大井競馬場

日本の東京都品川区にある競馬場

大井競馬場(おおいけいばじょう、Ohi Racecourse)は、東京都品川区勝島にある地方競馬競馬場である。施設は東京都競馬株式会社の所有で、特別区競馬組合が賃借し「東京シティ競馬 (TCK)」の愛称で競馬を施行している。川崎競馬場神奈川県川崎市)、浦和競馬場埼玉県さいたま市)、船橋競馬場千葉県船橋市)と共に南関東公営競馬を構成する。SPAT4加盟。

大井競馬場
大井競馬場のパドックとL-WING
大井競馬場のパドックとL-WING
施設情報
通称・愛称 東京シティ競馬 (TCK)
所在地 東京都品川区勝島2-1-2
座標 北緯35度35分36.4秒 東経139度44分35.9秒 / 北緯35.593444度 東経139.743306度 / 35.593444; 139.743306座標: 北緯35度35分36.4秒 東経139度44分35.9秒 / 北緯35.593444度 東経139.743306度 / 35.593444; 139.743306
開場 1950年5月2日
所有者 東京都競馬株式会社
管理・運用者 特別区競馬組合
収容能力 60,350人
コース
周回 右回り、左回り(一部距離)
馬場 ダート
内回り:1400m
外回り:1600m
テンプレートを表示

概要編集

 
大井競馬場正門。正門前はバス発着場にもなっている。

1950年(昭和25年)5月に開場[1]。同年8月には特別区に対し競馬開催が認可[1]され、10月に設立された特別区競馬組合[1]により、11月に第1回区営競馬が開催された[1]。敷地内には1954年から大井オートレース場も併設していたが、大井オートレース場は、1973年に廃止された[注 1]

かつては特別区のほかに東京都も競馬を主催していたが、1967年東京都知事に就任した美濃部亮吉が都営ギャンブルの全廃を宣言。東京都が年8回開催していた大井競馬については、1970年度(昭和45年度)から開催回数を減少させて1973年度(昭和48年度)までに廃止する方針を打ち出した。これに対して特別区側は、都が減少させる開催分を肩代わりすることを宣言。結果的に東京都が主催者の立場から撤退したのみで開催数に変化はなかった[2][3][注 2]、現在は特別区のみが主催している。ただし東京都は大井競馬場や地方競馬電話投票システムSPAT4の所有および運営を行っている東京都競馬株式会社の筆頭株主であり、現在も間接的に公営ギャンブルから利益を得ている。

日本の競馬で使用されているゴール写真判定、枠別の帽色、スターティングゲート、パトロールフィルム制度は、いずれも大井競馬場が初めて採用した[1]。また、拡大馬番号連勝複式勝馬投票法(ワイド)も、大井競馬場が日本で最初に発売開始した[4]

1995年(平成7年)8月には、サンタアニタパーク競馬場と友好交流提携に調印[4]。大井競馬場では「サンタアニタトロフィー」、サンタアニタパーク競馬場では1996年3月に「東京シティカップ」が行われている[4]

歴史編集

  • 1950年5月2日 - 開場。
  • 1974年6月6日 - 地方競馬では初となる「中央競馬招待競走」を実施。優勝はゴールドイーグル(愛知所属、大井出身)。
  • 1979年11月11日11月17日 - 前年、米競馬三冠最年少記録を達成したスティーブ・コーゼン騎手が来日し騎乗する。25戦7勝の結果[5]
  • 1986年7月31日 - 全ての公営競技を通じて、日本で初めてとなるナイター競走(トゥインクルレース)が開催された。
  • 1996年1月25日 - 厩舎の馬洗い場にいたスーパーオトメが物音に驚いて脱走、首都高速道路上に出る(「スーパーオトメ首都高速脱走事件」)。
  • 1996年6月19日 - 第19回帝王賞において、77818人の入場者数の最高記録を達成。優勝はホクトベガJRA所属)。
  • 1997年12月30日 - ハクホウクン白毛馬としての初勝利を収めた。
  • 2001年10月31日 - 第1回JBCが大井競馬場で開催。
  • 2007年10月31日 - 第7回JBCスプリントで御神本訓史騎乗のフジノウェーブ(大井所属)が勝利、JBC史上初となる地方所属馬の勝利を果たす。
  • 2008年4月11日 - 東京都競馬株式会社が米国で購入したバーナスコーニが、海外既走外国産転入馬として初出走した。
  • 2011年8月3日 - 同日実施されたサンタアニタトロフィーに地方競馬として初となる外国招待馬「レッドアラートデイ」(アメリカ)が出走した(16頭立て15着、完走馬最下位)。
  • 2011年12月29日 - 東京大賞典が地方競馬において初となる国際競走・国際GIに格付けされた。競走のレベルアップとダート競馬の発展に期待してのことで、日本グレード格付け管理委員会に対して申請し、認可された。
  • 2013年9月1日 - 史上初となる韓国との国際競走「アジアチャレンジカップ」が業務提携を結んだソウル競馬場で行われ、的場文男騎乗のトーセンアーチャー(橋本和馬厩舎)が優勝。
  • 2013年11月26日 - 韓国との国際競走「インタラクションカップ」が行われ、韓国所属のワッツヴィレッジが優勝。
  • 2014年12月29日 - 東京大賞典が第60回を迎えたのを記念し、同競走史上初となる外国招待馬「ソイフェット」(アメリカ)が出走した(肺出血のため完走馬最下位)。
  • 2015年11月1日 - 場内に新スタンド「G-front」が竣工[6]
  • 2016年12月29日 - 第62回東京大賞典において37億3269万5200円(前年比135.8%)を売り上げ、地方競馬の1レースにおける売上レコードを更新。また、1日の売上も61億9493万3590円(前年比127.7%・SPAT4LOTOの売上を含む)と、こちらも地方競馬の1日における売上レコードを更新している[7]。なお、平成28年度(2016年4月4日2017年3月24日)の売上は1159億791万7950円(前年比104.3%)となり、2年連続で売り上げが1100億円を突破。1日平均の売上も11億9492万6990円(前年比105.3%)と、前年度を上回っている[8]
  • 2017年12月29日 - 第63回東京大賞典において42億7307万1200円(前年比114.5%)、1日で70億4365万7260円(前年比113.7%・SPAT4LOTOの売上を含む)を売り上げ、前年に引き続き地方競馬の1レース・1日の売上レコードを更新した[9]。平成29年度(2017年4月17日~2018年3月30日)の売上は1266億4247万9360円(前年比109.3%)となり、15年ぶりに売り上げが1200億円を突破。1日平均の売上も13億559万2570円(前年比109.3%)と、引き続き前年度を上回っている[10]
  • 2020年8月19日 - 黒潮盃当日の1日の売上が20億7005万9980円となり、レコードを更新した[11]
  • 2021年8月18日 - 前年に引き続き、黒潮盃当日の1日の売上が21億2927万400円のレコード更新となった[11]
  • 2021年11月19日 - 日本の競馬場(地方競馬中央競馬を通じて)唯一、かつ世界各地に現存する競馬場としてもやはり唯一となる、左右両回りによる競馬競走の開催を決定。その第1回は「~最後の直線を左から右へ~Make New Way賞」(大井競馬場所属馬限定サラブレッドB2・B3級特別競走、1650mダートコース左回り。出走最大可能頭数12頭)[12]。これ以後、当面は原則として1開催につき1競走を左回り競走に充当させる[13][14]

コース概要編集

平坦な右回りの砂(ダート)コース[15]。第3コーナーから第4コーナーにかけて内回りと外回りの2コースが存在し、現在は1500m・1600mのみ内回りを使用する[15]。本馬場内側には、調教用の練習馬場(1周1500m、幅員15m)も設けられている[15]。スパイラルカーブは採用されていない。

2021年に左回りコースが新設され(後述)、世界で唯一の「両回り」のコースとなった[注 3]

  • 1周距離:外回り1600m、内回り1400m[15]
  • 直線距離
    • (右回り)外回り386m、内回り286m[17]
    • (左回り)外回り300m[17]
  • 幅員:25m[15]
  • 出走可能頭数:16頭(特選・選抜・普通競走は14頭、左回りは12頭)[15][17]

右回り編集

設定距離
外回り:1000m、1200m、1400m、1700m、1800m、2000m、2400m、2600m[15]
内回り:1500m、1600m[15]

このうち2400mは東京記念、2600mは金盃でのみ使用する。2600mについては、かつては大井記念でのみ使用していたが、大井記念を帝王賞トライアル競走に指定するために2014年から2015年にかけて金盃と距離を入れ替えた。また、1500mについては2018年9月21日の開催を最後に使用されていない。

過去には外回りで2500m・2800m・3000m、内回りで1000m・1200m・1800mの距離設定もあったが、2019年4月現在では全て設定が無い。

左回り編集

設定距離
外回り:1650m

2019年度末に開場70周年を迎える2020年度の競走事業について会見を開き左回りレースの導入が発表され、左回り1650mコースを新設し各開催日の最終競走にて同コースを使用した競走を行う方針が発表された[16]。また、左回り1000mコースのスタート地点の設置も予定されており、将来的には左回りでの2000mの競走を施行する意向も示された[16]

左回りレースの導入に至った経緯のひとつに、海外競馬のダートコースはほとんどが左回りであることが挙げられる。国際交流競走の東京大賞典において回りの問題で海外馬に出走を断られた経緯があることから、大井競馬場でも左回りの環境を整備することにより外国馬の出走誘致を目指す方針である[18]

左回りコースのゴールは現在のホームストレッチ右手(4号スタンド前・右回りコースにおける残り200m地点)に設定されており、右回りコースにおけるゴール地点が左回りコースにおける残り200m地点に相当する。残り100m地点(ハロン棒が設置されている)はどちらのコースでも共通となっており、他のハロン棒の設置位置も左回りコースにおけるゴールまでの残り距離の100の倍数と一致する。なお、左回りコースのゴール板は内側の調教用走路の奥に設置され、同地点のハロン棒は右回り用の「2」と左回り用の「G」のツートンカラーに塗り替えられている。両回りコースでの競馬開催は、現存する競馬場の中では世界唯一の事例となる[注 3][19][20]

当初予定では2020年度中の2021年1月頃からのレース施行を見込んでいたが、そこから丸1年近く後の2021年11月19日の13回大井競馬5日・第12競走「Make New Way賞」にて左回り1650mのレースが初めて施行された[21][22]

開催概要編集

 
ナイター開催時の様子(2010年)
 
年末の場内風景(2015年12月31日)

大井競馬場では、3月下旬から12月上旬の間トゥインクルレースとしてナイター競馬が施行されている。2010年は上記の期間に加え12月24日・25日の2日間もナイター競馬が施行された。2012年も上記期間に加え12月27日・28日に「年忘れカウントダウントゥインクル」としてナイター競馬が施行された[23]

2021年11月現在、ナイター期間中における最終競走発走予定時刻は20時50分で、有観客で行われるナイター競走としては全国の公営競技場の中でも川崎競馬場船橋競馬場及び高知競馬場と並んで日本で最も遅い[注 4]。うち高知競馬場は、2012年12月24日まで20時55分に設定されていて、また大井競馬場でも2002年8月から2006年3月まで同じく20時55分の設定となっていた[注 5]

また、年末開催では薄暮競走(プチ・トゥインクル)を実施している[注 6]

競馬開催時の入場料は100円。

トゥインクルレース開催期間中の開催概要編集

勝馬投票券発売開始時刻 12:00 - 大井競馬場・各場外・在宅投票共通。なお重賞競走前日[開催日に限る]において、当該競走の前日発売を実施する発売場では、同時刻に前日発売を開始する。但しSPAT4等の在宅投票システムでは前日発売は行わない。

大井競馬場開門予定時刻 14:40 - 但し12レース制がとられる日など、第1競走の発走予定時刻が15:20より前になる場合は開門時刻はその40分前となる。

最終競走発走予定時刻 20:50 - 但し「地方競馬IPAT」対応に伴い20:40となる場合がある。(脚注参照)

2011年3月28日からの予定だったが東日本大震災の影響により3月28日から4月1日までの開催は中止、4月18日から4月22日までは電力事情を踏まえて昼間開催(同時期、川崎競馬場も昼間開催、かつレース数を制限)となったため、5月9日から12月2日までの13開催・71日間となる。

また2014年には浦和競馬場との2元リレー開催を実施(浦和は基本昼間開催。大井はナイター)された。翌年以降は暫く実施されなかったが2018年に再び実施され、翌年以降も年に数回実施されるようになった(2022年現在継続中)。

施設編集

 
大井競馬場がある品川区勝島付近の航空写真。1989年撮影。写真中央付近の楕円形のトラックをもった施設が大井競馬場。付属の厩舎施設群も確認できる。上部の駐車場は大井オートレース場跡地。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成
 
スタンド
(手前側から3号スタンド、旧2号スタンド(取り壊し後、現: G-FRONT)、L-WING)

厩舎は競馬場内と小林牧場千葉県印西市)にある。

現在のスタンドはL-WING、G-FRONT、4号スタンドの3つからなる。

  • L-WINGは、かつて存在した1号スタンド跡地に2003年12月28日にオープン。勝馬投票券自動発払機(馬券の発売と払戻が同時にできる端末)の導入なども行われている。
  • G-FRONTは、かつて存在した2号スタンド跡地に2015年11月1日にオープン。旧2号スタンドは2014年7月11日の開催(最終競走で「2号スタンドファイナル賞」を実施)まで使用された。
  • 3号スタンドについては老朽化のため取り壊しが決定しており、2015年12月31日開催を以って使用を中止し、2016年1月より解体[24]。3号スタンド跡地にはスタンドは建設せず、解体・再整備後は都市型イベントスペース「UMILE SQUARE(ウマイルスクエア)」として2016年11月26日から利用が開始され、イベントなどに利用されている[25]
  • 4号スタンドには、食事をとりながら競馬もみられるレストラン(ダイアモンドターン)が設置されており、ギャンブルだけではなく、アミューズメントスポットとして提供している。

正門2階にはばんえい競馬ホッカイドウ競馬名古屋競馬場2005年10月17日から)の場外発売を行う「ふるさとコーナー」が2003年7月26日から設置されている(後述)。

会員制の「TCKカード」を発行し、来場ポイントに応じて抽選で景品がもらえるサービスも行っている。

年間スローガン編集

  • NO GUTS, NO GLORY.(2005年)
  • NO GUTS, NO GLORY. 100円の心意気(2006年)
  • 今年は×(カケル)TCK(2007年)
  • 知るほど!行くほど!ケイバはワンダー!(2008年)
  • 走れ、ドラマ。TCK(2009年-2010年)
  • Come On! TWINKLE RACE 25th 〜もっと輝け!東京の夜〜(2011年)
  • ジブン、発見、トゥインクル。DISCOVER★TCK(2012年)
  • TOKYO TWINKLE(2013年)
  • 夜遊びしようぜ。(2014年)
  • 夜は、いい夢みませんか。(2015年)
  • 夜があなたを輝かせる。TOKYO★TWINKLE 30th(2016年)
  • NEW TWINKLE.光と遊べ。(2017年)
  • トゥインクル イッテクル(2018年)
  • 夜遊び方改革 TOKYO CITY KEIBA(2019年)
  • 夜遊び方改革2020 夜ケイバがあるじゃないか。(2020年)
  • 誇りにまみれよ、オトナたち。(2021年)
  • 突き抜けろ。人生は、予想以上だ。(2022年)

主な競走編集

以下は2020年度施行の重賞。

国際競走編集

ダートグレード競走編集

GRANDAME-JAPAN(古馬シーズン)対象競走

重賞競走編集

GRANDAME-JAPAN(3歳シーズン)対象競走
未来優駿指定競走
未来優駿指定競走

準重賞編集

競走名の後に付く重賞名は、その準重賞がトライアル競走として指定されている。なお、準重賞の正式名称は、全て「'○○(西暦の下二桁)△△△△(レース名)」となる。

  • 桃花賞(3歳牝馬限定オープン)(ユングフラウ賞桜花賞[注 7]
  • ウインタースプリント(古馬オープン)(フジノウェーブ記念)
  • ネモフィラ賞(古馬牝馬オープン(2021年に新設))
  • メトロポリタン○○カップ(中央・地方交流)[注 8]
  • ジェムストーン賞(2歳オープン(2020年に「ゴールドジュニア」の重賞昇格に合わせて新設))
  • スターバーストカップ(3歳限定オープン)(勝島王冠)


過去に行われた準重賞
  • アデレードシティカップ(牝馬限定)
牝馬限定重賞「トゥインクルレディー賞」のトライアルとして施行されていたが、JBCレディスクラシック創設に伴いTCKディスタフ(現・レディスプレリュード)に代替、廃止された。
  • スターライトカップ
サンタアニタトロフィーのトライアルとして施行されていたが、サンタアニタトロフィートライアルの新設に伴い2017年を最後に廃止された。
  • シーサイドカップ
アフター5スター賞のトライアルとして施行されていたが、アフター5スター賞トライアルの新設に伴い2017年を最後に廃止された。
  • ムーンライトカップ(オープン)
マイルグランプリのトライアルとして施行されていたが、マイルグランプリトライアルの新設に伴い2017年を最後に廃止された。
  • インタラクションカップ(日韓交流競走)
2016年を最後に廃止された。

その他特別競走編集

  • 東京ダービートライアル
毎年6月に施行される「東京ダービー」へのトライアル競走で、2000mの3歳オープン特別。優勝馬のみ東京ダービーへの優先出走権が付与される。
  • 優駿スプリントトライアル
毎年6月の帝王賞前日に施行される「優駿スプリント」のトライアル競走で、1200mの3歳オープン特別。
  • マイルグランプリトライアル
毎年6月の帝王賞翌日に施行される「マイルグランプリ」のトライアル競走で、1600mの3歳以上オープン特別。
  • サンタアニタトロフィートライアル
毎年7〜8月に施行される「サンタアニタトロフィー」のトライアル競走で、1600mの3歳以上オープン特別。2018年に新設された。
  • アフター5スター賞トライアル
毎年夏の終わりに施行される「アフター5スター賞」のトライアル競走で、1200mの3歳以上A2・B1選抜特別。2019年に新設された。
  • 東京記念トライアル
毎年9月に施行される「東京記念」のトライアル競走で、2400mの3歳以上オープン特別。2018年に新設された。
  • シンデレラマイルトライアル
毎年12月30日に施行される「東京シンデレラマイル」のトライアル競走で、1600mの3歳以上・牝馬限定のオープン特別。2018年に新設された。
  • 金盃トライアル
毎年2月に施行される「金盃」のトライアル競走で、2600mの3歳以上オープン特別。2018年に新設された。
  • ブリリアントカップトライアル
毎年4月に施行される「ブリリアントカップ」のトライアル競走で、1800mの4歳以上A2以下特別。2019年に新設された。
  • おおとり賞
正式名称は「ありがとう!○○○○ おおとり賞」として、○の中に西暦が入る。2009年から大晦日の最終競走として施行される。毎年のように施行条件が変わるが、オープン特別の場合には「おおとりオープン」として行われる。

騎手招待競走編集

所属騎手編集

 
2014年12月30日に所属騎手一同より、感謝を表す2014年締め括りの挨拶が行われているところ
かつて所属していた主な騎手

レコードタイム編集

サラ系の競走のみ記載。距離欄の「内」は内回り、「左」は左回り。

参考資料:TCK公式サイト内「TCK Record」

距離 タイム 競走馬 性別 斤量 騎手 記録年月日
1000m 0:58.8 クルセイズスピリツ 牡5 57kg 西啓太 2020年8月20日
1200m 1:10.1 スーニ 牡5 57kg 川田将雅 2011年11月3日
第12回JBCスプリント
1400m 1:23.8 アガリスピード 牡3 53kg 赤間清松 1977年8月30日
内1500m 1:31.5 キクマツオー 牝4 53kg 佐々木竹見 1980年6月14日
内1600m 1:37.2 アジュディミツオー 牡5 57kg 内田博幸 2006年4月12日
第12回マイルグランプリ
左1650m 1:42.5 デスティネ 牡5 57kg 矢野貴之 2022年9月23日
1700m 1:43.2 ムツヒカリ 牡5 52kg 赤嶺本浩 1977年7月12日
1800m 1:49.6 ミラクルレジェンド 牝4 55kg 岩田康誠 2011年11月3日
第1回JBCレディスクラシック
2000m 2:00.4[注 9] スマートファルコン 牡5 57kg 武豊 2010年12月29日
第56回東京大賞典
2400m 2:29.7 グツドボーイ 牡3 57kg 高橋三郎 1977年11月4日
第14回東京王冠賞
2600m 2:42.8 アグネスチカラ 牡5 54kg 高柳恒男 1977年5月27日
第22回大井記念

ハイセイコー像と名馬レリーフ編集

1970年代のアイドルホースハイセイコーのデビュー地であり、大井競馬では6戦6勝(重賞・青雲賞も含む)。死去後に青雲賞はハイセイコー記念と改称し、あわせて馬像が作成され、大井競馬場の場内に設置されている(他に中山競馬場新冠町)。

またハイセイコー以外の大井競馬場に所属し、活躍した名馬を称えて、以下の14頭14枚のレリーフが大井競馬場内に飾られている。

主な企画編集

  • 2006年に企画された「TCK夢プロジェクト」は、ファンに1頭の競走馬(大井競馬場を所有する東京都競馬株式会社の持ち馬)の命名権利と、優勝時の口取りの記念写真に写れる権利を与えるというものであった[27]。馬名は「トゥインクルバード」に決まった[28]が、「トゥインクル」は大井競馬場のナイター競走の名前であるトゥインクルレースに由来し、「バード」は父親のマリエンバードに由来すると同時に、大井競馬場から世界へ羽ばたいて欲しいという夢を託したものである。馬は大井の矢作和人厩舎に所属し、2006年10月20日の大井競馬新馬戦でデビューし勝利[29]。1年以上の長期休養に入るまでは近況が大井競馬場のウェブサイトで随時報告されていた。最終的には10戦2勝の成績を残した。
  • 2007年、イナリワンの里帰りが8月18日に予定されていたが、その日に出走を予定していた競走馬の一部から馬インフルエンザの疑いがもたれた可能性があったため、公正な競馬開催が確保できないとして競馬の開催は中止、馬事イベントも完全中止となった[30]。その後ファン有志がイベントの開催を熱望したため、12月28日に改めて行われた。
  • 2022年4月開催から2023年3月31日開催まで、「ファイナルレース 勝利ジョッキー 2択予想キャンペーン」という企画を実施している[31]。これは大井競馬場開催日に、TCK公式のTwitterにおいて最終12Rの勝利騎手の所属を当てるもので、大井所属の場合はリツイート、それ以外の所属の場合はいいねを押して参加するものである。左回り1650m限定競走の「Make new way~」を含む大井競馬場開催期間中の毎日行われ、特設サイトでレースの結果も掲載されている[32]。また同時に「TCK重賞勝利ジョッキーを当てろ!キャンペーン」も実施しており、こちらは該当期間中に実施される大井競馬場の重賞レースの勝利騎手を当てるもので、帝王賞東京大賞典などといった交流ダート重賞や大井競馬場の重賞であるブリリアントカップ東京シンデレラマイルなどを含む対象レース[33]のキャンペーンツイート投稿後からレース発走5分前まで受け付ける。上記の「ファイナルレース 勝利ジョッキー 2択予想キャンペーン」と同様、レースの結果は特設サイトに記載されている。

TCK大賞編集

前年の大井競馬場で優秀な成績をおさめた人馬や、大井競馬場の発展に功績のあった人馬等を年1回顕彰している。2014年創設[34]

過去の受賞者はTCK大賞の項目を参照

放送体制編集

テレビ中継は地上波およびCSテレビ、インターネット配信にて行われている。

地上波では1960年代から1985年ごろまではテレビ朝日、1985年ごろから1990年代半ばまではTVKテレビがそれぞれ中継を行っていたが、いずれも終了しており、1995年11月6日以降現在まではTOKYO MXが行っている。

2008年以降はTOKYO MXの番組編成が変更となり、アナログ放送および地上デジタル放送メインチャンネル(TOKYO MX 1)での放送が打ち切られ、地上デジタル放送サブ(TOKYO MX 2)、ワンセグのみでの放送となった。後にメインチャンネル(TOKYO MX 1)に復帰。

2019年以降の東京大賞典はフジテレビBSフジが同時中継を行っている。

また、スカパー!南関東地方競馬チャンネル (Ch.120、Ch.678) では全レースを放送している(Ch.120は標準画質からHD放送への移行にともない、2014年5月31日をもって放送終了。詳細は東京シティ競馬中継を参照)。

2012年4月からはダートグレード競走、同年10月以降は、ほとんどの重賞競走[注 10]についてはグリーンチャンネルでも放送されている(詳細はグリーンチャンネル地方競馬中継を参照)。

2020年11月3日開催のジャパンブリーディングファームズカップから定額制動画配信サービスDAZNにて、重賞競走を含む一部のレース中継をライブ配信する事を同年10月13日に発表した[35]

競馬場内での場外発売施設編集

ふるさとコーナー
J-PLACE大井
基本情報
開設日 J−PLACE - 2013年(平成25年)4月7日
施設設置者 東京都競馬株式会社
発売単位 100円単位
開催日営業時間 ふるさと - 大井本場・南関東場外開催時(ナイター開催は12:00頃 -)
J−PLACE - 大井本場開催時の日曜祝日12:00頃 -
外部リンク TCK・TCKについて
テンプレートを表示

ふるさとコーナー編集

正門2階に設置されている「ふるさとコーナー」では、ばんえい競馬(帯広競馬場)・ホッカイドウ競馬(門別競馬場)・名古屋競馬(名古屋競馬場)の場外発売を行っている。発売日は帯広・門別・名古屋の開催が、大井本場または南関東場外の発売日と重なる時になる。ただし大井・南関東または発売場いずれかがナイター時間帯の場合は、12:00頃以降のレースから大井・南関東の開催時間一杯までの発売となる。なお払戻は、以前はふるさとコーナー専用払戻機のみであったが、現在は大井競馬場の全ての払戻機及び、一部を除く全国の地方競馬場・場外発売所で受けられる[36]

J-PLACE大井編集

2013年4月7日よりL-WINGにおいて、日本中央競馬会からの委託により「J−PLACE大井」としてJRAの馬券を発売する。ただし発売は大井本場開催日の日曜祝日、並びに有馬記念ホープフルステークスの開催日(この2競走実施日は大井本場開催の有無にかかわらず発売)で12:00頃以降のレースのみとなる。払戻は大井のほか全国のJ−PLACE施設・offt後楽園offt汐留(offt後楽園・汐留は、南関東4競馬場での場外発売実施日に払い戻し可能)で可能。

offt大井編集

2015年11月1日に新スタンド「GーFRONT」が竣工したのに伴い、大井以外で南関東の地方競馬が施行される日の場外発売を「offt大井(オフト・おおい)」として、11月9日より運用を開始することになった。通常開催日は3000円の入場料となっている3Fプライムシートが500円、2Fのヴィクトリーシートは開催日1000円のところを無料で開放する。また他場場外発売実施日などを中心にトークショーなどのイベントも予定している[37]

発売する馬券の種類編集

大井競馬場では馬券を9種類発売しており、これは中央・地方通じて最も多い。

○…発売 ×…発売なし

単勝 複勝 枠番連複 枠番連単 馬番連複 馬番連単 ワイド 3連複 3連単
大井競馬場
払戻率[38][注 11] 80% 75% 72.5%
J−PLACE ×
ふるさと/offt 本場発売の種類全て
  • 2014年12月29日から31日の開催では最終レースに限り、馬番連複の払戻率を77.7%に変更した[39]
  • 「ワイド」(拡大馬番号二連勝複式)という名称は、大井競馬場とJRAとの共同で公募され、決定したものである。
 
大井競馬場限定で発売されているウマタセーヌ馬券

場外発売所編集

各地で場外発売を行っており、地方競馬としては幅広く展開している。

特に記述のない発売所では、大井競馬場の他、浦和競馬場・川崎競馬場・船橋競馬場の場外発売も行っている。

詳細は場外勝馬投票券発売所#地方競馬の場外勝馬投票券発売所や、「南関東4競馬場共同サイト」内の場外発売案内ページ[2]を参照。

東京地区編集

  • offt後楽園(東京都文京区
    • 帝王賞・ジャパンダートダービー・JBC・年末の東京大賞典・東京シンデレラマイルおよび東京2歳優駿牝馬の施行日当日は、隣接するJRAウインズ後楽園C館(38窓)でも発売する。払戻についてはウインズ後楽園(施行日当日のみ)南関東4競馬場と南関東場外(各offt・新潟地区・益田場外も含む)で可能。
  • offt汐留(東京都港区
    • ウインズ汐留の7階に併設。JRAが管理する8階有料フロアも開放される場合がある。
    • 大井競馬のみ発売し、浦和・川崎・船橋の場外発売は行わない。
  • offt京王閣(東京都調布市)- 2014年3月30日開設

関東地区編集

北海道・東北地区編集

新潟地区編集

いずれも廃止された旧新潟県競馬から引き継いだ施設。

中国・四国地区編集

廃止編集

  • ニュートラックいいたて(旧上山競馬の場外発売所)
  • 三条場外発売所(新潟県三条市、旧三条競馬場

アクセス編集

 
錦糸町駅からのシャトルバス

注・出典編集

注釈編集

  1. ^ オートレース場は群馬県伊勢崎市に移転し、現在の伊勢崎オートレース場となっている。
  2. ^ 都内の公営競技場の多くは、主催が特別区や市に移管されたが、大井オートレース場と後楽園競輪場が廃止された。
  3. ^ a b 国内ではかつて東京競馬場が両回りコースであったが1984年をもって左回りに統一された。以後、フランスメゾンラフィット競馬場が世界唯一の両回りコースであったがこちらは2019年をもって競馬開催を終了している[16]
  4. ^ 無観客で行われるミッドナイト競輪ミッドナイトオートレースミッドナイトボートレースはこれよりも遅い時間に最終競走が行われている。
  5. ^ ただし、2012年10月以降はJRAのインターネット投票システム「地方競馬IPAT」の発売可能時刻に対応するため20時40分に最終競走を施行する日もある。
  6. ^ 2003年11月3日JBCが開催された際は、中央競馬地方競馬を問わず、全国各地の競馬場場外発売所で馬券が発売されたこと、また福島競馬場で中央競馬が開催されたことから、プチ・トゥインクル開催で施行した。
  7. ^ ユングフラウ賞への優先出走権は上位2頭だが、優勝馬はさらに桜花賞への優先出走権も加わる。
  8. ^ ○○内はその月の英語表記が入り、開催時期によって表記が異なる。
  9. ^ ダート2000mの日本記録
  10. ^ 地方競馬IPATで発売されない東京シンデレラマイル、東京2歳優駿牝馬は放送されない。
  11. ^ 法改正の前後にまたがる2014年4月1日から4日は経過措置として、全賭式75%とされた。

出典編集

  1. ^ a b c d e TCKヒストリー(50's 大井競馬 誕生) - 特別区競馬組合、2014年12月15日閲覧
  2. ^ 「減らす分肩代わり 美濃部宣言に区が反逆」『中國新聞』昭和45年1月17日夕刊 7面
  3. ^ TCKヒストリー(70's アイドルホース ハイセイコーデビュー) - 特別区競馬組合、2014年12月15日閲覧
  4. ^ a b c TCKヒストリー(90's 新しい競馬の幕開け) - 特別区競馬組合、2014年12月15日閲覧
  5. ^ 競馬四季報1980年春季号
  6. ^ GーFRONT特設サイト
  7. ^ 地方競馬1レース&1日の売上レコード更新!第62回東京大賞典競走 当日開催成績について 東京シティ競馬・2016年12月29日・2018年8月15日閲覧
  8. ^ ~1年間ご愛顧ありがとうございました~2年連続売上1100億円・1日平均売上11億円を達成! 東京シティ競馬・2017年3月24日・2018年8月15日閲覧
  9. ^ ~地方競馬1レース&1日の売上レコード更新!~第63回東京大賞典(GI)当日開催成績について 東京シティ競馬・2017年12月29日・2018年8月15日閲覧
  10. ^ 売得金が15年ぶりに1200億円超え!1日平均も13億円超え! 東京シティ競馬・2018年3月30日・2018年8月15日閲覧
  11. ^ a b 【地方競馬】大井・黒潮盃当日の売得金は21億2927万400円で1日売上げレコードを記録 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年8月20日閲覧。
  12. ^ 2021年11月19日(金) 大井競馬場は世界唯一の左右両回りコースへ!初となる左回りレースは第12競走(20時50分発走予定)に実施! | News” (日本語). 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2022年1月12日閲覧。
  13. ^ 大井競馬場は世界唯一の左右両回りコースに! 本日、初となる左回りレース「Make New Way賞」実施 記念すべきレースで御神本訓史騎手が地方競馬通算2500勝を達成! | News” (日本語). 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2022年1月12日閲覧。
  14. ^ TCKが、左回りでやってくる。” (日本語). www.tokyocitykeiba.com. 2022年1月12日閲覧。
  15. ^ a b c d e f g h 平成26年度 大井競馬番組 (PDF) - 特別区競馬組合、2014年12月12日閲覧
  16. ^ a b c 大井競馬場開場70周年、現存世界唯一の両回りコースに” (2020年3月31日). 2021年11月2日閲覧。
  17. ^ a b c 大井競馬場 - 地方競馬全国協会、2021年11月18日閲覧
  18. ^ 大井競馬場開場70周年、現存世界唯一の両回りコースに サンケイスポーツ・2020年3月31日・2021年5月15日閲覧
  19. ^ 大井競馬場が左回りコース導入予定 netkeiba.com 2020年3月30日
  20. ^ 東京シティ競馬2021年度のコミュニケーションテーマは 「誇りにまみれよ、オトナたち。」 イメージキャラクターは菜々緒さん、志尊淳さんに決定! 東京シティ競馬・2021年3月25日・2021年5月15日閲覧
  21. ^ 2021年11月19日(金) 大井競馬場は世界唯一の左右両回りコースへ!初となる左回りレースは第12競走(20時50分発走予定)に実施! 東京シティ競馬・2021年10月26日・2021年10月26日閲覧
  22. ^ 大井左回りレース、11月19日に実施決定 サンケイスポーツ・2021年10月26日・2021年10月26日閲覧
  23. ^ 〜 2012年フィナーレ・東京大賞典直前! 〜 年忘れカウントダウントゥインクル 開幕! - 東京シティ競馬公式サイト 2012年11月5日
  24. ^ “大井競馬場 スタンドリニューアル工事の開始について” (プレスリリース), 特別区競馬組合, (2014年5月28日), http://www.tokyocitykeiba.com/news/12604 
  25. ^ 都心に10,000㎡の都市型イベントスペース UMILE SQUARE ウマイルスクエア が誕生します東京都競馬株式会社ニュースリリース 2016年7月20日
  26. ^ 2017年度競馬番組等について日本中央競馬会、2016年11月16日閲覧
  27. ^ 『TCK夢プロジェクト』〜あなたが名づけた馬がTCKを駆け抜ける〜” (日本語). TCK NEWS. 特別区競馬組合 (2006年6月4日). 2012年2月28日閲覧。
  28. ^ TCK夢プロジェクト 馬名決定!その名は・・・「トゥインクルバード」” (日本語). TCK NEWS. 特別区競馬組合 (2006年8月4日). 2012年2月28日閲覧。
  29. ^ TCK夢プロジェクト トゥインクルバード号情報(vol.1)〜「トゥインクルバード」号デビュー戦初勝利!〜” (日本語). TCK NEWS. 特別区競馬組合 (2006年10月20日). 2012年2月28日閲覧。
  30. ^ 8月18日第9回大井競馬第3日目の開催中止について - 特別区競馬組合、2014年12月14日閲覧
  31. ^ [1]
  32. ^ 2022年7月15日終了時点で、大井12Rの勝利が多いのは、達城龍次騎手の5勝(4/22、5/12、5/23、5/26、5/27)で、真島大輔騎手(5/10、5/11、6/9、7/15)と和田譲治騎手(4/21、5/25、6/30、7/12)の2人が4勝で続いている。
  33. ^ このうち、羽田盃東京ダービージャパンダートダービーマイルグランプリ黒潮盃東京記念は対象外となっていることが注釈されている。
  34. ^ ~2013年 大井競馬場で最も活躍した人馬が決定~ TCK大賞 受賞馬決定! | News” (日本語). 東京シティ競馬 : TOKYO CITY KEIBA. 2021年2月17日閲覧。
  35. ^ スポーツ配信チャンネル「DAZN」でのレース中継11月3日(火・祝)JBC当日からスタート!”. 東京シティ競馬 (2020年10月13日). 2020年10月16日閲覧。
  36. ^ 地方競馬相互払戻表 2014/12/15現在
  37. ^ 浦和・船橋・川崎の馬券がG-FRONTで買える!11月9日(月) オフト大井オープン!(2015年11月6日 11月15日閲覧)
  38. ^ 勝馬投票券の払戻率変更について(2014年4月20日より適用の払戻率) - 東京シティ競馬・2014年2月28日
  39. ^ 普通馬番号二連勝複式勝馬投票法の払戻率の変更について - 東京シティ競馬・2014年11月26日
  40. ^ オフト伊勢崎の開設について - TCK公式サイト 2013年2月8日

参考文献編集

  • 「大井競馬の歩み-特別区競馬組合50年史-」平成13年9月発行

関連項目編集

外部リンク編集