メインメニューを開く
ブラックライトを当てたトニックウォーター。キニーネを含むものはこのように発光する。
また、キニーネを含まない国産のトニックウォーターも発光する。これは代替物として、キナ抽出物が含まれているため。

トニックウォーター (Tonic Water) とは、炭酸水に各種の香草類や柑橘類の果皮のエキス、及び糖分を加えて調製した清涼飲料水である。

概説編集

熱帯地方の英国植民地マラリア防止のために飲まれるようになったのが始まり。この当時のレシピにはキニーネが含まれ、独特の苦みがでるため人気があった。

かつて、医療用に用いられていたトニックウォーターには多量のキニーネが使用されていたが、現在では微量のキニーネと香料を使用した製品が大半である。 アメリカでは食品医薬品局(FDA)により、キニーネの使用量は83ppm以下とし、かつ製品にはキニーネの含有を明示するよう規制されている。 日本ではキニーネを含有するキナ抽出物が食品添加物既存添加物)として認められていて使用量にも規制はない。しかし、コスト上の理由により、日本で流通しているトニックウォーターには一部の輸入品を除き、キニーネは使用されておらず、香料を代用している。 なお、キニーネを原因とするアレルギーが報告されている[1]

主な銘柄編集

トニックウォーターを使った飲料編集

 
ウォッカ・トニック

蒸留酒にはよく合うとされており、その旨ラベルに記載されている商品がある。

蒸留酒ベースのカクテル編集

リキュールベースのカクテル編集

ノンアルコール飲料編集

関連項目編集

出典編集