メインメニューを開く

トーマス・エサン・レメンゲサウ・ジュニアThomas Esang Remengesau, Jr., 1956年2月28日 - )はパラオの第7代、第9代大統領コロール出身。

トーマス・エサン・レメンゲサウ・ジュニア
Thomas Esang Remengesau, Jr.
Tommy Remengesau 2016.jpg

任期 2001年1月1日2009年1月15日

任期 2013年1月17日

出生 (1956-02-28) 1956年2月28日(63歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国信託統治領コロール

1992年クニオ・ナカムラ第5代大統領の副大統領になり、2000年に大統領に選ばれ、2001年1月1日に登庁した。彼はパラオのアメリカの援助への依存度を縮小させる事とわずかな観光事業を促進させる事を望んでいる。

父は第4代大統領、副大統領などを歴任したトーマス・レメンゲサウ・シニアアメリカ合衆国ミシガン州のグランドバレー州立大学卒業。学位犯罪学

大統領当選後編集

2000年の大統領選挙でピーター・スギヤマと戦い、レメンゲサウは5596票(52%)を獲得し大統領に選出された。 2004年11月2日に行われた大統領選挙では実業家のポリカープ・バシリウスと戦い、6494票(65%)を獲得し再選を果たした。

2001年4月の初来日以降、日本に頻繁に足を運んでいる。

2009年1月15日に大統領を退任、後任にはジョンソン・トリビオンが就任。

2012年11月6日の大統領選で現職のジョンソン・トリビオンを破り、再び大統領に返り咲き。2013年1月17日に第9代大統領に就任した[1]

2015年4月天皇皇后のパラオ訪問を前に、日本とパラオの関係について、「私たちの関係は単なるパートナーシップではなく、むしろ兄弟関係に近い。日本がで、パラオがです。両陛下の訪問は、両国のすでに親密な関係をさらに強固にするための象徴であり、素晴らしい機会となるでしょう」と述べ、訪問を歓迎することを表明した[2]。2016年11月1日の大統領選挙で再選。

人物編集

祖母の父が日本人となる日系4世となり[3][4]、日本との関係も深い。

脚注編集

外部リンク編集

関連項目編集