メインメニューを開く

テクノネット大阪(テクノネットおおさか、Technonet OSAKA)は、大阪府大阪市にあるサッカークラブチームである。

テクノネット大阪
原語表記 テクノネット大阪
呼称 テクノネット大阪
愛称 テクノネット
クラブカラー     
     オレンジ
創設年 1997年
所属リーグ 大阪府社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン 大阪府大阪市
代表者 日本の旗 渡邊勲
監督 日本の旗 米田俊二
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

概要編集

1997年に、大阪市のジュニアサッカークラブ「FC鴫野」のトップチームとしてテクノネット大阪FCを結成、JFLを目指す。クラブ名はオフィシャルスポンサーの有限会社セントラル・テクノネットから。

2006年東大阪市へホームタウンを移し、東大阪市を中心にJリーグ入りを目指してFCディスポルト大阪への改称を発表、近鉄花園ラグビー場(現・東大阪市花園ラグビー場)での活動を目指したものの、自治体の協力を得られずこれを撤回[注釈 1]、そしてホームタウンを柏原市へ移してFCグラスポkashiwaraへ改称[注釈 2]柏原市など大阪東部を拠点として再びJリーグ入りを目指すとした。

しかし2009年、今度は堺市へホームタウンを移転してFC堺へ改称、「NPO法人堺スポーツクラブ」を設立して総合型スポーツクラブを目指す。堺市は、政令指定都市に移行(大阪府で2番目)、またサッカーナショナルトレーニングセンターの建設が進むなどスポーツに力を入れたい考えており、クラブと利害が一致したことによるものだった。ところが同年12月21日、4回目のホームタウンの移転とクラブ名改称を発表する。今度はクラブ創設の地である大阪市に移転、テクノネット大阪として再出発することを発表した[注釈 3]。なおNPO法人堺スポーツクラブは存続し、スポーツイベントなどを行うNPO法人として今日まで活動を行っている。

リーグ戦では、2002年から2004年にかけて大阪府社会人サッカーリーグ1部で3連覇し、2004年の関西リーグ2部創設に伴い関西リーグ2部に参加、2006年に関西リーグ2部にて優勝し、初めて関西リーグ1部に昇格するも1年で2部へ降格、2010年には関西リーグ2部で最下位となり、来季の大阪府リーグ1部降格が決定、以来、大阪府リーグ1部にとどまっている。

戦績編集

リーグ戦編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 監督 クラブ名
2002 大阪府1部Bブロック 2位 14 7 4 2 1 19 9 10 テクノネット大阪FC
2003 大阪府1部 優勝 34 14 11 1 2 38 17 21
2004 優勝 18 7 6 0 1 20 5 15
2005 関西2部 4位 26 14 8 2 4 35 23 12 渡邊勲
2006 優勝 35 14 11 2 1 30 13 17 FCディスポルト大阪→FCグラスポkashiwara[注釈 4]
2007 関西1部 8位 2 14 0 2 12 12 44 -32 FCグラスポkashiwara
2008 関西2部 5位 21 14 7 0 7 31 28 3
2009 4位 23 14 6 5 3 27 18 9 浅岡朝泰 FC堺
2010 8位 8 14 2 2 10 16 38 -22 米田俊二 テクノネット大阪
2011 大阪府1部 4位 27 15 8 3 4 36 28 8
2012 3位 30 15 9 3 3 40 23 17
2013 7位 24 15 7 3 5 43 31 12
2014 8位 22 15 7 1 7 43 39 27
2015 6位 31 15 10 1 4 43 28 15
2016 2位 29 15 9 2 4 37 28 9
2017 3位 33 15 11 0 4 47 24 23
2018 9位 20 15 6 7 2 23 28 -5

所属選手・スタッフ編集

2018年

スタッフ編集

役職 名前 前職 備考
監督   米田俊二   テクノネット大阪 選手 選手兼監督
2016年に現役復帰
コーチ   萩原淳志   テクノネット大阪 選手
GKコーチ   斎藤裕成   テクノネット大阪 選手
主務   籔内正浩   豊中FC 選手 選手兼主務

選手編集

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 31   汐待貴祥   ラスタクラブ
DF 2   福田征斗 桜宮高校
3   松永健太 清水谷高校
13   高邊佳宏   FC京都BAMB1993
15   矢野昭夫   東大阪FC
20   奈須伸也   東大阪FC
28   大西徹平   W2S Waywarders
MF 5   白川皓士   岸和田クラブ
7   三井将裕   ホクセツジュエFC
10   籔内正浩   豊中FC 選手兼主務
14   楠田紘士   FC堺
18   山本大貴 阪南大学
19   川端英揮   FC TIAMO
27   芝田慎吾   ホクセツFC
36   花井慎吾   高槻SC
90   富川圭   高槻SC
FW 9   濱村浩二   東大阪FC
11   米田俊二   テクノネット大阪 選手兼監督
22   中川祐一   FC TIAMO

ユニフォーム編集

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 水色 水色
FP(2nd) オレンジ
GK(1st)
GK(2nd)
 
 
 
 
FP 1st
 
 
 
 
FP 2nd
 
 
 
 
GK 1st
 
 
 
 
GK 2nd

クラブカラー編集

  •      青、     オレンジ

ユニフォームスポンサー編集

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
ワタナベコーヒー Watanabe coffee 2013年 -
鎖骨 なし - -
背中上部 柔之道整骨院 柔之道整骨院
背中下部 なし - -
なし - -
パンツ なし - -

ユニフォームサプライヤー編集

歴代ユニフォームスポンサー年表編集

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2013 Watanabe coffee - 柔之道整骨院 - - CTN
CENTRAL TECHNONET(上)
かちむしはり・きゅう整骨院(下)
GAViC
2014
2015
2016 ElesAs
2017
2018 - LeeaD
2019

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ その後、東大阪市残留組が新たにFCディスポルト大阪を創設、後に東大阪市のアンダー世代対象のサッカークラブ「FCB2」と合併、2011年FCB2ディスポルト大阪に改称してJリーグ入りを目指している。
  2. ^ 「グラスポ」とは、柏原市の名産品「河内ぶどう」から、同市と姉妹都市提携を結んでいるイタリアグロッセートの常用語イタリア語で「ブドウの房」を意味する「グラスポ(graspo)」に由来し、1つのぶどうの「粒」が集約してぶどうの「房」となる様を、サッカー選手一人一人が力を合わせてチームを形成する様に見立て、「結束力」を表現している。また、英語で「剣闘士」を意味する「グラディエーター(gladiator)」と「スポーツ(sports)」を掛け合わせ「スポーツを制し闘う者」という意味を込めた造語でもある(所謂、ダブル・ミーニング[1]
  3. ^ 「テクノネット」とは「テクニック(technic)」と「ネット(net)」を組み合わせた造語で、様々なテクニック(技術)いわば個性を集約するネット(網)、即ち「集団組織」を意味する造語[2]
  4. ^ この年は「テクノネット大阪FC」としてリーグに参戦した。

脚注編集

  1. ^ チームプロフィール”. FCグラスポkasiwara. 2010年3月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月11日閲覧。
  2. ^ TEAM”. テクノネット大阪. 2010年3月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年9月11日閲覧。

外部リンク編集