テクメーッサ古希: Τέκμησσα, Tekmēssa, : Tecmessa)は、ギリシア神話の女性である。主に、

の2人が知られている。以下に説明する。

テレウタスの娘編集

このテクメーッサは、プリュギアの王テレウタスの娘[1][2]大アイアースとの間にエウリュサケース[3][4][5][6]ピライオスを生んだ[7][5]

ソポクレース悲劇アイアース』においてテクメーッサのことを、戦争で囚われの身となり、気性の激しい大アイアースの伽をつとめ、寵愛を受けていると歌っている[8]古代ローマの詩人ホラティウスも抒情詩集『カルミナ』の中で、大アイアースは美しいテクメーッサを大切にしたと歌っている[9]。大アイアースの気が狂ったとき、テクメーッサは大アイアースの自殺を思いとどまらせることが出来なかった。彼女は大アイアースの死体を見つけた最初の人物の1人である。大アイアースの死後、テクメーッサがどうなったかは明らかではない。

アマゾーンの1人編集

このテクメーッサは、アマゾーンの女性である。ヘーラクレースがアマゾーンの女王ヒッポリュテーの腰帯を奪いにやって来た際に、ヘーラクレースに抵抗して殺された女戦士の1人[10]

脚注編集

  1. ^ ソポクレース『アイアース』210行。
  2. ^ ソポクレース『アイアース』331行。
  3. ^ ソポクレース『アイアース』。
  4. ^ ピロストラトス『ヘーロイコス』。
  5. ^ a b プルタルコス「ソロン伝」10。
  6. ^ クレータのディクテュス、5巻16。
  7. ^ ヘーロドトス、6巻35。
  8. ^ ソポクレース『アイアース』211行-212行。
  9. ^ ホラティウス『カルミナ』2巻4。
  10. ^ シケリアのディオドロス、4巻16・3。

参考文献編集