メインメニューを開く

トーヨーアサヒ1969年3月21日 - ?)は、日本中央競馬会に所属していた競走馬種牡馬。「花の47年組」の一頭。

トーヨーアサヒ
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1969年3月21日
セダン
カネカエデ
母の父 ライジングライト
生国 日本の旗 日本
青森県上北郡横浜町
生産 青森牧場
馬主 (有)トーヨークラブ
調教師 古山良司東京
競走成績
生涯成績 38戦8勝
獲得賞金 1億881万4300円
勝ち鞍 京王杯オータムハンデキャップ(1972年)
ダイヤモンドステークス(1973年)
日本経済賞(1973年)
ステイヤーズステークス(1973年)
アルゼンチンJCC(1974年)
テンプレートを表示

430kg台の小柄な馬体が特徴の馬であったが、正確なラップを刻みながら黙々と走るところから、別名「走る精密機械」と呼ばれた。

経歴編集

父・セダン1955年フランス産馬で、イタリアでの競走馬時代、1958年前半にイタリアダービー・プリンチペアメデオ賞・イタリア大賞・ミラノ大賞典を勝利。この4競走を全て勝った最初のイタリア馬となり、種牡馬となってからもイタリアのリーディングサイヤーになった。1965年からは日本で供用され、後にコーネルランサーアイフルスリージャイアンツを輩出。傑出した産駒は出さないが無能な産駒も出さないという中流志向の種牡馬であった。

戦績編集

1971年7月新潟でデビューし、2戦目の新馬戦は取り消したが、3戦目の未勝利戦で初勝利を挙げる。条件戦に昇級してからは堅実なレースぶりを見せ、9月に行われたあかね賞(100万下)こそ6着と掲示板を外したが、その後は1着1回・2着3回と4連続連対でシーズンを終える。1972年は鞍上を樋口弘から大江原哲にバトンタッチし、始動戦のヴァイオレットS(400万下)では9番人気と評価を落としたが、イシノヒカルの3着に頑張った。続く菜の花賞(400万下)は3番人気で5着。鞍上を樋口に戻すと、青葉賞(500万下)[1]で3勝目を挙げる。弥生賞NHK杯は共に7着と敗れ、皐月賞日本ダービーには参戦しなかった。秋に休み明け復帰戦の京王杯AHで古馬相手に重賞初制覇を挙げるが、その後はセントライト記念オールカマーカブトヤマ記念クモハタ記念ステイヤーズSと5連続で連対を外す。1973年は樋口から大江原に2度目の交代をするが、オープン10着・東京新聞杯14着と2連続惨敗。今度は小島太にバトンタッチし、初騎乗の中山記念で8着に盛り返すと、ダイヤモンドSではレコード勝ちで重賞2勝目を飾る[2]。その後は京王杯SHで逃げられず5着、アルゼンチンJCCではクリイワイの3着に逃げ粘ったが、安田記念はまた逃げられず15着と惨敗。日本経済賞増沢末夫の騎乗で逃げ切って重賞3勝目を飾り、この頃から長距離の逃げ馬として評価されるようになる。鞍上を小島に戻した10月地方招待では3着に入り、目黒記念(秋)は6着、初の大レースとなった天皇賞(秋)では7着だった。ステイヤーズSでは再び増沢の騎乗で断然の1番人気に支持され、レースではスタート良く飛び出したタカジョーを前に行かせず、超スローペースで逃げを打つ。2周目の3コーナーで郷原洋行騎乗のリュウトップがまくって出ると、これを合図に各馬が始動を開始。自身も温存していたスタミナを最後に爆発させ、49秒8ー36秒9とマイル並みの上がりで逃げ切って重賞4勝目を飾る。勝ち時計の3分49秒4は自身2度目のレコードタイム。1974年AJCCで同じく始動戦のハイセイコー(9着)に先んじる7着、中山記念ではハイセイコーに力の違いを見せつけられたが、タケホープに1馬身の差を付けた2着。連覇を狙ったダイヤモンドSはトップハンデ57kgを背負って1番人気に推されたが、最軽量49kgのゴールドロックの2着に敗れる[3]。続くアルゼンチンJCCで重賞5勝目を飾り、6月には大井で行われた中央招待に参戦。レース当日はタケクマヒカルの2番人気に推されたが、初のダート戦で12頭中11着と大敗。芝に戻ってオープン戦7着の後、天皇賞(秋)14着、有馬記念9着を最後に現役を引退。

引退後編集

引退後は種牡馬となったが、目立った産駒を出せずに終わった。その後は不明。

競走成績編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 舞台は東京競馬場と同じだが、現在の青葉賞とは別のレース。
  2. ^ 当時競馬評論家だった大橋巨泉がこのレースを的中させている。
  3. ^ このレースがラジオたんぱアナウンサー・白川次郎の初重賞実況レースとなった。