレイラ J.Size

日本調教馬の成績編集

脚注編集

  1. ^ 2016年の『グローバルスプリントチャレンジ』は2月20日から開幕ラジオNIKKEI 2016年4月2日閲覧
  2. ^ Global Sprint Challengeが変わります!netkeiba.com、2016年6月29日閲覧
  3. ^ 2017年結果racingpost.com、2017年5月7日閲覧
  4. ^ 2018年結果racingpost.com、2018年4月29日閲覧
  5. ^ 2019年レース結果”. 日本中央競馬会 (2019年4月28日). 2019年4月28日閲覧。

外部リンク編集