メインメニューを開く

ディートマー・キューバウアー

オーストリアのサッカー選手

ディートマー・キューバウアー(Dietmar Kühbauer、1971年4月4日 - )は、オーストリア出身の同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはミッドフィールダー

ディートマー・キューバウアー Football pictogram.svg
SV Mattersburg vs. FC Admira Wacker Mödling 20130526 (10).jpg
名前
ラテン文字 Dietmar Kühbauer
基本情報
国籍  オーストリア
生年月日 (1971-04-04) 1971年4月4日(48歳)
出身地 ハイリゲンクロイツ・イム・ラフニッツタール英語版
身長 173cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1992 オーストリアの旗 アドミラ・ヴァッカー 121 (7)
1992-1997 オーストリアの旗 ラピード・ウィーン 148 (33)
1997-2000 スペインの旗 レアル・ソシエダ 47 (2)
2000-2002 ドイツの旗 ヴォルフスブルク 49 (8)
2002-2008 オーストリアの旗 マッテルスブルク 181 (24)
代表歴
1992-2005 オーストリアの旗 オーストリア 55 (0)
監督歴
2008-2010 オーストリアの旗 アドミラ・ヴァッカーII
2010-2013 オーストリアの旗 アドミラ・ヴァッカー
2013-2015 オーストリアの旗 ヴォルフスベルガー
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

長年に渡りスペインドイツで活躍したMF。負けん気の強さと不屈の闘志で有名な熱血漢[要出典]

SVマッテルスブルクの育成部門出身。16歳でオーストリア・ブンデスリーガでのデビューを果たし、FCアドミラ・ヴァッカー・メードリングSKラピード・ウィーンで活躍。リーグ優勝1回、オーストリア・カップ優勝1回、UEFAカップウィナーズカップ準優勝1回などを果たした。

1997年スペインプリメーラ・ディビシオンレアル・ソシエダで移籍。ベルント・クラウス監督の下、チームの中心選手としてソシエダのワイドサッカーを支えた。中盤では厳しいチェック、そして当たり負けしないフィジカルからボールを奪回、得意のロングフィードでスピード溢れるサッカーを展開。不屈の闘志でチームに貢献するキューバウアーは「ラ・レアル」のサポーターからも愛される存在であった[要出典]

2000年にはドイツ・ブンデスリーガVfLヴォルフスブルクに移籍。優れたリーダーシップを発揮し、チームの主将に任命された。

そして2002年に古巣のSVマッテルスブルクに復帰。当時エルステリーガ(オーストリア2部)に属していたが、初年度で優勝とオーストリア・ブンデスリーガへの昇格を決める。SVマッテルスブルクのスター選手として長年活躍。2008年夏に現役引退を発表する。

日刊紙「クローネンツァイトゥング」が投票するオーストリア年間最優秀選手賞を最多となる6回受賞。たぎるような情熱とカッとなりやすい熱い性格を持ち、試合中にも幾度となく審判や相手選手、場合によってはアウェー戦でも相手チームのサポーターにまで食いついた。相手チームのサポーターに彼ほど憎まれる選手はいなかったが、味方チームにとってみれば彼以上の頼もしい存在はなかった[要出典]

獲得したタイトル編集

外部リンク編集