チャールズ・ランドルフ

チャールズ・ランドルフCharles Randolph)は、アメリカ合衆国の脚本家映画及びテレビプロデューサーである。

チャールズ・ランドルフ
Charles Randolph
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州ナッシュビル
職業 脚本家映画及びテレビプロデューサー
活動期間 2001年 - 活動中
配偶者 ミリー・アヴィタル英語版 (2004年 - 継続中)
主な作品
マネー・ショート 華麗なる大逆転
テンプレートを表示

妻はイスラエルの女優のミリー・アヴィタル英語版であり、子供を2人もうけている。

キャリア編集

ランドルフはカルチュラル・スタディーズ[1]哲学の教授であった[2]。33歳の時に南カリフォルニア大学での講演のためにロサンゼルスを訪れた際、ファレリー兄弟の関係者と知り合い、脚本家転身を促される [1]

脚本作品には『ライフ・オブ・デビッド・ゲイル』(2003年)、『ザ・インタープリター』(2005年)、『ラブ & ドラッグ』(2010年)、『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015年)などがある。

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』をアダム・マッケイと共同執筆したことにより、全米脚本家組合賞脚色賞、放送映画批評家協会賞脚色賞、エンパイア賞脚本賞、英国アカデミー賞脚色賞アカデミー賞脚色賞を受賞した[3]

フィルモグラフィ編集

作品 クレジット 備考
2003 ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
The Life of David Gale
脚本
2005 ザ・インタープリター
The Interpreter
脚本
2009 チェイシング/追跡
Tenderness
製作
2010 ラブ & ドラッグ
Love & Other Drugs
脚本・製作
The Wonderful Maladys 脚本・製作総指揮 シリーズ化しなかったテレビ・パイロット
2013 The Missionary 脚本・製作総指揮 シリーズ化しなかったテレビ・パイロット
2015 マネー・ショート 華麗なる大逆転
The Big Short
脚本
2016 Exposed 脚本・製作総指揮
2019 スキャンダル
Bombshell
脚本

受賞とノミネート編集

部門 作品名 結果
アカデミー賞 2015[4] 脚色賞 マネー・ショート 華麗なる大逆転 受賞
英国アカデミー賞 2015[5] 脚色賞 マネー・ショート 華麗なる大逆転 受賞
ゴールデングローブ賞 2015 脚本賞 マネー・ショート 華麗なる大逆転 ノミネート
放送映画批評家協会賞 2015 脚色賞 マネー・ショート 華麗なる大逆転 受賞
全米脚本家組合賞 2015 脚色賞 マネー・ショート 華麗なる大逆転 受賞
エンパイア賞 2015 脚本賞 マネー・ショート 華麗なる大逆転 受賞

参考文献編集

  1. ^ a b Love and Other Drugs screenwriter Charles Randolph on big screen opportunities”. if.com.au (2012年1月18日). 2015年12月18日閲覧。
  2. ^ Charles Randolph –Biography”. IMDb. 2015年12月18日閲覧。
  3. ^ Charles Randolph”. IMDb. 2017年12月20日閲覧。
  4. ^ THE 88TH ACADEMY AWARDS”. oscars.org. 2019年7月8日閲覧。
  5. ^ Film 2016”. 英国映画テレビ芸術アカデミー. 2019年7月8日閲覧。

外部リンク編集