チームN 3rd Stage「ここにだって天使はいる」

チームN 3rd Stage「ここにだって天使はいる」』(チームエヌサードステージ ここにだっててんしはいる)は、NMB48チームN劇場公演の3rd Stageである。

目次

概要編集

NMB48チームNの3rd公演であり、NMB48として初めてのオリジナル公演である[1]

当初、チームNの新公演は2012年5月に開始される予定であったが、楽曲が間に合わないといった理由から延期が繰り返されてきた[2]。その後、2013年8月23日に東京ドームで行われた『AKB48 2013年真夏のドームツアー〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜』の中で公演のタイトルと日時が発表されたが[3]、「最高の公演を行うため」としてまたも延期となった[2]。そして、大阪で行われた握手会の場で遂に初日の日程が「11月19日」と発表され、「決意表明」の意味でチケットの発売も決定された[2]。こうして、チームNはようやく初日公演にこぎつけた。5度の延期発表と、1年半の延期の末のことであった[1]

初日の客席にはプロデューサーの秋元康と総監督である高橋みなみも自ら観覧に訪れ[4]、公演の後にはファンが感謝を示す場面もあった[4]

公演内容編集

曲目編集

  1. overture(NMB48 ver.)
    (作曲・編曲:尾澤拓実、歌:TAZ)
    全NMB48公演共通である
  2. 青い月が見てるから
    (作詞:秋元康、作曲:新隼人、編曲:野中"まさ"雄一
  3. Radio name
    (作詞:秋元康、作曲:ヒザシ、編曲:増田武史
  4. ここにだって天使はいる
    (作詞:秋元康、作曲:小川コータ、編曲:原田ナオ)
  5. カトレアの花を見る度に思い出す
    (作詞:秋元康、作曲:佐々倉有吾、編曲:佐々木裕
  6. 夢のdead body
    (作詞:秋元康、作曲:吉田敬子、編曲:野中"まさ"雄一)
  7. 何度も狙え!
    (作詞:秋元康、作曲:佐々木裕、編曲:武藤星児
  8. おNEWの上履き
    (作詞:秋元康、作曲:村井大、編曲:若田部誠
  9. この世界が雪の中に埋もれる前に
    (作詞:秋元康、作曲:吉木絵里子、編曲:Funta7
  10. ジッパー
    (作詞:秋元康、作曲・編曲:板垣祐介
  11. 初めての星
    (作詞:秋元康、作曲:小網準、編曲:生田真心
  12. 100年先でも
    (作詞:秋元康、作曲:森英治、編曲:楊慶豪
  13. リボンなんて似合わない
    (作詞:秋元康、作曲:you-me、編曲:板垣祐介)
  14. ドガとバレリーナ
    (作詞:秋元康、作曲:川浦正大、編曲:光田健一

アンコール

  1. 情熱ハイウェイ!
    (作詞:秋元康、作曲:早川暁雄、編曲:野中"まさ"雄一)
  2. 少し苦い人生相談
    (作詞:秋元康、作曲・編曲:前口渉
  3. 不毛の土地を満開に…
    (作詞:秋元康、作曲:バグベア、編曲:佐々木裕)
  4. NMB48メドレー
    1. カモネギックス
      (作詞:秋元康、作曲・編曲:井上ヨシマサ
    2. ナギイチ
      (作詞:秋元康、作曲:すみだしんや、編曲:生田真心)
    3. 北川謙二
      (作詞:秋元康、作曲:田中俊亮、編曲:野中“まさ”雄一)
    4. 青春のラップタイム
      (作詞:秋元康、作曲:川浦正大、編曲:野中"まさ"雄一)

演出編集

本公演では、阪神タイガース通天閣など、大阪ならではの演出が散りばめられている[1]ほか、メンバーの個性を生かした演出がなされている。具体例は以下の通り。

  • 「Radio name」では、曲が流れている間は「ON AIR」のランプが点灯する。
  • 「夢のdead body」では山本彩がエレキギターを弾きながら歌う[1]。楽器を使ってのソロ楽曲は48グループで初である。曲終了時に使用していたピックを客席に投げ込む。
  • 「ジッパー」では、渡辺、吉田、上西が衣装の生着替えを披露する演出がある[1]
  • 「ドガとバレリーナ」では、門脇がバレリーナ役を務める[1]。曲中にメンバー全員が衣装の上衣を客席に投げ込む。投げ込まれた上衣は曲終了後に劇場係員によって回収される。
  • 「情熱ハイウェイ!」では、メンバーが客席を通ってステージに上がるが、2014年5月29日以降の公演からは舞台袖からの登場に変更されている。

その他編集

NMB48劇場では通常、観客の入場方法は当選番号順の整列入場となっているが、前述の通りピックや衣装を客席に投げ込む演出があることから、本公演に限り一部の当選者に限り「天使ブロック」と称した抽選入場を行っている。

NMB48 チームN 3rd Stage「ここにだって天使はいる」公演編集

  • 公演期間:2013年11月19日[5] - 2014年4月16日
  • 出演メンバー
    市川美織小笠原茉由門脇佳奈子岸野里香木下春奈・古賀成美・小谷里歩近藤里奈上西恵白間美瑠・西村愛華・林萌々香・山口夕輝山本彩吉田朱里渡辺美優紀
  • ユニット曲担当(☆はセンター)
    • 夢のdead body(山本彩)
    • 何度も狙え!(☆小笠原・門脇・木下春・☆小谷・林)
    • おNEWの上履き(☆市川・近藤・白間)
    • この世界が雪の中に埋もれる前に(☆岸野・古賀・☆西村・山口)
    • ジッパー(上西恵・吉田・☆渡辺)
    • 初めての星(市川・小笠原・上西恵・白間・山本彩・吉田・渡辺)
    • 100年先でも(市川・小笠原・門脇・木下春・小谷・近藤・上西恵・白間・山本彩・吉田・渡辺)

2014年組閣体制編集

  • 公演期間:2014年4月30日 - 2016年12月19日
  • 出演メンバー
    明石奈津子・石田優美・太田夢莉・柏木由紀・加藤夕夏・岸野里香・河野早紀・古賀成美・小谷里歩・城恵理子・上西恵・須藤凜々花・西澤瑠莉奈・西村愛華・村重杏奈・室加奈子・山内つばさ・山尾梨奈・山岸奈津美・山口夕輝・山本彩・與儀ケイラ・吉田朱里
    山内は2014年5月23日の公演から参加も2015年3月15日付で卒業。須藤は2014年6月22日の公演から参加。與儀は2014年7月2日付で、山岸は2015年3月31日付で、河野は同年4月30日付で、室は同年6月21日付で卒業。明石・石田・城・西澤・山尾は2015年2月4日昇格。柏木は2015年5月24日、村重は同年5月27日の公演をもって兼任解除。
    2015年3月30日は特別公演として、チームMの近藤里奈・白間美瑠・山田菜々とチームBIIの市川美織・門脇佳奈子・木下春奈・林萌々香・渡辺美優紀が出演。
  • ユニット曲担当(☆はセンター、各曲各ポジションから一名ずつ出演)
    • 夢のdead body
      • 山本彩・西村
    • 何度も狙え!
      • 河野
      • ☆小谷・上西恵・須藤・山内
      • ☆村重・山内
      • 與儀
    • おNEWの上履き
      • 太田
      • ☆加藤
      • 山岸
    • この世界が雪の中に埋もれる前に
      • ☆岸野
      • 古賀
      • ☆西村
      • 山口
    • ジッパー
      • ☆柏木・吉田・上西
      • 上西恵・古賀
      • 吉田
    • 初めての星(柏木・加藤・上西恵・村重・山本彩・與儀・吉田)
    • 100年先でも(太田・柏木・加藤・上西恵・小谷・村重・室・山岸・山本彩・與儀・吉田)

※本公演では、メドレー前に新曲の「高嶺の林檎」が披露され、メドレーが、「北川謙二」、「青春のラップタイム」の2曲構成に変更されている。2014年6月22日公演より、「高嶺の林檎」が「イビサガール」に差し替えられ、メドレーも「僕が負けた夏」、「待ってました、新学期」、「青春のラップタイム」の3曲構成に変更された。

NMB48 カトレア組「ここにだって天使はいる」公演編集

  • 公演期間:2017年6月27日[6] -
  • 出演メンバー
    安藤愛璃菜・磯佳奈江・岩田桃夏・植村梓・梅山恋和・小嶋花梨・清水里香・上西怜・須藤凜々花・武井紗良・内木志・中川美音・堀詩音・本郷柚巴・水田詩織・溝川実来・安田桃寧・山田寿々・山本彩加
    岩田は2017年7月11日の公演から、梅山・水田は2017年7月26日の公演から参加。
  • ユニット曲担当(各曲各ポジションから一名ずつ出演)
    • 夢のdead body
      • 安田
    • 何度も狙え!
      • 中川
      • 武井
      • 溝川・岩田
      • 安藤
    • おNEWの上履き
      • 山田寿・岩田・梅山
      • 上西怜・岩田
    • この世界が雪の中に埋もれる前に
      • 山本彩加・山田寿
      • 小嶋・山田寿・水田
      • 本郷
      • 清水
    • ジッパー
      • 植村
      • 内木
      • 須藤・小嶋

スタジオ収録CD編集

公演曲を公演メンバーがスタジオ収録したものである。

ここにだって天使はいる編集

ここにだって天使はいる
NMB48 teamNスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル laugh out loud! records
プロデュース 秋元康
チャート最高順位
NMB48 teamN 年表
Team N 2nd Stage「青春ガールズ」
(2014年)
ここにだって天使はいる
(2014年)
テンプレートを表示
  • 収録メンバー
    市川美織・小笠原茉由・門脇佳奈子・岸野里香・木下春奈・古賀成美・小谷里歩・近藤里奈・上西恵・白間美瑠・西村愛華・林萌々香・山口夕輝・山本彩・吉田朱里・渡辺美優紀
  • 収録曲
    1. overture(NMB48 ver.)
    2. 青い月が見てるから
    3. Radio name
    4. ここにだって天使はいる
    5. カトレアの花を見る度に思い出す
    6. 夢のdead body(歌:山本彩)
    7. 何度も狙え!(歌:小笠原・門脇・木下春・小谷・林)
    8. おNEWの上履き(歌:市川・近藤・白間)
    9. この世界が雪の中に埋もれる前に(歌:岸野・古賀・西村・山口)
    10. ジッパー(歌:上西恵・吉田・渡辺)
    11. 初めての星(歌:市川・小笠原・上西恵・白間・山本彩・吉田・渡辺)
    12. 100年先でも(歌:市川・小笠原・門脇・木下春・小谷・近藤・上西恵・白間・山本彩・吉田・渡辺)
    13. リボンなんて似合わない
    14. ドガとバレリーナ
    15. 情熱ハイウェイ!
    16. 少し苦い人生相談
    17. 不毛の土地を満開に…

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f “さや姉&みるきーら念願の初日 NMBチームN、“5度目の正直”で初オリジナル公演”. ORICON STYLE. (2013年11月19日). http://www.oricon.co.jp/news/2031039/full/ 2013年11月20日閲覧。 
  2. ^ a b c “NMB「チームN」新公演、5度目の延期”. ニッカンスポーツ. (2013年11月3日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/f-et-tp0-20131103-1213220.html 2013年11月20日閲覧。 
  3. ^ “AKB48グループ、全チームのオリジナル新公演日程を発表”. ナタリー. (2013年8月23日). http://natalie.mu/music/news/97908 2013年11月20日閲覧。 
  4. ^ a b “NMBチームN初のオリジナル公演初日”. デイリースポーツ. (2013年11月19日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2013/11/19/0006510160.shtml 2013年11月20日閲覧。 
  5. ^ NMB48劇場 サラリーマン支配人 金子より”. 金子剛 (2013年11月19日). 2013年11月20日閲覧。
  6. ^ 金子剛のGoogle+”. 金子剛 (2017年6月27日). 2017年9月1日閲覧。

参考資料編集