メインメニューを開く

チャップリンの総理大臣

1914年公開のアメリカ合衆国の短編サイレント映画

チャップリンの総理大臣』(Caught in a Cabaret) は、1914年公開の短編サイレント映画キーストン社による製作で、監督はメーベル・ノーマンド。1971年に映画研究家ウノ・アスプランドが制定したチャールズ・チャップリンのフィルモグラフィーの整理システムに基づけば、チャップリンの映画出演12作目にあたる[1][注釈 1]。別邦題は「キャバレー御難の巻」。

チャップリンの総理大臣
Caught in a Cabaret
Caught in a Cabaret (poster).jpg
フランス語版ポスター
監督 メーベル・ノーマンド
脚本 メーベル・ノーマンド
製作 マック・セネット
出演者 メーベル・ノーマンド
チャールズ・チャップリン
ハリー・マッコイ
チェスター・コンクリン
エドガー・ケネディ
ミンタ・ダーフィ
フィリス・アレン
撮影 フランク・D・ウィリアムズ
配給 キーストン・フィルム・カンパニー
公開 1914年4月27日
上映時間 16分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント映画
英語字幕
テンプレートを表示
Caught in a Cabaret

チャップリン映画の定番の一つである「替え玉 or なりすましもの」に属し、この系譜は以降『チャップリンの駈落』や『チャップリンの伯爵』などに引き継がれる[2]。上流階級を皮肉るという点においても『チャップリンのスケート』や『のらくら』、『街の灯』の先駆を成している[3]

目次

あらすじ編集

怪しげなキャバレーウェイターとして働くチャーリー。ふとしたことがきっかけで、ギリシャ大使の名刺を盗み、それを使って紳士に成りすまして女性を口説こうと目論む。大きなパーティーに誘われたチャーリーではあったが、時間を持て余したのかキャバレーに戻ろうと焦り出す。一方、ウェイター仲間はチャーリーの正体を暴いて吹聴し、スラムへ放り込もうと画策する。やがて、正体がばれたチャーリーはキャバレーで袋叩きに合うのであった[4][2]

背景編集

この作品では、当時のチャップリンの愛犬であるダックスフントが登場し、チャーリーをキャバレーの外に連れ出す役目を果たしている[3]。もっともチャップリンは後年、『チャップリンの拳闘』や『犬の生活』で犬を巧みに使う作品を製作するが、ダックスフントはストーリーを広げる役割を果たしているものの、それらの作品ほど関係が深いわけではない[3]

キャスト編集

etc

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 1914年製作、2010年発見の『泥棒を捕まえる人』を除く

出典編集

  1. ^ #大野 (2007) p.253
  2. ^ a b #大野 (2007) p.72
  3. ^ a b c #Ted Okuda p.38
  4. ^ #Ted Okuda pp.37-38

参考文献編集

  • チャールズ・チャップリン『チャップリン自伝』中野好夫(訳)、新潮社、1966年。ISBN 4-10-505001-X
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』上、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347430-7
  • デイヴィッド・ロビンソン『チャップリン』下、宮本高晴、高田恵子(訳)、文藝春秋、1993年。ISBN 4-16-347440-4
  • 大野裕之『チャップリン再入門』日本放送出版協会、2005年。ISBN 4-14-088141-0
  • Charlie Chaplin at Keystone And Essanay: Dawn of the Tramp - Google ブックス
  • 大野裕之『チャップリン・未公開NGフィルムの全貌』日本放送出版協会、2007年。ISBN 978-4-14-081183-2

外部リンク編集