チームしがは、滋賀県を活動地域とする日本地域政党政治団体

日本の旗 日本政党
チームしが
Team SHIGA
代表 むらいさとし
代表代行 藤崎まり
本部所在地
〒520-0044
滋賀県大津市京町1丁目1-46
参議院議席数
1 / 245   (0%)
(2019年7月29日現在)
滋賀県議会
14 / 44   (32%)
(2021年11月1日現在[注 1][1]
政治的思想・立場 地域主義熟議民主主義共生主義環境主義
公式サイト 力をひとつに! チームしが
テンプレートを表示

沿革編集

2014年5月に、当時の滋賀県知事であった嘉田由紀子と同年7月の滋賀県知事選挙立候補者となった三日月大造を共同代表として発足した[2][3]。知事選挙では三日月の選挙運動母体として当選に導き、同年10月からは嘉田が代表、三日月が特別顧問を務めた[2]

結成当初は嘉田による政策研究集団だったが、10月の体制変更時に滋賀県議会内の民主党会派および地域政党「対話でつなごう滋賀の会」が合流する形で「チームしが県議団」が結成された[4]。2018年の滋賀県知事選挙でも三日月への支援を表明した[5]

2019年の滋賀県議員選挙では公認候補者9人全員が当選[4]

2021年11月現在はチームしがの公認・推薦候補12名[6]及び無所属で会派に加わる県議2名により会派構成人数は14人[1]

2019年の第25回参議院議員通常選挙に代表の嘉田が野党統一候補として無所属で立候補、当選。これを機に知事の三日月が「あらゆる政党、会派と中立、公平な立場で対話していきたい」として特別顧問辞任を表明。時期については「規約にない役職なので、自身が意思を伝えた7月末で辞したことになると思う」と述べた[7]。その後、チームしがのサイト上から三日月の役職等に関する記載は消えたが、トップページには嘉田と三日月が握手する写真が引き続き掲載されており、知事与党の立場を強調している。

政策理念編集

「いのち」を守り、「人の力」を活かす、『草の根自治の滋賀』を発展させ、琵琶湖をはじめ自然と共に生き、全ての人に居場所と出番がある『共生社会・滋賀』をつくり、「しがの力」を伸ばし、活かし、力強く持続的な『経済と雇用の滋賀』をつくるという3つの理念のもと、「政治は未来をつくる」「政治と生活を近くする」ために、力をあわせて共に 行動を起こすことを目的とする。

役員編集

(2021年11月15日時点)

党職名 氏名 職業 党籍
執行役員
代表 嘉田由紀子 参議院議員 無所属
代表代行 中沢啓子 滋賀県議会議員 無所属[注 2]
副代表 今江政彦 滋賀県議会議員 立憲民主党[注 3]
江畑弥八郎 立憲民主党[注 4][注 5][8]
幹事長 塚本茂樹 立憲民主党[注 6]
事務局長兼会計 川添隆 非議員
一般役員
幹事 藤井絢子 NPO法人菜の花プロジェクトネットワーク代表[注 7]
竹尾耕児 近江八幡市議会議員 立憲民主党[注 8]
山田実 元滋賀県議会議員
佐口佳恵 滋賀県議会議員 立憲民主党[注 5][8]
冨波義明 滋賀県議会議員
田中松太郎 滋賀県議会議員
成田政隆 滋賀県議会議員 立憲民主党
河井昭成 滋賀県議会議員 国民民主党[9]
木戸進次 市民団体「戦争をさせない1000人委員会・しが」 かつて社民党に所属
八木良人 草津市議会議員[注 9]
嘉田修平 大津市議会議員[注 10] 立憲民主党
森重重則 守山市議会議員
関あずさ
野田武宏


特別顧問 武村正義[注 11]
細谷卓爾(社会運動家・著述家)[注 12]

所属国会議員編集

2021年11月15日現在、所属国会議員数1名(参議院議員1名)

参議院議員
2025年改選 嘉田由紀子[注 13]
滋賀、参1

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 欠員2
  2. ^ 無所属→一時旧国民民主党を経て→無所属
  3. ^ 旧国民民主党→立憲民主党。立憲民主党滋賀県連幹事長兼任
  4. ^ 旧立憲民主党→立憲民主党
  5. ^ a b 2019年滋賀県議会議員選挙では旧立憲民主党公認、社民党・チームしが推薦で立候補
  6. ^ 党籍は旧国民民主党→立憲民主党
  7. ^ 元・副代表
  8. ^ 市議会での所属会派は「チームはちまん」
  9. ^ 市議会での所属会派名は「チャレンジくさつ」
  10. ^ 市議会での所属会派名は「市民ネット21」
  11. ^ 前・特別代表
  12. ^ 元・事務総長
  13. ^ 選挙時は無所属で立候補、院内では会派「碧水会」所属

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集