獣脚類(じゅうきゃくるい、学名Theropoda)は、竜盤類恐竜の一分類群(タクソン)

獣脚亜目 Theropoda
生息年代: 三畳紀後期–完新世, 231.4–0 Ma
ティラノサウルス T. rex
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
上綱 : 顎口上綱 Gnathostomata
階級なし : (未整理[1]四肢動物上綱 Tetrapoda [2]
(未整理)爬形類 Reptiliomorpha
(未整理)有羊膜類 Amniota
(未整理)竜弓類 Sauropsida
: 爬虫綱 Reptilia
階級なし : (未整理)真正爬虫類 Eureptilia
亜綱 : 双弓亜綱 Diapsida
下綱 : 主竜形下綱 Archosauromorpha
階級なし : (未整理)主竜類 Archosaurs
(未整理)鳥頸類 Ornithodira
上目 : 恐竜上目 Dinosauria
: 竜盤目 Saurischia
亜目 : 獣脚亜目 Theropoda
学名
subordo Theropoda
Marsh1881
和名
獣脚亜目
英名
Theropods
下位分類群(下目

獣脚類の恐竜は二足歩行をし、ティラノサウルスのような陸生肉食動物史上最大級の体躯を誇る大型肉食恐竜、および、ヴェロキラプトルのような軽快な身体つきをした小型肉食恐竜を含む多様なグループである。食性においては肉食のものが多いが、魚食を主にしたものや雑食植物食になったものなど多様な生態をもった。恐竜の中でもとりわけ多様性に富むグループであり、とりわけローラシア大陸ゴンドワナ大陸では全く異なる進化を遂げて生態系を彩っていた[3]

また、鳥類の祖先も獣脚類の恐竜の原鳥類から進化した。そのため獣脚類は鳥類をも含む分類群でもある。

獣脚類の多くは羽毛を有していたことが近年の満州(中国東北部)やモンゴルなどからの羽毛恐竜の相次ぐ発見から分かってきた。初期の羽毛は単純な構造であり、進化の過程により複雑化していったとされる。元々の羽毛の機能は飛翔ではなく、保温やディスプレイ等であったのではないかとされる。

獣脚類は、いわゆる恐竜時代の初期からその終末まで全世界で繁栄し、鳥類を含めるならば、現在に至るまで繁栄を続ける恐竜の分類群である。

鳥類は、古いリンネ式分類英語版では生物学的分類目の鳥 (class Aves) に分類されていた。系統分類英語版では鳥綱を恐竜である獣脚類の系統群に分類している[4]

分類体系編集

下位系統編集

獣脚類

前肢編集

肉食性のティラノサウルス上科カルノサウルス類では前肢の力が強く、これは彼らが獲物を腕で拘束していた事を示している。一方で雑食ないし植物食のオルニトミモサウリアの前肢は貧弱だった。しかし全ての雑食および植物食獣脚類の前肢が貧弱だったわけではなく、例えばテリジノサウルス類は強靭な前肢を備えており、これは採食や闘争に使われたと見られている[5]

食性編集

少なくないエラフロサウルス科マニラプトル形類は雑食ないし植物食だったものの、獣脚類は概ね広義の肉食性(昆虫食や魚食、死肉食を含む)だった。また古典的な考え方に基づくコエルロサウルス類カルノサウルス類では、前者が敏捷性や知能に長ける小型捕食動物であり、後者は巨体による怪力に長けた大型捕食動物だと考えられてきた。しかし現在では現生のオオトカゲオオカミなどの研究、そしてアルバートサウルスマプサウルスの集団化石(ボーンベッド)を踏まえ、後者にも一定の社会性があった可能性が指摘されている。なお大型獣脚類であっても幼少期は当然のように小型だったため、容易に捕獲できる小動物を主な餌とし、時には死肉をも漁っていた[6]

しばしば大型獣脚類では、その食性がスカベンジャーだったのかハンターだったのか、が議論の的となる。だがそれを確かめるのは容易ではなく、また通常の捕食動物であれば両刀使いとなるのが普通である[7]

習性編集

多くの獣脚類、とりわけ大型獣脚類では、他の獣脚類と争った痕跡が頭骨に残されている[8]。この事から、獣脚類は現在のワニのように、互いの頭部を噛み合っていた事がわかる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 分類学上、未整理の階級。階級未定の分類群。以下同様。
  2. ^ 顎口上綱の下位で相克関係にある。
  3. ^ The interrelationships and evolution of basal theropod dinosaurs(Oliver W M Rauhut:2003)
  4. ^ Livezey, Bradley C.; Zusi, RL (2007-01). “Higher-order phylogeny of modern birds (Theropoda, Aves: Neornithes) based on comparative anatomy. II. Analysis and discussion”. Zoological Journal of the Linnean Society 149 (1): 1–95. doi:10.1111/j.1096-3642.2006.00293.x. PMC: 2517308. PMID 18784798. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2517308/. 
  5. ^ A phylogenetic study of the section moduli of the humerus in bipedal theropod dinosaurs https://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2016APS..MAR.M1309L/abstract
  6. ^ Speculations about the Diet and Foraging Behavior of Large Carnivorous Dinosaurs James O. Farlow The American Midland Naturalist Vol. 95, No. 1 (Jan., 1976), pp. 186-191
  7. ^ A recipe for scavenging in vertebrates – the natural history of a behaviour(Adam Kane:2016)
  8. ^ Head-biting behavior in theropod dinosaurs: paleopathological evidence https://www.researchgate.net/profile/Darren_Tanke/publication/40662860_Head-biting_behavior_in_theropod_dinosaurs_Paleopathological_evidence/links/0f31752e93ebbe497e000000.pdf

関連項目編集