奥寺康彦

日本のサッカー選手

奥寺 康彦(おくでら やすひこ、1952年3月12日 - )は、秋田県鹿角市出身[2]の、元サッカー日本代表サッカー指導者

奥寺 康彦 Football pictogram.svg
名前
愛称 東洋のコンピューター
カタカナ オクデラ ヤスヒコ
ラテン文字 OKUDERA Yasuhiko
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1952-03-12) 1952年3月12日(68歳)
出身地 秋田県鹿角市
身長 177cm
体重 75kg
選手情報
ポジション FW(LWG, CF) / MF(LSH, LWB, RWB,DH) / DF(LSB)
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1970-1977 日本の旗 古河電工 100 (36)
1977-1980 ドイツの旗 ケルン 75 (15)
1980-1981 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 25 (8)
1981-1986 ドイツの旗 ブレーメン 159 (11)
1986-1988 日本の旗 古河電工 43 (3)
代表歴2
1970-1987[1] 日本の旗 日本 32 (9)
監督歴
1996 日本の旗 ジェフユナイテッド市原
2017 日本の旗 横浜FC
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月22日現在。
2. 2014年11月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

1.FCケルンの中心選手としてブンデスリーガ優勝と、DFBポカール優勝を成し遂げた最初の日本人である。株式会社横浜フリエスポーツクラブ(横浜FC)取締役会長。

来歴編集

古河電工時代編集

秋田県鹿角市十和田大湯(旧鹿角郡十和田町大湯)出身[2]。二卵性双生児の妹がいる。小学校5年時に一家で横浜市に転居する。 横浜市立東戸塚小学校を経て、横浜市立舞岡中学校でサッカーを始め、相模工業大学附属高等学校(現:湘南工科大学附属高等学校)に進学。同校卒業後の1970年、中学時代の外部コーチだった東邦チタニウムサッカー部監督・三村恪一の口利きで、三村と中央大学で同期だった古河電気工業サッカー部OBで日本サッカー協会の強化責任者だった長沼健に連絡を取り[3][4][5]、テストを受け、日本サッカーリーグの古河電気工業サッカー部に入部[3][4]。1976年に古河がブラジル工場を持っていた縁でブラジル・パルメイラスに2ヶ月間留学して急成長を遂げ[6]、ユース代表を経て日本代表に選出される。同年に代表ではムルデカ大会で7ゴールを挙げて得点王に輝き[6]天皇杯決勝ではゴールを挙げてヤンマーを破り優勝[7]、JSLでもチーム得点王となる8ゴールを挙げ[7]、二冠に貢献、ベストイレブンに選出された。

海外移籍への経緯編集

1977年夏に日本代表がドイツにおいて分散合宿を行った際、当時の代表監督・二宮寛はブンデスリーガ(ドイツ1部リーグ)の1.FCケルンの監督であったヘネス・バイスバイラーと親しかったことから、奥寺ら数人をケルンの合宿に参加させた[8]

当時、ケルンはスピードのある左ウイングを探しており、バイスバイラーは同ポジションの奥寺に興味を持った。そこで、練習と称して事実上の入団テストを行ったうえで、帰国の3日前に獲得の希望を伝えられた[8]。後に本人は、もし最初から入団に向けてのテストだと分かっていたら本来のプレーが出来なかったであろうと語っている[9]

奥寺はドイツ語が出来ないことへの不安などから一度はオファーを断るが[10]、バイスバイラーの強い希望、古河の前監督の川淵三郎[10]、監督鎌田光夫、日本サッカー協会、日本代表の二宮からも移籍を後押しされ[8]、ドイツ行きを決意した。当時は欧州の選手であっても他欧州のクラブへ移籍した場合には代表チームへの招集が難しく、まして試合ごとに欧州と日本を行き来することは考えられない時代であり、欧州移籍により、代表チームから招集される可能性は無くなる事となった[11]

1.FCケルン時代編集

同年10月ドイツへ渡り、10月7日に1.FCケルンと契約を交わし正式に入団。12日にはブンデスリーガのベンチ入りを果たし、10月22日、対MSVデュースブルク戦で先発デビューを飾った[12]。12月20日に行われたドイツカップ準々決勝、シュバルツバイス・エッセン戦で初ゴールを含む2ゴール[13]2アシストの活躍後はチームメートからの信頼を得て[10]、ブンデスリーガでは1978年4月8日のカイザースラウテルン戦で初ゴールを記録[14]。バイスバイラー監督の下で数々の活躍をみせ、1977-78シーズンのリーグ優勝とドイツカップ優勝の二冠に貢献した。優勝を決めたザンクトパウリ戦では途中出場ながら2ゴールを挙げた[14][13]

翌1978-79シーズンのUEFAチャンピオンズカップでは準決勝に進出し、イングランドのノッティンガム・フォレストと対戦。アウェーの第1戦において貴重な同点ゴールを決め3-3のドローに追いついた[15][16](これはアジア人プレーヤーとしては同大会での初ゴール[8]) が、ホームの第2戦では0-1で破れ欧州制覇は成らなかった。

1980年にバイスバイラーがアメリカ・NASLニューヨーク・コスモスへ移籍すると、後任監督カールハインツ・ヘダゴットの構想外となった[8]。監督がリヌス・ミケルスに交代するも出場機会は全く増えず[17]、出場機会を求めて1980-81年シーズンの後半にブンデスリーガ2部所属のヘルタ・ベルリンへ移籍した。

ヴェルダー・ブレーメン時代編集

1部昇格に挑んでいたヘルタは最終的に昇格を逃したが、ここではサイドバックとして起用され[18]、そのシーズンにヘルタに競り勝ち1部昇格を決めたヴェルダー・ブレーメンオットー・レーハーゲル監督から高く評価され[18]、翌1981-82シーズンからブレーメンに移籍する。

奥寺はウイングとしてブンデスリーガに渡ったが[18]、レーハーゲルは守備的MFとしての奥寺の能力に注目し、主にサイドバックとして起用された(FWなどのポジションでも起用された)[18]

1982年、ニューヨークで行われた、FIFA選抜の、FIFAオールスターのメンバーの一員としてジーコパオロ・ロッシらと共に、ニューヨーク・コスモスと対戦した。(この様な世界選抜のメンバーに選出された日本人選手は釜本邦茂に次いで2人目となった[19])。同年のリーグでブレーメンは、5位という好成績を残し、翌83年にはハンブルガーSVに次ぎ2位、そして84年5位、85年にも2位と優勝こそ出来なかったが、好成績を残した。奥寺は最もコンスタントな選手として監督に信頼され、ファンから愛された。1985-86シーズン、3月15日のフランクフルト戦でのゴールはドイツでの最後のゴールとなった[20]。シーズン最終戦を前にして2位バイエルン・ミュンヘンとの直接対決で勝利すれば優勝というところまでいくが、試合中に得たPKをミヒャエル・クツォップが失敗し敗北、それでもチームは最終節まで2ポイント差で首位を走っていたが、最終節でシュトゥットガルトに破れ、勝利したバイエルンと勝ち点で並んだが、得失点差で2位となり、2度目のブンデスリーガ優勝を逃した[21][22]

ブンデスリーガには通算9年間在籍。63試合連続出場記録を樹立するなど、帰国するまでの9年間でブンデスリーガ通算234試合出場、26得点[20]。この通算26点という記録は、2014年9月13日にマインツ岡崎慎司が通算ゴールを28点とするまで、ブンデスリーガにおける日本人選手の最多得点だった[23]。また、通算234試合出場も、2017年3月5日に長谷部誠が更新するまで、ブンデスリーガにおける日本人選手の最多出場だった[24]

古河復帰編集

1986年、「まだ選手として衰えないうちに」日本のサッカー界に持てる全てを伝えたいとして、ブレーメンからの契約延長要請を固辞[25]キリンカップにブレーメンの選手として出場、日本代表と対戦した他、パルメイラス戦では後に会長と選手の間柄になる三浦知良と数度に渡り激しくマッチアップした[26]。この大会を最後に、古巣の古河電工に復帰した。

帰国した奥寺は木村和司と共に日本国内初のスペシャル・ライセンス・プレーヤー契約を結び注目を集めた。この年のアジアクラブ選手権決勝大会ではアル・ヒラル戦で3ゴールを挙げるなど、優勝に貢献した[27]。ドイツでプレーしていたため代表に選出されることはなかったが、古川復帰にともない日本代表にも復帰し1987年のソウル五輪アジア最終予選進出に貢献した。最終的に中国との争いとなり、左サイドバックとして第1戦では相手エースを完璧に抑え1-0の勝利に貢献したが、ホームの第2戦では奥寺の逆サイドを守備の穴として狙われ、0-2で落としソウル五輪出場は叶わなかった。1988年8月12日、ナポリとの親善試合は代表での引退試合となった(先発出場し23分間プレー)[28]

1987-88年シーズンを最後に現役を引退した。

引退後編集

Jリーグ参入のため、古河電工からクラブチーム化された「東日本JR古河サッカークラブ」(ジェフ市原の前身となるクラブ)のゼネラルマネージャーに就任。1996年には監督に就任したが成績不振から1シーズン限りで退任した。

1999年横浜フリューゲルスのサポーター有志で結成された「横浜フリエスポーツクラブ」(横浜FC)のゼネラルマネージャーに就任、2000年からは代表取締役社長を兼任。

2012年8月、日本サッカー殿堂入り[29]

2014年11月、AFC初代殿堂入り[30]

2017年10月、中田仁司の解任により監督が不在となったことで、第38節のFC町田ゼルビア戦で暫定的に指揮を執ることが発表された[31]。また同年はブンデスリーガレジェンドにも選ばれた[8]

人物編集

1970年代、海外でプレーした日本人選手はまだいなかったが、当時、世界最高峰のリーグと言われたドイツブンデスリーガ(1976年-1984年までUEFAリーグランキング1位)で活躍した初めての日本人選手である[32]。3つのクラブを渡り歩き計9年間プレーを続けレギュラーとして実績を残した。右サイドバック[18]、左サイドの中盤などでプレー[25]、ゾーンディフェンスでサイドの相手を押さえ込むだけでなく[25]、その正確無比で安定したパスとシュート、戦術眼からくるプレースタイル、特に左足での強烈なシュートとスピードを武器にフォワードからディフェンダーまで出来る万能選手として様々なポジションで活躍し、地元ドイツのファンから「東洋のコンピューター」というニックネームで呼ばれて賞賛され[33]、高評価された[25]

欧州サッカー連盟主催の国際大会には6回出場しており、小野伸二に抜かれるまでアジア人最多だった。1978-79シーズンのUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)ではアジア人として大会史上初となるゴールを記録している。なお、16年後の1994-95シーズンにタジキスタンのラシッド・ラヒーモフが得点を上げるまで奥寺以外のアジア人の得点者は現れなかった。

一般的に「日本人初のプロサッカー選手」として紹介される事が多いが[34][35][36]、2人目のプロサッカー選手であるとの異説もある(後述)。

逸話編集

  • ブレーメンに在籍していた1980年代に、ドイツでプレーしていることにかけて伊藤ハム「バイエルンソーセージ」のテレビCMに出演していた。
  • 第22回(1986-87年日本サッカーリーグの公式ポスターモデルとして出演し、その時「サラリーマンサッカーの時代は終わった」というキャッチコピーが登場し、日本サッカーがプロ化へ向かう事を象徴した[37]
  • サッカー漫画『キャプテン翼』37巻の77ページにて、経歴の説明と共に日本代表の監督として実名で登場している。自らの実力を試すために、翼は奥寺に対し一対一の勝負を挑んだが、奥寺を抜き去る事は出来なかった。架空の話ではあるが翼のドリブルを止めた数少ない登場人物となっている。
  • ドイツで行われた2006年FIFAワールドカップ予選抽選会においてドロワーアシスタントに選ばれた。アジア連盟からは釜本邦茂が推薦されていたが、ドイツとの関係が深い奥寺が選ばれた。

日本人初のプロサッカー選手編集

従来、日本人初のプロサッカー選手として紹介されてきたが、2000年代あたりから、1975年に香港の「東方足球隊」でプレーした佐田繁理さだまさしの実弟)の方が日本人初のプロサッカー選手であるという紹介が一部メディアにより成される様になった[38][39][40][41]。ただし佐田は正式なプロ契約では無かったという説を採るメディアもあり、その場合は奥寺が日本初となる[38]

所属クラブ編集

獲得タイトル編集

  • 日本サッカーリーグ 1回(1976年)
  • 天皇杯 1回(1976年)
  • ブンデスリーガ 1回(1977-78)
  • DFBポカール 1回(1977-78)
  • アジアクラブ選手権 1回(1986-1987)
  • ムルデカ大会得点王 1回(1976)
  • JSL東西対抗戦(オールスター戦) 最優秀選手賞(MVP) 1回(1986年)

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1970 古河 JSL 7 3
1971 9 5
1972 JSL1部 8 0
1973 18 6 1
1974 18 5
1975 18 9 2
1976 18 8 8 2
1977 4 0 2
ドイツ リーグ戦 リーグ杯DFBポカール 期間通算
1977-78 1.FCケルン ブンデス1部 20 4 4 2 24 6
1978-79 24 5 3 1 27 6
1979-80 30 6 8 1 38 7
1980-81 1 0 1 0 2 0
1980-81 ヘルタ・ベルリン ブンデス2部 25 8 4 0 29 8
1981-82 ブレーメン ブンデス1部 30 2 4 0 34 2
1982-83 34 4 2 0 36 4
1983-84 29 1 4 0 33 1
1984-85 33 3 4 0 37 3
1985-86 33 1 3 0 36 1
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1986-87 古河 3 JSL1部 21 2 0 0 21 2
1987-88 22 1 2 0 3 0 27 1
通算 日本 JSL1部 143 39
ドイツ ブンデス1部 234 26 33 4 267 30
ドイツ ブンデス2部 25 8 4 0 29 8
総通算 402 73

※1986年度の天皇杯は、古河電工がアジアクラブ選手権1986-87出場のため辞退

・JSL選抜チーム(1987年)1試合0得点

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
UEFAUEFA ELUEFA CL
1978-79 1.FCケルン - 2 1
1980-81 1 1 -
1982-83 ブレーメン 6 1 -
1983-84 4 0 -
1984-85 2 0 -
1985-86 2 0 -
通算 UEFA 15 2 2 1

代表歴編集

出場大会など編集

試合数編集

  • 国際Aマッチ 32試合 9得点(1972-1987)[1]


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1970 0 0 1 0 1 0
1971 0 0 0 0 0 0
1972 6 1 6 0 12 1
1973 0 0 0 0 0 0
1974 0 0 0 0 0 0
1975 5 0 0 0 5 0
1976 8 7 3 0 11 7
1977 4 0 25 8 29 8
1978 0 0 0 0 0 0
1979 0 0 0 0 0 0
1980 0 0 0 0 0 0
1981 0 0 0 0 0 0
1982 0 0 0 0 0 0
1983 0 0 0 0 0 0
1984 0 0 0 0 0 0
1985 0 0 0 0 0 0
1986 4 0 1 0 5 0
1987 5 1 10 2 15 3
1988 0 0 1 0 1 0
通算 32 9 47 10 79 19

得点数編集

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1976年8月8日 マレーシアクアラルンプール   インド 5-1 勝利 ムルデカ大会
2
3
4 1976年8月10日 マレーシア、クアラルンプール   インドネシア 6-0 勝利 ムルデカ大会
5
6
7 1976年8月13日 マレーシア、クアラルンプール   ビルマ 2-2 引分 ムルデカ大会
8 1976年8月20日 マレーシア、クアラルンプール   マレーシア 2-2 引分 ムルデカ大会
9 1987年9月15日 日本東京   ネパール 5-0 勝利 ソウル五輪予選

監督成績編集

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
1996 J 市原 9位 30 - 13 - 17 予選リーグ 3回戦
2017 J2 横浜FC 9位 1 1 0 1 0 - -
  • 2017年は第38節のみ。順位は第38節終了時点。

脚注編集

  1. ^ a b “奥寺 康彦”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_a/yasuhiko_okudera.html 
  2. ^ a b スポーツニッポン『我が道』2016年5月2日
  3. ^ a b スポーツニッポン『我が道』2016年5月4日
  4. ^ a b スポーツニッポン『我が道』2016年5月9日
  5. ^ スポーツニッポン『我が道』2016年5月11日
  6. ^ a b 古河電工12年目の初優勝と奥寺康彦の急成長◎J前夜を歩く第25回”. soccermagazine. 2020年10月28日閲覧。
  7. ^ a b 古河電工12年目の初優勝と奥寺康彦の急成長◎J前夜を歩く第25回 ページ2”. soccermagazine. 2020年10月28日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 「東洋のコンピューター」を知っていますか? J1横浜FC・奥寺会長は日本初の世界的選手だった”. msn.com. 2020年10月28日閲覧。
  9. ^ 「日本人なんていらない」の概念を覆す。奥寺康彦はブンデスリーガで大活躍 ページ2”. sportiva. 2021年1月22日閲覧。
  10. ^ a b c 「日本人なんていらない」の概念を覆す。奥寺康彦はブンデスリーガで大活躍 ページ3”. sportiva. 2021年1月22日閲覧。
  11. ^ スピードのない三浦知良はなぜ点取り屋になれたのか? WGだったカズがゴールを量産した理由【日本人CF戦術史(2)”. FOOTBALLCHANNEL. 2021年2月25日閲覧。
  12. ^ Okudera, Yasuhiko - - 1. Bundesliga: alle Spielerstatistiken, News und alle personlichen Informationen” (ドイツ語). キッカー. 2013年9月6日閲覧。
  13. ^ a b “Yasuhiko Okudera All goals”. transfermarket. https://www.transfermarkt.com/yasuhiko-okudera/alletore/spieler/77488 2020年1月3日閲覧。 
  14. ^ a b Yasuhiko Okudera 1.FCKoln 1977-78” (ドイツ語). キッカー. 2020年6月11日閲覧。
  15. ^ 五輪代表 7・21メキシコ戦は吉兆の地 nikkansports.com2012年6月3日
  16. ^ N'ham Forest vs Cologne 1979 (Part Three)
  17. ^ 奥寺康彦が語るドイツでの日本人評価の現状「活躍できると見られていない」ページ2”. sportiva. 2021年1月22日閲覧。
  18. ^ a b c d e 奥寺康彦が語るドイツでの日本人評価の現状「活躍できると見られていない」ページ3”. sportiva. 2021年1月22日閲覧。
  19. ^ エプソンカップ 1994 ヴェルディ川崎 VS ACミラン 公式パンフレット P.42
  20. ^ a b Yasuhiko Okudera Karriere” (ドイツ語). キッカー. 2020年6月11日閲覧。
  21. ^ サッカーマガジン 1986年7月 no.322号 p.20-23 ベースボールマガジン社
  22. ^ 奥寺康彦が語るドイツでの日本人評価の現状「活躍できると見られていない」ページ4”. sportiva. 2021年1月22日閲覧。
  23. ^ “岡崎、日本人最多に感慨=独サッカー”. 時事通信社. (2014年9月14日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2014091400043 2014年9月14日閲覧。 
  24. ^ “長谷部誠、ブンデス日本人最多出場達成も続く挑戦「突き抜けた記録を目指したい」”. サッカーキング. (2017年3月6日). https://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20170306/559376.html 2017年3月6日閲覧。 
  25. ^ a b c d キリンカップ 1986年大会 公式パンフレット p.8
  26. ^ サッカーマガジン 1986年7月 no.322号 p.24-34 ベースボールマガジン社
  27. ^ 奥寺、岡田、宮内…アジア王者になった古河電工【連載◎J前夜を歩く第9回】”. soccermagazine. 2020年10月28日閲覧。
  28. ^ 1988年8月12日 日本 vs ナポリ”. samuraiblue. 2020年10月28日閲覧。
  29. ^ 奥寺康彦氏、永井良和氏ら4氏が殿堂入り nikkansports.com 2012年8月21日
  30. ^ AFC初代殿堂入り10名に奥寺氏、澤、キューウェル氏らが選出 サッカーキング 2014年11月22日
  31. ^ 明治安田生命J2リーグ 第38節のチーム体制について 横浜FC 2017年10月18日
  32. ^ “【Jリーグラボ】日本人初のプロ、奥寺氏が語るブンデス時代「給料は10倍ぐらいになった」”. サッカーキング. (2018年3月14日). https://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20180314/728694.html 2020年4月28日閲覧。 
  33. ^ 田嶋幸三『これだけは知っておきたい(30) サッカーの大常識』株式会社ポプラ社、2006年、120ページ、ISBN 4-591-09115-5
  34. ^ NHK衛星第1テレビジョン『証言ドキュメント 日本サッカーの50年「第二夜 迷走そして悲劇」』2010年5月3日放送。
  35. ^ 『Sports Graphic Number 765号』「[ブンデスの偉大な先駆者]奥寺康彦が伝授する越境成功術」P.41 2010年10月28日発売
  36. ^ 『Sports Graphic Number 765号』「[年表&傾向分析]日本人選手海外移籍の系譜」P.62 2010年10月28日発売
  37. ^ 記録で見る天皇杯全日本サッカー選手権大会の歴史。新たな歴史をつくるのはどのチームか――”. 日本サッカー協会 (2013年9月6日). 2014年8月28日閲覧。
  38. ^ a b 福永稔彦『好奇心』スポーツニッポン、2004年12月7日付け24面。
  39. ^ Sports Graphic Number665号『突撃!エイジーニョ20、海外組対談「誰を呼ぶべきか」』文藝春秋、2006年11月2日。
  40. ^ 月刊浦和レッズマガジン『レッズとアーティストの蜜月関係/さだまさし』フロムワン、2006年4月。
  41. ^ SPORTS★LEGEND. “番組公式サイト内に書かれている「海外サッカープロ第1号は、奥寺康彦ではなく、?の弟。」という問題に対する回答” (日本語). 日本テレビ放送網. 2009年10月10日閲覧。[リンク切れ]

関連項目編集

外部リンク編集