ミズノ

日本の総合スポーツ用品メーカー

ミズノ株式会社(登記上の商号: 美津濃株式会社[3]: Mizuno Corporation[3])は、大阪府大阪市住之江区南港北に本社を置く、日本の大手総合スポーツ用品メーカー。

美津濃株式会社
Mizuno Corporation
MIZUNO logo.svg
Mizuno Crista 20161217-001.jpg
大阪本社(ミズノクリスタビル)
種類 株式会社
機関設計 監査等委員会設置会社
市場情報
東証1部 8022
1962年12月1日上場
略称 ミズノ、Mizuno
本社所在地 日本の旗 日本
大阪本社 559-8510
大阪府大阪市住之江区南港北一丁目12番35号
東京本社 101-8477
東京都千代田区神田小川町三丁目22番地
本店所在地 541-8538
大阪府大阪市中央区北浜四丁目1番23号
北緯34度41分32.0秒 東経130度30分1.5秒 / 北緯34.692222度 東経130.500417度 / 34.692222; 130.500417
設立 1906年明治39年)4月1日
(美津濃運動用品株式会社)
業種 その他製品
法人番号 4120001077559 ウィキデータを編集
事業内容 スポーツ用品の製造販売・卸売・販売・および各種スケール事業
代表者 代表取締役社長 水野明人
代表取締役専務執行役員 加藤昌治
資本金 261億3700万円
(2021年3月31日現在)[1]
発行済株式総数 2657万8243株
(2021年3月31日現在)[1]
売上高 連結: 1504億1900万円
単独: 1071億3900万円
(2021年3月期)[1]
営業利益 連結: 38億0600万円
単独: 15億7600万円
(2021年3月期)[1]
経常利益 連結: 60億2800万円
単独: 43億5400万円
(2021年3月期)[1]
純利益 連結: 38億1800万円
単独: 28億3200万円
(2021年3月期)[1]
純資産 連結: 1041億7400万円
単独: 816億6900万円
(2021年3月31日現在)[1]
総資産 連結: 1571億3700万円
単独: 1268億0700万円
(2021年3月31日現在)[1]
従業員数 連結: 3,855(1,641)人
単独: 1,743(389)人
(2021年3月31日現在)[1][2]
決算期 3月31日
会計監査人 EY新日本有限責任監査法人[1]
主要株主 公益財団法人ミズノスポーツ振興財団 17.01%
株式会社日本カストディ銀行(信託口) 8.68%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5.59%
株式会社三井住友銀行 3.64%
日本生命保険相互会社 2.67%
NORTHERN TRUST CO(AVFC)RE SILCHESTER NTERNATIONAL INVESTORS INTERNATIONAL VALUE EQUITY TRUST 2.65%
美津濃従業員持株会 2.64%
STATE STREET BANK AND TRUST COMPANY 2.41%
J.P. MORGAN CHASE BANK 1.86%
THE BANK OF NEW YORK MELLON 1.73%
(自己保有株式を除く)
(2021年3月31日現在)[1]
主要子会社 関連会社参照
関係する人物 水野利八(創業者)
水野健次郎
水野正人(元代表取締役会長)
外部リンク https://corp.mizuno.com/jp/
テンプレートを表示
ミズノ東京本社(東京都千代田区

同社の経営理念は「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する。」。コーポレート・メッセージは「THE WORLD OF SPORTS」「明日は、きっと、できる。」「REACH BEYOND」。

概要編集

創業は1906年(明治39年)4月1日で、長年にわたってスポーツ振興に力を注ぎ、小さなスポーツ大会からオリンピックをはじめとするさまざまな国際大会にいたるまで幅広く協力。世界屈指の総合スポーツ用品メーカーとして、国内外から高い評価を受けている。同じ大阪府に本社を置くデサントゼットエスエスケイザナックスヒットユニオン兵庫県神戸市に本社を置くアシックスと並ぶ関西のスポーツ用品メーカーの一つ。

美津濃とは、自身の苗字「水野」ではふさわしくないと考えた創業者水野利八が、故郷の旧名(美濃)の間に(実家が木材問屋)を当て、会社に人材が集まり、店が発展した時、子孫以外の人材に立派な才能を持った人が現れるように願いを込めたものである。漢字では「美津濃」と書くが、カタカナ表記では「ミノ」とならずに「ミノ」となっている。1987年昭和62年)、社名表記が漢字の「美津濃」からカタカナの「ミズノ」に統一化されている。

幅広い種目のスポーツ用品・ウェアを手掛けており[注釈 1]、中でも野球に関してはイチロー松井秀喜の二大看板を筆頭にプロ・アドバイザリースタッフが多数存在し、グラブスパイクシューズ、バット、バッティンググラブなどの多くの野球用品において圧倒的なシェアを保っている。2011年平成23年)シーズンからはプロ野球全球団の 統一仕様球 を供給する事となった。また、軟式野球ソフトボールでは2002年(平成14年)にバット「ビヨンドマックス」を発売。ボールがミートする部分にやわらかい材質がついていて、当たった時にボールが潰れないようにして飛距離を得ることができると評判になり、大ヒット商品になった。

サッカーでは、アディダスプーマの後塵を拝する形であるが、同社のスパイクシューズ「モレリアII」シリーズはJリーグの選手でも愛用者が多い。参入初期には水島武蔵カレッカらに愛用された。1993年(平成5年)のJリーグ発足時にはリーグ全チームのリーグ戦用ユニフォームがミズノ製であった[注釈 2]。またリバウドが若い頃から愛用していたこともあり、全盛期には彼の足を科学測定したシューズを作りそれを一般販売するなど広告塔としていた。2021年(令和3年)時点では、北海道コンサドーレ札幌[4]ヴァンフォーレ甲府[5]名古屋グランパス[6]徳島ヴォルティス[7]愛媛FC[8] の5チームがミズノ製ユニフォームを採用している。

1965年(昭和40年)に、水着では国際的な知名度を有する英国のメーカー、SPEEDO社とライセンス契約を結び、日本における同社ブランド製品の製造・販売のみならず、SPEEDOブランドグループ全体における最先端技術の開発の役割も担ってきた。しかし、2006年(平成18年)、4月1日に創業100周年を迎えたのを機に、『全商品のブランドを“MIZUNO”に統一する』方針を決定。これに基づき、まだ期間が残っていたライセンス契約を2007年(平成19年)5月31日付で打ち切り、以後は自社ブランドの水着を製造・販売することとなった。なお、ライセンス契約については、三井物産に事実上譲渡(三井物産が改めてSPEEDO社と契約)し、契約切れ後直ちに商品展開。三井物産は商品製造をゴールドウインに委託して日本国内での展開を行っている。

2011年1月17日には関西大学との間で、向こう1年間にわたり、教育・研究・文化の振興、人材育成、スポーツ振興、社会貢献などに関わる連携協定が締結された。この協定に基づき、同学の野球部アメリカンフットボール部サッカー部、アイススケート部、アイスホッケー部、陸上競技部の6つの体育会各部に対し、同学体育会の統一名称でもある「カイザー」(ドイツ語で「皇帝」の意)を基調としたデザインのユニフォームが供給されることになった。

第二次世界大戦前・中にはグライダーを自社にて開発・製造しており、1941年には同社の301型「ソアラー」が当時の滞空日本記録となる滞空時間10時間33分30秒(高度3600m)を記録[9][10]島本真の項も参照のこと)。また軍用グライダーの開発も手がけており、代表的な機体に一式標的機などがある。

沿革編集

  • 1906年明治39年)4月1日 大阪市北区で水野兄弟商店として洋品雑貨及び運動服の製造販売業を創業。
  • 1923年大正12年)7月19日 美津濃運動用品株式会社を設立。
  • 1942年昭和17年)1月 商号を美津濃株式会社に変更。
  • 1961年(昭和36年)10月 大阪証券取引所第2部上場。
  • 1962年(昭和37年)12月 東京証券取引所第2部に上場。
  • 1970年(昭和45年)9月 財団法人水野スポーツ振興会を設立(現在の名称はミズノスポーツ振興会)。
  • 1972年(昭和47年)7月 東証第1部、大証第1部に指定替え。
  • 1977年(昭和52年)2月 財団法人水野国際スポーツ交流財団を設立(現在の名称はミズノ国際スポーツ交流財団)。
  • 1981年(昭和56年)9月 ミズノランバード株式会社を設立。
  • 1988年(昭和63年)2月 名古屋証券取引所第1部に上場(2003年4月に名証での上場廃止)。
  • 2008年平成20年)2月 時間外労働の賃金を支払っていなかったとして、大阪南労働基準監督署から是正勧告を受けたと発表[11]。その後の調査で、残業代の不払いが18億6,000万円に達することが明らかとなり、水野明人社長ら役員の報酬を減額[12]
  • 2018年(平成30年)12月 スポーツ振興などで大阪府寝屋川市[13]、働き方改革などで大阪府と[14] それぞれ連携する協定締結。

商標の変遷編集

  • 1906年(明治39年)・水野兄弟商会の創業時
    • 紋所の井ゲタの中心に、「日本一になる」という願いを込め「日」の一文字を入れた「イズ日印」を制定した。
  • 1923年(大正12年)・美津濃運動用品の設立時
    • 創業時に制定した「イズ日印」をアレンジし、井ゲタの中心に図案化した「日」の字を入れ、井ゲタの外周を「TRADE MARK MIZUNO CO.,LTD.」のロゴで囲った。
    • また同時期、優勝カップを模った「VICTORYカップ印」も商標として使用していた。当時の広告では「弊社製品は、運道具にカップ印、運動服装にイヅヒ印商標を付して絶対優良を期し、もってその責任を明らかにす」と銘打っていた。
  • 1952年(昭和27年)・英字ロゴ
    • 創業者の水野利八、二代目の水野健次郎のイニシャルを配した「R.K.Mizuno」。
  • 1950年代後半のロゴ
    • 漢字表記による「美津濃」のロゴを採用。のちに「美津濃スポーツ」のロゴも作成された。
    • 1959年(昭和34年)に「VICTORYカップ印」をモデルチェンジした。様々なアイテムに付けられた他、上述の「美津濃」のロゴと併せて店頭ポスターやテレビCM、広告でも幅広く使用された。
  • 1969年(昭和44年)・英字ロゴ
    • ブロック体で図案化した「MIZUNO」。漢字ロゴ・カップ印と共に使用された。
  • 1980年(昭和55年)・CI導入
  • 1983年(昭和58年)・ランバードライン
    • それまで「Mライン」で親しまれていたスポーツシューズのラインマークを一新し、宇宙の惑星軌道をモチーフにスポーツの躍動感や広がりを表現した「ランバードライン」が登場した。
  • 1997年(平成9年)・ミズノランバード
    • 従来のワードマーク「MIZUNO」と「ランバードライン」を組み合わせた「ミズノランバード」を、陸上競技用品とサッカー用品に先行採用。1999年(平成11年)に各カテゴリーに順次拡充して本格採用された。ただし、野球用品・ゴルフ用品等は引き続き「Mマーク」を使用し、2つのブランドマークが並存していたが、創業100周年を機に開始した「新100年ブランド戦略」の一環として、野球・ゴルフについても2006年秋から2007年春にかけて「ミズノランバード」に統一化された。なお野球用品に関しては、2013年以降「MIZUNO」ロゴを廃して「ランバード」のみとすることを発表している[15]

本社ビル編集

 
旧本社ビル(後のミズノ淀屋橋店)(大阪市中央区

ミズノクリスタ編集

大阪本社ビルは大阪市住之江区にあり、「ミズノクリスタ」の名称をもつ。ミズノクリスタの1階ロビーには、契約選手のパネルや使用している用具、各種スポーツのシューズなどが展示されている[16]

旧本社ビル編集

旧本社ビルは大阪市中央区にあり、創業者の水野利八の決断で1927年に完成した、鉄筋コンクリート8階建ての建物である[17]。建設時には当時珍しかった懸垂幕による広告や、大食堂の「ライスカレー」が有名だった[17]。1992年に本社を住之江区に移転し、旧本社ビルには直営店(ミズノ淀屋橋店)が置かれた[17]

しかし、地下鉄淀屋橋駅周辺の再開発により旧本社ビルは解体されることになり、直営店のミズノ淀屋橋店を2021年6月30日に閉店することとなった[17]。跡地には、2025年に地上28階建ての高層ビルが完成する予定で[17]、同ビル内に直営店を再出店する予定である[18]

関連会社編集

連結子会社

保有するクラブチーム編集

ミズノは自らもクラブチームを有する。その最大の目的は、商品開発に欠かせない各種データを収集することである。陸上競技だけだったが、2007年(平成19年)、水泳用品も自社展開することになり水泳部も発足させた。

MTC(ミズノトラッククラブ)[19]編集

ミズノ社の正式な陸上部である。

主要所属選手(2019年
主なOB/OG

チームミズノアスレティック編集

ミズノがサポートを行っている陸上競技選手の集まりであり、前述のMTCと異なり所属者はミズノ社員ではない。松下祐樹や中村太地など、このチームに参加していた選手がMTCに所属するようになることもある。

主要参加メンバー(2018年)
主なOB/OG

ミズノスイムチーム[20]編集

2007年(平成19年)6月の水泳用品自社展開開始に合わせて発足したミズノの正式な水泳部。他にも多くの 外部契約選手 を擁する。

主要所属選手
主なOB/OG
  • 寺川綾(発足時唯一の女子部員。ただし辞めたのは「競技活動」のみで、コーチとして籍を残し社業含み活動中)
  • 星奈津美(アシスタントコーチとして引き続き籍を残す)
  • 種田恵(2009年4月入社、引退後もしばらく社業に携わり退社)

チームサプライ契約編集

協賛イベント編集

CM編集

テレビ番組への提供においては、在阪テレビ局関西テレビ放送と強固な関係を持ち、1976年4月放送開始の『キングズゴルフ』から20年以上に渡り、フジテレビ系列の土曜23時台前半に一社提供枠を持っていた。特に『クイズDEデート』や『新・パンチDEデート』、『ねるとん紅鯨団』、『とんねるずのハンマープライス』といった視聴者参加型番組がこの枠からヒットした(特に『ねるとん紅鯨団』と『とんねるずのハンマープライス』、後番組『JAPAN BOYS』の司会をしていたとんねるずは、この枠で11年半にわたって出演するとともに、ミズノのCM[注釈 4] にも出演していたことがある。 エンディングの提供読みは、ミズノのCMサウンドロゴを用いる斬新なスタイルとなっていた。とんねるずが司会を降板した1999年春以降も、同枠はスポーツバラエティ番組を制作・放送していたが、『福山エンヂニヤリング』放映中の2002年(平成14年)3月末を最後に、一社提供を帝人に譲ってスポンサーから降板した。

そのほか、スポーツを題材にしたテレビアニメでは番組提供だけでなく、2015年の『ダイヤのA』(テレビ東京系列)では制作協力、2018年の『はねバド!』(BS11AT-Xほか)では取材協力・協賛として参加している。また、スポーツ中継などで契約アスリートが出演するCMを流すことがある。

スポンサー番組編集

関西テレビ 大阪本社制作(フジテレビ系)
関西テレビ 東京支社制作(フジテレビ系)
その他(過去も含む)

CM出演者編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ただし武道では柔道衣のみを扱っている。過去に剣道防具竹刀、剣道衣・袴などを取り扱っていたこともあるが、全日本剣道連盟と意見の相違があったことや、利益がとれなかったこともあり、途中で撤退している。
  2. ^ プレシーズンマッチヤマザキナビスコカップなどでは各チームが契約していたメーカーのユニフォームを使用。
  3. ^ ビジター用はデサント
  4. ^ とんねるずの2人は、ミズノから発売されているスポーツシューズ「ランバード」のCMに出演していた。なお、キャッチフレーズは「俺の顔に免じて、履いてみたらどうだ?」や「悪いことは言わん、買いなさい」といったものがある。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k 美津濃株式会社 (2021-06-23). 第108期(2020年4月1日 - 2021年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  2. ^ 従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除いている。)であり、臨時従業員数は( )内に当連結会計年度の平均人員を外数で記載している。
  3. ^ a b 美津濃株式会社 定款 第1章第1条
  4. ^ 「ミズノ株式会社」様 2021シーズンオフィシャルトップサプライヤー新規決定のお知らせ”. 北海道コンサドーレ札幌. 2020年2月1日閲覧。
  5. ^ 2021年ユニフォームサプライヤー・デザイン決定のお知らせ”. ヴァンフォーレ甲府. 2021年1月28日閲覧。
  6. ^ 名古屋グランパス、2021新ユニフォームを発表!デザインは「輝く陽の光」”. Qoly. 2021年1月28日閲覧。
  7. ^ 2021シーズン ユニフォームデザイン決定!”. 徳島ヴォルティス. 2021年1月28日閲覧。
  8. ^ 愛媛FC 2021ユニフォーム・ユニフォームスポンサー 決定のお知らせ”. 愛媛FC. 2021年1月28日閲覧。
  9. ^ 17.美津濃式301型 - 滑空史保存協会
  10. ^ 歴史 - ミズノ
  11. ^ [1][リンク切れ]
  12. ^ [2][リンク切れ]
  13. ^ 「ミズノ・寝屋川市が協定 スポーツ振興など5項目」日刊工業新聞』2018年12月11日(建設・エネルギー・生活面)2019年4月7日閲覧。
  14. ^ 「ミズノと大阪府、働き方改革などで包括連携協定」『日刊工業新聞』2018年12月13日(地域経済面)2019年4月7日閲覧。
  15. ^ 野球品ロゴに<ランバード>使用 / ミズノグラブの歩み - 公式サイト、2012年6月14日
  16. ^ ミズノのシューズの歴史と、それを支えてきたテクノロジー ゴルフダイジェスト、2021年5月20日閲覧。
  17. ^ a b c d e ミズノ、旧本社ビル解体へ 再開発で94年の歴史に幕 東京新聞、2021年5月20日閲覧。
  18. ^ 「ミズノ淀屋橋店」が営業終了へ、1927年に社屋として建設 Fashionsnap.com、2021年6月6日閲覧。
  19. ^ 選手情報|陸上競技”. ミズノ. 2019年6月9日閲覧。
  20. ^ Corporation, Mizuno「選手情報│スイム│ミズノ」『』。2018年8月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集