チャタレイ夫人の恋人 (1981年の映画)

1981年制作のイギリス・フランスの合作映画

チャタレイ夫人の恋人』(チャタレイふじんのこいびと、Lady Chatterley's Lover)は、1981年イギリスフランスドラマ映画。 監督はジュスト・ジャカン、出演はシルヴィア・クリステルニコラス・クレイなど。

チャタレイ夫人の恋人
Lady Chatterley's Lover
監督 ジュスト・ジャカン
脚本 クリストファー・ウィッキング英語版
ジュスト・ジャカン
マルク・ベーム英語版
原作 D・H・ローレンス
チャタレイ夫人の恋人
製作 クリストファー・ピアース
アンドレ・ジャウィ
製作総指揮 メナハム・ゴーラン
ヨーラン・グローバス
出演者 シルヴィア・クリステル
ニコラス・クレイ
シェーン・ブライアント英語版
音楽 スタンリー・マイヤーズ
リチャード・ハーヴェイ英語版
撮影 ロベール・フレース
編集 ユーニス・マウントジョイ
製作会社 キャノン・フィルムズ
配給 イギリスの旗 コロンビア映画
日本の旗 東宝東和
公開 フランスの旗 1981年6月29日
イギリスの旗 1981年12月
日本の旗 1982年5月8日
上映時間 104分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

イギリスの作家D・H・ローレンスの『チャタレイ夫人の恋人』の2度目の映画化作品。1955年にフランスで一度映画化されているフランス語版が、イギリス本国での映像化は初めてであり、それまで英語で映像化されることはなかった[1]

ストーリー編集

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初放送1984年4月18日『水曜ロードショーBD収録[2]

作品の評価編集

allcinema1955年のフランス映画版フランス語版が主人公を「環境の犠牲者」のように描いているのと比較して「森番メラーズと夫人が愛を通して人間性を追求し、女性としての自我に目覚めていくところに焦点を当てた作りとなっている。」としている[1]

出典編集

  1. ^ a b 映画 チャタレイ夫人の恋人 (1981)について”. allcinema. 2020年10月13日閲覧。
  2. ^ チャタレイ夫人の恋人 -Blu-ray-”. Amazon.co.jp. 2020年10月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集