メインメニューを開く

高嶺の林檎」(たかねのりんご)は、日本女性アイドルグループNMB48の楽曲。作詞は秋元康、作曲は田中俊亮が担当した。2014年3月26日NMB48の9作目のシングルとしてよしもとアール・アンド・シー(laugh out loud! records)から発売された。楽曲のセンターポジションは山本彩が務めた。

高嶺の林檎
NMB48シングル
初出アルバム『世界の中心は大阪や 〜なんば自治区〜
B面 一週間、全部が月曜日ならいいのに…(Type-A、Type-B、Type-C)
プロムの恋人(Type-A、劇場盤)
水切り(Type-B、劇場盤)
山へ行こう(Type-C)
傘はいらない(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル laugh out loud! records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
田中俊亮(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2014年3月度月間3位(オリコン
  • 2014年上半期9位(オリコン
  • 2014年度年間15位(オリコン
  • NMB48 シングル 年表
    カモネギックス
    (2013年)
    高嶺の林檎
    (2014年)
    らしくない
    (2014年)

    【配信限定】
    イビサガール
    (2014年)
    テンプレートを表示

    目次

    背景とリリース編集

    前作「カモネギックス」から約5か月ぶりで、2014年初のシングル。Type-A、Type-B、Type-C、劇場盤の4形態でのリリース。

    「高嶺の林檎」を歌う選抜メンバーは、前作から2人が入れ替わった。渋谷凪咲村瀬紗英が初選抜メンバー入り。前作の選抜メンバーのうち、門脇佳奈子・與儀ケイラが選抜から外れている。

    カップリングは5曲で、Type-A - Cの2曲目はTHE ALFEE高見沢俊彦が楽曲提供した「一週間、全部が月曜日ならいいのに…」が収録、3曲目は、Type-Aは白組の「プロムの恋人」、Type-Bは紅組の「水切り」、Type-Cは難波鉄砲隊其之伍の「山へ行こう」、劇場盤は「傘はいらない」となっている。

    「プロムの恋人」の作曲は、元PAMELAH小澤正澄が担当。AKB48SKE48への楽曲提供はこれまでにも行っているが、NMB48へはこれが初となる[注 1]

    今作では、島田玲奈・山内つばさを除くNMB48のメンバー全員がいずれかの楽曲に参加している。なお、今作においてドラフト生(磯佳奈江・須藤凜々花・武井紗良・内木志)がNMB48のシングル初参加となっている。

    CDの封入特典として、初回生産分には全国握手会参加引換券および「NMB48リクエストアワー2014投票券」が各1枚と、全16種類あるオリジナルトレーディングカードのうち1枚が付いた。

    アートワーク編集

    ジャケット写真のメンバー
    Type-A 表 小笠原茉由・渋谷凪咲・上西恵・高野祐衣・谷川愛梨・矢倉楓子・山本彩・吉田朱里
    Type-A 裏 「白組」メンバー12名
    Type-B 表 市川美織・加藤夕夏・小谷里歩・白間美瑠・村瀬紗英・薮下柊・山田菜々・渡辺美優紀
    Type-B 裏 「紅組」メンバー12名
    Type-C 表 渋谷凪咲・白間美瑠・矢倉楓子・薮下柊・吉田朱里
    Type-C 裏 「難波鉄砲隊其之伍」メンバー8名
    劇場盤 表 山本彩・渡辺美優紀
    劇場盤 裏 「高嶺の林檎」選抜メンバー16名

    チャート成績編集

    「高嶺の林檎」のシングルCDは、2014年4月7日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。同チャートにおけるNMB48のシングルの1位獲得は「ヴァージニティー」から5作連続・通算8作目となった。初動売上は約40万7000枚となり、前作「カモネギックス」の約37万5000枚を上回った[2]

    ミュージックビデオ編集

    撮影場所は下表の通り。

    「高嶺の林檎」 西郷山公園、西郷橋、日本ウェルネス高校中野キャンパス、囲桃園跨線橋、武蔵小山商店街PALM
    「プロムの恋人」 山下埠頭(第一鈴江、日産自動車本牧専用埠頭、三菱重工横浜製作所本牧工場
    「水切り」 上毛電気鉄道上毛線西桐生駅、大胡列車区、700形車両内、デハ101車両内)
    「山へ行こう」 横浜大さん橋(大さん橋ホール、屋上広場、野外イベント広場、東南側の通路)

    メディアでの使用編集

    「高嶺の林檎」には以下のタイアップが付いている。

    カバー編集

    「高嶺の林檎」は"Apel yang ada di Puncak – Takane no Ringo"のタイトルでJKT48カバーされており、2015年3月発売の9thシングル"Pareo adalah Emerald – Pareo wa emerald"にも収録されている[3]

    シングル収録トラック編集

    Type-A編集

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「高嶺の林檎」秋元康田中俊亮武藤星児
    2.「一週間、全部が月曜日ならいいのに…」秋元康高見沢俊彦生田真心
    3.「プロムの恋人」(白組)秋元康小澤正澄若田部誠
    4.「高嶺の林檎 off vocal ver.    
    5.「一週間、全部が月曜日ならいいのに… off vocal ver.」    
    6.「プロムの恋人 off vocal ver.」    
    合計時間:
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「高嶺の林檎(ミュージックビデオ)」  
    2.「高嶺の林檎(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」  
    3.「プロムの恋人(ミュージックビデオ)」  
    4.「特典映像 「おしゃべり組」(前編)」  

    Type-B編集

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「高嶺の林檎」秋元康田中俊亮武藤星児 
    2.「一週間、全部が月曜日ならいいのに…」秋元康高見沢俊彦生田真心 
    3.「水切り」(紅組)秋元康大神良康野中“まさ”雄一
    4.「高嶺の林檎 off vocal ver.」    
    5.「一週間、全部が月曜日ならいいのに… off vocal ver.」    
    6.「水切り off vocal ver.」    
    合計時間:
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「高嶺の林檎(ミュージックビデオ)」  
    2.「高嶺の林檎(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」  
    3.「水切り(ミュージックビデオ)」  
    4.「特典映像 「おしゃべり組」(後編)」  

    Type-C編集

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「高嶺の林檎」秋元康田中俊亮武藤星児 
    2.「一週間、全部が月曜日ならいいのに…」秋元康高見沢俊彦生田真心 
    3.「山へ行こう」(難波鉄砲隊其之伍)秋元康chalaza野中“まさ”雄一
    4.「高嶺の林檎 off vocal ver.」    
    5.「一週間、全部が月曜日ならいいのに… off vocal ver.」    
    6.「山へ行こう off vocal ver.」    
    合計時間:
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「高嶺の林檎(ミュージックビデオ)」  
    2.「高嶺の林檎(ミュージックビデオ ダンシングバージョン)」  
    3.「山へ行こう(ミュージックビデオ)」  
    4.「NMB48 feat.吉本新喜劇 Vol.8」  

    劇場盤編集

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「高嶺の林檎」秋元康田中俊亮武藤星児 
    2.「プロムの恋人」(白組)秋元康小澤正澄若田部誠 
    3.「水切り」(紅組)秋元康大神良康野中“まさ”雄一 
    4.「傘はいらない」秋元康入江徹野中“まさ”雄一
    5.「高嶺の林檎 off vocal ver.」    
    6.「プロムの恋人 off vocal ver.」    
    7.「水切り off vocal ver.」    
    8.「傘はいらない off vocal ver.」    

    選抜メンバー編集

    脚注編集

    [ヘルプ]

    注釈編集

    1. ^ 小澤はAKB48では、「3つの涙」、「いつか見た海の底」、「ボーイハントの方法 教えます」の作曲を、SKE48では、「アイシテラブル!」、「その先に君がいた」、「2人だけのパレード」の作曲を手がけている。ただし、NMB48のメンバーが小澤の作曲した楽曲にまったく関わっていないというわけではなく、「いつか見た海の底」には城恵理子・山田菜々・渡辺美優紀、「ボーイハントの方法 教えます」には矢倉楓子が参加している。

    出典編集

    1. ^ ゴールド等認定作品一覧 2014年3月”. RIAJ. 2014年4月10日閲覧。
    2. ^ “【オリコン】NMB48、5作連続1位 前作超え初週40.7万枚”. ORICON STYLE. (2014年4月1日). http://www.oricon.co.jp/news/2035857/full/ 2014年4月1日閲覧。 
    3. ^ Pareo adalah Emerald – Pareo is your Emerald / Pareo wa Emerald CD Line up紹介」JKT48公式サイト(日本語版)、2015年4月3日閲覧

    参考文献編集

    • NMB48『高嶺の林檎』laugh out loud records、2014年3月26日、Type-A。ASIN B00I3DGZ3W
    • NMB48『高嶺の林檎』laugh out loud records、2014年3月26日、Type-B。ASIN B00I3DH9LE
    • NMB48『高嶺の林檎』laugh out loud records、2014年3月26日、Type-C。ASIN B00I3DHGBC
    • NMB48『高嶺の林檎』laugh out loud records、2014年3月26日、劇場盤。

    外部リンク編集