世界の鉄道一覧 > チリの鉄道

チリの鉄道(チリのてつどう)では、チリの鉄道について記す。

鉄道史編集

事業者編集

他多数の民営企業

隣接国との鉄道の接続編集

  •   ボリビア - 同じメーターゲージであり、アリカ - ラパス間や、アントファガスタ - ウユニ間などでつながっている。
  •   アルゼンチン - 1984年に休止されたアンデス横断鉄道は、チリのロスアンデスとアルゼンチンのメンドーサを結ぶ全長100km狭軌(1.000mm)の山岳鉄道でラック式鉄道の区間を含んでいた。しかしチリ側の鉄道は1,676mmの広軌であり、ラック式鉄道区間を越えるには専用の車両が必要であったために、この鉄道で両方の国の間を移動するには2回の乗換が必要であった。この路線を再開するための民間企業との請負契約(コンセッション)が計画されている[1][2]
  •  アルゼンチン - アントファガスタサルタを結ぶ狭軌(1.000mm)の鉄道(アントファガスタ・サルタ鉄道)。国境を越える列車は貨物のみであり、旅客列車は臨時でそれぞれの国内区間のみの運行である。一部区間は災害などにより運休が長引いている[3]
  •   ペルー - 1.435 mm軌間の鉄道がチリ北部のアリカとペルー南部のタクナを結んでいる。旅客列車には1両の気動車を使用。

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集