メインメニューを開く

トーマス・クロート(Thomas Kroth、1959年8月26日 - )は、ドイツ出身の元サッカー選手、サッカー代理人。

トーマス・クロート Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Thomas Kroth
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 (1959-08-26) 1959年8月26日(59歳)
出身地 エアレンバッハ・アム・マイン
身長 177cm
選手情報
ポジション MF
ユース
1967-1976 ドイツの旗 エアレンバッハ
1976-1977 ドイツの旗 オッフェンバッハ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1978 ドイツの旗 オッフェンバッハ 1 (0)
1978-1982 ドイツの旗 ケルン 56 (2)
1982-1985 ドイツの旗 E・フランクフルト 74 (13)
1985-1989 ドイツの旗 ハンブルガー 73 (6)
1989-1991 ドイツの旗 ドルトムント 56 (0)
1991 ドイツの旗 フラウエンシュタイン
代表歴
ドイツの旗 ドイツ U-21 13 (1)
1985 ドイツの旗 ドイツ 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

目次

選手経歴編集

1977年に当時2部リーグ所属のキッカーズ・オッフェンバッハでデビュー。翌年1978年に1.FCケルンへ移籍しブンデスリーガデビューを果たし、ベルント・シュスターピエール・リトバルスキーとともに“ケルンの若き三羽ガラス”と称された。以後クロートは3つの異なるクラブでDFBポカールのタイトルを獲得している。

また、ケルン時代には奥寺康彦ともプレー。 その後・アイントラハト・フランクフルトハンブルガーSVボルシア・ドルトムントといったクラブで活躍。左足から放たれる強力なロングシュートでも名の通ったMFであった。

1985年ハンガリー戦にてフランツ・ベッケンバウアー監督のもとで西ドイツ代表デビューを果たした。当時の代表メンバーには、ハラルト・シューマッハーオラフ・トーンウリ・シュタインフェリックス・マガトカール=ハインツ・ルンメニゲルディ・フェラーローター・マテウスピエール・リトバルスキーなどの顔ぶれが揃っていた。

ボルシア・ドルトムントでの1989-90シーズンを最後に現役引退。現在はドイツサッカー連盟公認の選手代理人として活動。代理人事務所「PRO Profil」の代表を務め、スポーツ選手の代理人業務を行っている。

代理人経歴編集

1992年、西ドイツ代表時代のチームメイトでもあるピエール・リトバルスキーに請われる形で代理人としてに第2の人生を踏み出し、ドルトムントに会社を設立。現在ではドイツ全土に4つのオフィスを構え、国内だけでなく、スペイン、フランス、オランダ、クロアチアなど、ヨーロッパ各国に独自のネットワークを持つに至っている。2010年現在専属契約選手は21人。ドイツでは通常、ユースチーム時代に契約し10年間は面倒をみることを旨としている。

主にドイツ国内選手や欧州選手に関わるが、2003年の高原直泰のハンブルガーSVへの移籍を始めとして、日本人選手のドイツへの移籍のほとんどに関わっている。日本との最初の接点はピエール・リトバルスキージェフ市原(当時)に移籍させたことが切っ掛けとなった。

日本人契約選手編集

トーマス・クロートは日本人選手とは主にドイツ側(ブンデスリーガ)の代理人として関わっている(日本側にも代理人がいる)。トーマス・クロートのPRO profil GmbH専属契約選手は現在、香川真司のみである。

出典編集

外部リンク編集