メインメニューを開く
チュキサカ県
Chuquisaca
Flag of Chuquisaca.svgEscudo de Chuquisiaca.svg
(旗)(紋章)
Chuquisaca in Bolivia.svg
面積51,524km2(ボリビア第8位)
人口572,165(ボリビア第5位)
10
行政府所在地スクレ
ISO 3166-2:BOBO-H
チュキサカ県の郡

チュキサカ県 (Chuquisaca)、とは、ボリビアの中央南部に位置するである。北側がコチャバンバ県、南側がタリハ県、西側がポトシ県、東側がサンタクルス県パラグアイ国境になっている。10個の郡で構成されている。

チュキサカ県の行政府所在地はボリビアの憲法上の首都であるスクレ。スクレ市はかつてはチュキサカ市、またはチャルカス市(Charcas)と呼ばれていた。その他の有名な町としては、タラブコがある。

県の北西部はアンデス山脈東側にあたり標高も3,000mを超えるが、南東部はグランチャコの一部でパラグアイ川流域につながる低地帯であり、標高も500m以下である。年間降水量は500mmから1,000mmほど[1]であり、北西部は温暖な気候、南東部は熱帯サバナ気候から温帯夏雨気候となっている。トウモロコシ小麦大麦、豆類などを産出する。

2000年代に入り、サンタクルス県などと同様に地方自治の拡大を目的に自治憲章の制定を目指している。

古生物学痕跡化石編集

 
カル・オルコの竜脚形亜目の足跡

チュキサカ県スクレ近郊には「カル・オルコ(Cal Orcko)」として知られる世界有数の恐竜の足跡化石群がある[2] 。その巨大な遺跡は、高さ80メートル(260フィート)の、長さ1,200メートル(3,900フィート)、角度73度の崖の上に位置している。白亜紀後期からの、少なくとも8種の恐竜の足跡が確認されている[3]。これらの足跡は、岩壁が平坦な地面だったときに残されたもので、地殻プレートの変動により岩盤が後に隆起した[4]。カル・オルコは2016年にユネスコ世界遺産に立候補している[5]

2016年7月、マラグア(Maragua)では、アベリサウルス科に属し体長は約15メートルに達したと考えられている二足歩行肉食恐竜の、直径約1.2メートルの足跡が見つかった[4]

注釈編集

  1. ^ 社団法人海外農業開発コンサルタンツ協会 ボリビア共和国ユンガス・デ・バンディオラ地区灌漑開発計画プロジェクトファインディング調査報告書 1p
  2. ^ Avakian, Talia (2015年6月26日). “There's a wall in Bolivia that's covered in thousands of dinosaur footprints, and it's becoming a major tourist attraction”. Business Insider Australia. 2018年2月26日閲覧。
  3. ^ Belcher, Ian (2011年7月15日). “Dinosaur tracking in Bolivia”. 2016年2月26日閲覧。
  4. ^ a b 化石の聖地で恐竜の足跡たどる、ボリビア”. AFPBB News (2016年8月17日). 2016年2月26日閲覧。
  5. ^ ボリビア、自然のジュラシックパーク”. EL PAÍS (2016年9月29日). 2016年2月26日閲覧。