デジタル・リアルティ

米国のデータセンターREIT

デジタル・リアルティ: Digital Realty Trust Inc.)は、データセンターの保有・リースおよび関連サービスを行う不動産投資(REIT)・管理会社。アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコに本拠を置き、世界14カ国、210カ所以上にデータセンターを保有している[1]ニューヨーク証券取引所上場企業(NYSEDLR)。

沿革編集

2004年、サンフランシスコのプライベート・エクイティ・ファンドであるGIパートナーズが、孤立していた21のデータセンター資産を取得し一つの企業で安定した運用を行う目的で設立し[2]、11月に株式上場を行った[3]2005年アムステルダムジュネーヴの資産を取得しヨーロッパ大陸に進出、2007年3月にGIパートナーズがデジタル・リアルティの全ての株式を売却し、資本上の独立を果たした[2]2010年シンガポールの資産を買収しアジアに進出[4]2015年10月、同業のTelxを買収[5]2016年5月、同業のエクイニクスからフランクフルトなどヨーロッパの8つのデータセンターを買収[6]2017年9月、ワシントンD.C.に拠点を置く同業のDuPont Fabrosを併合[7]2018年12月、ブラジルの同業Ascentyを買収した[8]

地域別の売上としては、北米が8割以上、ヨーロッパが約1割である[1]。米国内でも特にバージニア州北部地域が2割以上の割合となる最大の売上を持ち、シカゴシリコンバレーニューヨークを合わせて売上全体の過半数に達する[1]

売上面での最大の顧客はFacebookおよびIBMであり、また競合のエクイニクスもデジタル・リアルティの主要顧客の一つとなっている[1]

MCデジタル・リアルティ編集

日本では三菱商事との合弁企業「MCデジタル・リアルティ株式会社(MC Digital Realty Inc.)」が2017年9月に設立されている(出資は50%、50%)[9]。オフィスは東京(麹町)にあり、東京都三鷹市で2棟、大阪府茨木市と同箕面市(市道をはさんだ隣接地)でそれぞれ1棟ずつデータセンターを保有[10]し、後者の大阪ではさらに追加2棟の建設を進めている。千葉県印西市では建物付きの土地を取得して取り壊しと新築工事を、さらに隣接する土地の取得手続きを2020年2月完了予定で進め、同地で合計5棟の建設計画を発表している。データセンターに関わる企画・開発・コンサルティング事業も併せて行っている。

脚注編集

  1. ^ a b c d Annual Report FY2018 (PDF)” (英語). Digital Realty Trust Inc. (2018年12月31日). 2019年11月24日閲覧。
  2. ^ a b Digital Realty” (英語). GIパートナーズ. 2019年11月24日閲覧。
  3. ^ Digital Realty Trust, Inc. Completes Initial Public Offering” (英語). GIパートナーズ (2004年11月4日). 2019年11月24日閲覧。
  4. ^ Digital Realty Buys Singapore Data Center” (英語). Data Center Knowledge (2010年11月8日). 2019年11月24日閲覧。
  5. ^ Digital Realty Closes $1.9B Telx Acquisition” (英語). Data Center Knowledge (2015年10月12日). 2019年11月24日閲覧。
  6. ^ Digital Realty Buys Eight Equinix Data Centers in Europe” (英語). Data Center Knowledge (2016年5月16日). 2019年11月24日閲覧。
  7. ^ Digital Realty acquires DuPont Fabros in $7.8B deal” (英語). Data Center Knowledge (2017年9月15日). 2019年11月24日閲覧。
  8. ^ Digital Realty Completes Acquisition Of Ascenty” (英語). PR Newswire (2018年12月20日). 2019年11月24日閲覧。
  9. ^ 企業情報”. MCデジタル・リアルティ株式会社. 2019年11月24日閲覧。
  10. ^ データセンター一覧”. 日本データセンター協会. 2019年11月24日閲覧。

外部リンク編集