トルカータータッソ

トルカータータッソTorquator Tasso2017年4月21日 - )は、ドイツ競走馬。ドイツ国内でバーデン大賞などを制したほか、2021年の凱旋門賞に優勝した。馬名は16世紀のイタリアの叙事詩人であるトルクァート・タッソに因んでいる。

トルカータータッソ
2020年バイエルン大賞でのトルカータータッソー
2020年バイエルン大賞でのトルカータータッソ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛[1][2]
生誕 2017年4月21日[3]
Adlerflug
Tijuana
母の父 Toylsome
生国 ドイツの旗 ドイツ
生産者 Paul H. Vandeberg[1][2][3]
馬主 Gestut Auenquelle[1][2][3]
調教師 Marcel Weiss[1][2][3]
競走成績
生涯成績 11戦5勝
※2021年10月4日現在[1][2][3]
獲得賞金 2,889,964ポンド
※ポンド換算
※2021年10月4日現在[3]
WBRR L125 / 2021年[4]
テンプレートを表示

経歴編集

3歳時(2020年)編集

デビューは遅く、3歳になった2020年5月9日のミュールハイム競馬場でのスペルドルフ賞(未勝利戦・芝2000メートル)で初出走を迎えて4着、続く6月14日のケルン競馬場でのジョージアルヌルレネン(一般戦・芝2200メートル)で初勝利を挙げた[3]。初勝利から間もなくの7月12日にハンブルク競馬場でのドイチェスダービー(G1・芝2400メートル)に登録される。ここでは単勝オッズ23.2倍(222/10)という穴馬扱いであったが、最後の直線で追い上げて勝ち馬インスウープに3/4馬身差の2着に入った[5]

9月13日にはバーデンバーデン競馬場でのバーデン大賞(G1・芝2400メートル)に出走、1番人気に支持されたが、イギリスからの遠征組バーニーロイとコミュニケの2頭に敗れ3着となった[6]。その次に出走した10月3日ホッペガルテン競馬場でのベルリン大賞(G1・芝2400メートル)で、再び1番人気に支持されると、2番人気のディカプリオを短アタマ差の接戦で破って優勝、初のG1勝ちを収めた[7]

続く11月8日のミュンヘン競馬場でのバイエルン大賞(G1・芝2400メートル)でG1連勝を狙ったが、単勝23.7倍の伏兵サニークイーンにクビ差の2着と敗れた[8]

4歳時(2021年)編集

4歳シーズンは6月6日のバーデン経済大賞(G2・ミュールハイム・芝2200メートル)から始動したが、ここでは6着と大敗している。7月3日のハンザ大賞(G2・ハンブルク・芝2400メートル)ではサニークイーンを4馬身半差で破って勝利すると[9]、この競走よりしばらくレネ・ピーチェレク騎手が鞍上を務めた。ヴァイス調教師はこの勝利の後、国内戦をこなしたのちに凱旋門賞に向かうことをコメントした[10]

8月8日のベルリン大賞では連覇の懸かるなか1番人気に支持されていたが、イギリスからの遠征馬アルピニスタを2馬身半差捕らえきれず2着に敗れている[11]。続く9月5日のバーデン大賞では1番人気に支持され、それに応えるように同年のドイチェスダービー勝ち馬シスファハンを1馬身差で破って優勝した[12]

10月3日に迎えた凱旋門賞にはアダイヤースノーフォールタルナワなどといった目を引く強豪が揃い、トルカータータッソは現地フランスのトート・オッズでは単勝70倍[13]、イギリスのブックメーカーからは81倍[13]日本JRA発売の最終オッズで110.5倍[14]と完全に大穴扱いを受けていた。この競走でまず先頭を取ったのはブルームで、その先頭を上り坂でアダイヤーが奪い、大外から寄せてきたクロノジェネシスがその側面につけて先団を形成した。トルカータータッソは序盤は先団にいたが、先団争いを避けて馬群中団に下がって道中を進めた。最後の直線に入って、中団に構えていたタルナワやハリケーンレーン、同様に外からトルカータータッソも残り200メートルのところで追い上げて先行集団を抜き去り、最後の50メートルで抜けたトルカータータッソが残り2頭に3/4馬身差をつけてゴールした[13][15]。ドイツ馬の凱旋門賞勝利は3度目で、2011年のデインドリーム以来のものであった[13]。ヴァイス調教師はレース後に「言葉が出ない。本当に信じられなくて言葉に詰まっています。凱旋門賞挑戦のプランは前年冬から考えていたもので、状態も良かったし、G1も勝ってるし、あとは3着なり6着なりに入ってくれれば幸いと思っていました。馬場は我々好みになってくれたし、レース展開もばっちり思い通りでした」と語った[13]

血統表編集

馬名血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サドラーズウェルズ系
[§ 2]

Adlerflug
ドイツ 栗毛 2004
父の父
In The Wings
イギリス 鹿毛 1986
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
High Hawk Shirley Heights
Sunbittern
父の母
Aiyana
ドイツ 鹿毛 1993
*ラストタイクーン *トライマイベスト
Mill Princess
Alya Lombard
Anatevka

Tijuana
ドイツ 栗毛 2011
Toylsome
イギリス 栗毛 1999
Cadeaux Genereux Young Generation
Smarten Up
Treasure Trove The Minstrel
River Jig
母の母
Tucana
ドイツ 栗毛 1999
Acatenango Surumu
Aggravate
Turbaine Trempolino
Allegretta
母系(F-No.) (FN:9-h) [§ 3]
5代内の近親交配 Alya・Allegretta 3x4, Northern Dancer 4x5x5, Mill Reef 5x5, Sharpen Up 5x5 [§ 4]
出典
  1. ^ [16], [17]
  2. ^ [17]
  3. ^ [16]
  4. ^ [16], [17]


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e Torquator Tasso (GER)”. EQUIBASE. 2021年10月4日閲覧。
  2. ^ a b c d e トルカータータッソ(Torquator Tasso)”. JRA-VAN. 2021年10月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g Torquator Tasso (GER)”. Racing Post. 2021年10月4日閲覧。
  4. ^ 国際競馬統括機関連盟 (IFHA) The LONGINES World's Best Racehorse Rankings”. 2022年1月26日閲覧。
  5. ^ IDEE 151st Deutsches Derby (Group 1)”. Racing Post. 2021年10月4日閲覧。
  6. ^ バーデン大賞(G1) 2020/9/13(日)|日程・結果”. JRA-VAN. 2021年10月4日閲覧。
  7. ^ 独G1ベルリン大賞、トルカータータッソが接戦を制す”. JRA-VAN (2020年10月6日). 2021年10月4日閲覧。
  8. ^ 独G1バイエルン大賞、3歳牝馬サニークイーンが金星”. JRA-VAN (2020年11月10日). 2021年10月4日閲覧。
  9. ^ Grosser Hansa-Preis der Baum Unternehmensgruppe (Group 2)”. Racing Post. 2021年10月4日閲覧。
  10. ^ トルカータータッソが独G2ハンザ大賞を完勝、目標は凱旋門賞”. JRA-VAN (2021年7月7日). 2021年10月4日閲覧。
  11. ^ 独G1ベルリン大賞、英国から遠征のアルピニスタが快勝”. JRA-VAN (2021年8月9日). 2021年10月4日閲覧。
  12. ^ 独G1バーデン大賞、トルカータータッソが制す”. JRA-VAN (2021年9月6日). 2021年10月4日閲覧。
  13. ^ a b c d e Greg Wood (2021年10月3日). “Torquator Tasso at 80-1 pulls off one of biggest shocks in Arc history”. The Guardian. 2021年10月4日閲覧。
  14. ^ 凱旋門賞(G1) 2021/10/03(日)|日程・結果”. JRA-VAN. 2021年10月4日閲覧。
  15. ^ 【凱旋門賞】伏兵トルカータータッソが優勝、クロノジェネシスは7着”. JRA-VAN (2021年10月3日). 2021年10月4日閲覧。
  16. ^ a b c 血統情報:5代血統表|Torquator Tasso(GER)|JBISサーチ(JBIS-Search)”. JBISサーチ(JBIS-Search). 日本軽種馬協会. 2021年10月4日閲覧。
  17. ^ a b c Torquator Tassoの血統表”. netkeiba.com. 2021年10月4日閲覧。

外部リンク編集