メインメニューを開く

ディメンション・ゼロ (バンド)

ディメンション・ゼロDIMENSION ZERO) は、スウェーデンメロディックデスメタルバンドである。

ディメンション・ゼロ
Dimension Zero
別名 Agent Orange (1995)
出身地  スウェーデン
イェーテボリ・ブーヒュース県
イェーテボリ
ジャンル メロディックデスメタル
デスラッシュ
活動期間 1995年 - 1998年
2000年 - 2008年
2014年 -
レーベル WARミュージック
リゲイン・レコード
ヴィック・レコード
トイズファクトリー
公式サイト www.dimensionzero.se
メンバー アンディ・ソルヴェストローム (ボーカル)
イェスパー・ストロムブラード (ギターベース)
ハンス・ニルソン (ドラム)
旧メンバー ヨアキム・ゴスベリ (ボーカル)
グレン・ユングストローム (ギター)
フレドリック・ヨハンソン (ギター)
ダニエル・アントンソン (ギター・ベース)

当時イン・フレイムスに在籍していた、グレン・ユングストロームの書く曲がアグレッシブ過ぎてイン・フレイムスに合わなくなっていったため、それらの曲を生かすサイド・プロジェクトとして1996年にイェスパー・ストロムブラードとグレン・ユングストロームを中心に結成され、まもなく元マーダックのヨアキム・ゴスベリと、「クリスタル・エイジ」や「ルシフェリオン」で活動していたハンス・ニルソンが加入した。

結成当初は、エージェント・オレンジ(AGENT ORANGE)と名乗っていたが、同名バンドの存在を知りディメンション・ゼロに改名した(エージェント・オレンジとはベトナム戦争アメリカ軍が空中散布した枯葉剤のニックネームであるが、直接の名前の由来はソドムが1989年にリリースした3rdアルバム『Agent Orange』からだと思われる)。

初期イン・フレイムスをさらにアグレッシブにしブラスト・ビートを織り交ぜた、メロディックデスメタルというよりデスラッシュに近いサウンドである。基本的にアグレッシブなデスラッシュサウンドであるが、所々でイン・フレイムスを彷彿させるようなメロディが効果的に配置されている。曲をコンパクトでタイトにまとめるという意向から、ギターソロが殆どないのも特徴の一つである(ちなみにボーカルのヨキアムはギターソロが嫌いである)。

略歴編集

1997年フレドリック・ノルドストロームをプロデューサーに迎えて制作されたデビュー・ミニアルバム『Penetrations Of The Lost World』をリリースする。

2001年11月イン・フレイムスアンダース・フリーデンのプロデュースによる1stアルバム『Silent Night Fever』をリリースした。2002年、ギタリストのダニエル・アントンソンが加入し、イェスパー・ストロムブラードがギターとベースの掛け持ちからベースに専念することになる。5月には「EXTREME THE DOJO vol.3」で来日し、ソドムダイイング・フィータスと共演した。しかし、個々のミュージシャンの力量は素晴らしいものの、サイド・プロジェクト故か、バンドとしてのライブ経験がなく、この日本公演がディメンション・ゼロとしての初ライブであり、ライブ・パフォーマンスはいまいちであった。

2003年2月、再びアンダース・フリーデンをプロデュース迎えアルバムのレコーディングを行う。同年8月、スウェーデンの「2000 Decibel Festival」、8月にはドイツの「Party-san Open Air Festival」に出演するが、その後グレン・ユングストロームが脱退してしまう。11月に2ndアルバム『This is Hell』をリリース。またアルバムの発売に合わせミニアルバム『Penetrations Of The Lost World』が初来日公演のライブトラックを追加して再リリースされた。

2004年3月、に2度目の来日公演を行った。2005年、グレン・ユングストロームが再加入したが、グレンは同年中に脱退してしまった。2006年、3rdアルバムのレコーディングに入り、翌2007年に、3rdアルバム『He Who Shall Not Bleed』をリリースした。同アルバムでは、イェスパー・ストロムブラードとダニエル・アントンソンの両名がギターとベースを担当した。この後は、目立った活動を行っておらず、活動休止もしくは解散状態だった。

2014年5月、活動を再開して翌年のイェーテボリ・サウンド・フェスティヴァル (Gothenburg Sound Festival)に出演することが発表された[1]

2016年に、ヨアキム・ゴスベリとダニエル・アントンソンの脱退および元アマランスのアンディ・ソルヴェストロームの加入が発表された[2]

メンバー編集

現在のメンバー編集

過去のメンバー編集

  • ヨアキム・ゴスベリ (Joakim Göthberg) - ボーカル (1995-1998, 2000-2008, 2014-2016)
    マーダックに在籍していた当初はドラムを担当していた。
    また、イン・フレイムスの2nd『The Jaster Race』の日本盤に収録されているデモ曲「Dead Eternity」、「The Inborn Lifeless」、『Subterranean』の「Stand Ablaze」でヴォーカルを務めている。
  • グレン・ユングストローム (Glenn Ljungström) - ギター (1995-1998, 2000-2003, 2005)
    イン・フレイムス在籍中にイェスパー・ストロムブラードと共にデメンション・ゼロを結成した。現在は、ザ・レジスタンスで活動中。
  • フレドリック・ヨハンソン (Fredrik Johansson) - ギター (1995-1998)
    ダーク・トランキュリティに在籍していたフレドリック・ヨハンソンとは別人である。IN FLAMESの2nd "THE JESTER RACE" に収録されている "December Flower" でもギター・ソロを弾いている。
  • ダニエル・アントンソン (Daniel Antonsson) - ギター、ベース (2002-2008, 2014-2016)
    Pathosでの活動の他、ソイルワークのツアー・サポート・ギタリストを務めた経験がある。ソイルワークは、2007年3月に正式加入したが、2008年9月18日に脱退。その後はダーク・トランキュリティにベーシストとして加入した。

ディスコグラフィー編集

シングル・ミニアルバム編集

  • 1997年 Penetrations From The Lost World
    2003年にボーナストラックとして、2002年の来日公演のライブトラックを追加して再発された。

アルバム編集

脚注編集

  1. ^ Sweden's DIMENSION ZERO To Reunite For Next Year's GOTHENBURG SOUND FESTIVAL BLABBERMOUTH.NET 2014年5月17日閲覧。
  2. ^ Friends and fans......DIMENSION ZERO is... -”. Jesper Strömblad Official Facebook (2016年3月31日). 2016年4月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集