チョー・モー・トゥン

ミャンマーの外交官

ウー・チョー・モー・トゥン[1]ビルマ語: (ဦး)ကျော်မိုးထွန်း ビルマ語発音: [(úː) t͡ɕɔ̀.móː.tʰʊ́ɰ̃]; 英語: (U) Kyaw Moe Tun1969年7月28日 - )は、ミャンマー外交官で、現職の国連大使である。国連大使に就任する前は、2016年から2018年にかけて外務省ビルマ語版英語版の国際機関・経済開発局長を務めていた[2][3][4][5]

ウー・チョー・モー・トゥン
ဦးကျော်မိုးထွန်း
国際連合ミャンマー政府代表(国連大使)
就任
2020年10月20日
ジュネーブ国際機関ミャンマー政府代表
任期
2018年7月 – 2020年9月
前任者テッ・リン (ထက်လင်း)
後任者ミン・トゥ
国際機関・経済開発局長
任期
2016年9月 – 2018年7月
後任者マーラー・タン・ティッツ (Marlar Than Htike)
国際機関・経済開発局副局長
任期
2015年 – 2016年
個人情報
生誕 (1969-07-28) 1969年7月28日(53歳)
ビルマの旗 ビルマ連邦(現・ミャンマー)
国籍ミャンマーの旗 ミャンマー
出身校ヤンゴン大学ビルマ語版英語版
国際大学
職業外交官

幼少期と学歴編集

チョー・モー・トゥンは、1969年7月28日に生まれた。ヤンゴン大学ビルマ語版英語版国際関係論学士を、留学先の日本にある国際大学経営学修士(MBA)プログラムを2004年に修了しMBAの学位を取得。[4]

経歴編集

1993年11月、三等書記官として外務省に入省。1997年ジャカルタ在インドネシアミャンマー大使館三等書記官として配属され、まず三等書記官として、次いで二等書記官として2001年まで奉職。インドネシア在勤後は、2001年から2002年にかけて本省の儀典局で課長、局長補佐を務めた。2005年7月から2009年1月にかけて、ニューヨーク国際連合ミャンマー政府代表部一等書記官参事官として奉職[6]

その後、2011年在シンガポールミャンマー大使館参事官として赴任し、まず参事官を務め、次いで2012年まで公使参事官を務めた。続いて2012年4月から2015年3月にかけて、国際機関ミャンマー政府代表部で公使参事官として奉職。2015年1月、国際機関・経済開発局部長に任命された後、2015年3月に副局長に昇進し、2016年9月には局長に昇進した[6]

2018年7月28日、ジュネーブ国際連合ミャンマー政府代表(ジュネーブ国連大使)やジュネーブ軍縮会議ミャンマー政府代表部大使を含むジュネーブ国際機関ミャンマー政府代表に任命された。在スイス大使、世界貿易機関(WTO)政府代表、化学兵器禁止機関(OPCW)政府代表も兼轄していた[5][7]

2020年10月20日、ニューヨークの複数の国際機関政府代表を含む国際連合ミャンマー政府代表(国連大使)に任命された[8]

2021年2月1日にミャンマーで勃発したクーデターを踏まえて、チョー・モー・トゥン国連大使は2月26日の国連総会で情緒的な演説を行い、軍事政権に対して国際的な行動を取るよう訴えた。大使は、「われわれは、軍事クーデターを直ちに終わらせ、罪のない人々への弾圧を止め、国家権力を人々に返し、民主主義を回復するため、国際社会のさらなる強力な行動を必要としている[9]」と述べた。これを受けて彼は軍事政権から国連大使の職を罷免されたが、国際連合や国際社会の多くは、クーデターによる政権交代が国連に通報されていないこともあって[10]軍事政権による解任を認めていない。BBCやニューヨークタイムズは軍事政権は軍事クーデターの結果として生まれた事実上の政権であると世界的に見られていると伝えた[11][12]

2021年3月1日、チョー・モー・トゥンは国連総会議長に宛てて自身が依然ミャンマー国連大使であると通知した[13]。一方、ミャンマー外務省は翌2日、チョー・モー・トゥンの国連大使解任と次席大使の代理大使任命を国連に通報した[13]。国連事務総長報道官のステファン・ドゥジャリクは国連でのミャンマーの代表者について複数の矛盾する書簡を受け取ったとし、国連総会の下部組織「信任状委員会」が協議し、その勧告に基づいて総会が決定するとした[14]。しかし、3日にミャンマーの国連代表部はミャンマー国軍が代理大使として任命したティンマウンナイン次席大使が辞任したことを国連に通知した[15]

2021年8月6日、米ニューヨークの連邦地検は、チョー・モー・トゥンの暗殺を計画した容疑で、ニューヨーク在住のミャンマー人の28歳と20歳の男を逮捕、訴追したと発表した。ミャンマー国軍と取引のあるタイの武器商人が容疑者の1人にオンラインで接触。大使を傷つけて辞任させるため、実行者を雇う金が支払われたと容疑者は説明しているという。武器商人は、大使が離職しない場合は殺害するようもちかけ、容疑者が大使の車のタイヤに細工をして事故を起こさせ、大使を殺害する計画だったという[16]

私生活編集

既婚で、子供が二人いる[5]

出典編集

  1. ^ 「ウー」(ビルマ語: ဦး U)は年配の男性に付ける敬称なので、ミャンマー国外では省略されることも多い。
  2. ^ “Myanmar's UN ambassador appeals to world body for action to end military coup” (英語). CNA. (2021年2月26日). https://www.channelnewsasia.com/news/asia/myanmar-un-ambassador-appeal-stop-military-coup-kyaw-moe-tun-14290928 
  3. ^ Aid from Indonesia headed to Myanmar”. president-office.gov.mm. 2021年3月2日閲覧。
  4. ^ a b “အာဏာရှင်ကို ဆန့်ကျင်ကြောင်း ကုလမှာပြခဲ့တဲ့ မြန်မာသံအမတ်” (ビルマ語). BBC News. (2021年2月27日). https://www.bbc.com/burmese/burma-56217487 
  5. ^ a b c New Permanent Representative of Myanmar Presents Credentials | Meetings Coverage and Press Releases”. www.un.org. 2021年2月27日閲覧。
  6. ^ a b “NEW PERMANENT REPRESENTATIVE OF MYANMAR PRESENTS CREDENTIALS TO THE DIRECTOR-GENERAL OF THE UNITED NATIONS OFFICE AT GENEVA”. www.ungeneva.org. (2018年7月26日). https://www.ungeneva.org/en/news-media/presentation-of-credentials/2018/07/new-permanent-representative-myanmar-presents 
  7. ^ “U Kyaw Moe Tun appointed as the Permanent Representative of the Republic of the Union of Myanmar to the United Nations”. MOFA. https://www.mofa.gov.mm/u-kyaw-moe-tun-appointed-as-the-permanent-representative-of-the-republic-of-the-union-of-myanmar-to-the-united-nations/ 
  8. ^ “နယူးယောက်မြို့၊ ကုလသမဂ္ဂဆိုင်ရာ မြန်မာအမြဲတမ်းကိုယ်စားလှယ်/ သံအမတ်ကြီး ဉီးကျော်မိုးထွန်း တာဝန်စတင်ထမ်းဆောင်ခြင်း” (ビルマ語). MOFA. https://www.mofa.gov.mm/%e1%80%94%e1%80%9a%e1%80%b0%e1%80%b8%e1%80%9a%e1%80%b1%e1%80%ac%e1%80%80%e1%80%ba%e1%80%99%e1%80%bc%e1%80%ad%e1%80%af%e1%80%b7%e1%81%8a-%e1%80%80%e1%80%af%e1%80%9c%e1%80%9e%e1%80%99%e1%80%82%e1%80%b9/ 
  9. ^ “ミャンマー国連大使、異例のクーデター非難 国際社会の行動訴え”. ロイター通信. (2021年2月27日). https://jp.reuters.com/article/myanmar-politics-idJPKBN2AR08G 2021年3月2日閲覧。 
  10. ^ “ミャンマー国連大使、国軍に抵抗続けると表明 解任と報じられる”. ロイター通信. (2021年2月28日). https://jp.reuters.com/article/idJPL3N2KY00R 2021年3月2日閲覧。 
  11. ^ “Myanmar coup: UN ambassador fired after anti-army speech” (英語). BBC News. (2021年2月27日). https://www.bbc.com/news/world-asia-56222987 2021年2月27日閲覧。 
  12. ^ Paddock, Richard C. (2021年2月27日). “Myanmar Military Fires U.N. Envoy Who Spoke Against Its Coup”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2021/02/27/world/asia/myanmar-military-UN-ambassador.html 
  13. ^ a b “国連に2人の「ミャンマー大使」 軍事クーデター受け対立”. 『時事通信』. (2021年3月3日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030300781&g=int 2021年6月19日閲覧。 
  14. ^ “解任のミャンマー国連大使「国軍に権限ない」、職務継続の意向…国連で対応協議へ”. 『読売新聞』. (2021年3月5日). https://www.yomiuri.co.jp/world/20210303-OYT1T50106/ 2021年6月19日閲覧。 
  15. ^ “ミャンマー「2人の国連大使」問題 次席大使が辞任、国軍に抵抗?”. 『毎日新聞』. (2021年3月5日). https://mainichi.jp/articles/20210305/k00/00m/030/023000c 2021年6月19日閲覧。 
  16. ^ “国連大使暗殺を計画か、ミャンマー人2人逮捕 米検察”. 朝日新聞. (2021年8月7日). https://www.asahi.com/amp/articles/ASP872RMYP87UHBI006.html 2021年8月7日閲覧。 

外部リンク編集