メインメニューを開く

ドッグ・イン・パラダイス

ドッグ・イン・パラダイス』(原題:C'era un castello con 40 cani,英題:There Was a Castle with Forty Dogs)は、1990年イタリア/フランスコメディ映画ドゥッチョ・テッサリ監督、ピーター・ユスティノフロベルト・アルピイタリア語版サルヴァトーレ・カシオデルフィーネ・フォレストイタリア語版メルセデス・アロンゾスペイン語版ジャン=クロード・ブリアリ出演。

ドッグ・イン・パラダイス
C'era un castello con 40 cani
There Was a Castle with Forty Dogs
監督 ドゥッチョ・テッサリ
脚本 マルチェロ・コシア
エンニオ・デ・コンチーニ
ドゥッチョ・テッサリ
マーナヘン・バレスコ
原作 レモ・フォルラーニフランス語版
製作 フランコ・クリスタルディ
出演者 ピーター・ユスティノフ
ロベルト・アルピイタリア語版
サルヴァトーレ・カシオ
デルフィーネ・フォレストイタリア語版
メルセデス・アロンゾスペイン語版
ジャン=クロード・ブリアリ
音楽 デット・マリアーノイタリア語版
撮影 マルコ・オノラートイタリア語版
カルロス・スアレス
編集 マリオ・モッラ
製作会社 レ・フィルム・アリアンフランス語版
ムービースタジオ
クォーツ・フィルム
レテイタリア
ビデ・チネマトグラフィカ
配給 フランスの旗 レ・フィルム・アリアン
日本の旗 JCA=ビクター音響/T.C.I
公開 イタリアの旗 1990年1月5日
日本の旗 1991年6月29日
上映時間 98分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
スペインの旗 スペイン
ベルギーの旗 ベルギー
言語 イタリア語
テンプレートを表示

レモ・フォルラーニフランス語版による小説『Au bonheur des chiens』が原作である[1][2]

ストーリー編集

幼い頃に実の父親を亡くした9歳の少年トムは広告業をしている母親のジョバンナと、その恋人で仕事が落ち着いたら彼女と結婚するつもりだというコンピューター会社に勤める都会好きなボブ・ボッツィの3人で、慌ただしいミラノの都会生活を送っていた。ある日ボブは弁護士のレンゾーニから、死亡した遠い親戚のエミリア伯爵夫人が所有していたトスカーナ州にある城の相続人がボブに決まったことを伝えられ、トムたち3人は城を見にトスカーナに向かう。そして城の見学を終えたボブが、早く大好きなミラノに帰るため売却の手続きをレンゾーニに頼んだ直後、伯爵夫人の飼い犬ペピークとともにメイドのユリンカとオルカが現れる。トムは昼食の食材を買うためオルカに村の食品店へ連れて行ってもらい、店員のビオレッタと知り合う。さらにトムはビオレッタの父親からスタンリオとオリオという名の伯爵夫人の飼い犬2匹を預かっていることを知らされ、餌として与えた肉代を含める30万リラを請求される。

犬まで相続するつもりはなかったボブは犬を返しに行くことを決め、ジョバンナともし引き取りを拒否された場合について話し合い、そのときには獣医に処分してもらうことにした。だが店に着きビオレッタと話したボブは、彼女から伯爵夫人の遺言で城を相続する条件として犬を飼う事が挙げられており、犬を飼わないなら城も諦めるしかないと言われる。仕方なく城が売れるまで犬をユリンカたちに預けることにして今日中にミラノに帰ろうとするボブだが、ジョバンナはロケッタ公爵夫人と勝手にディナーの約束をしていたため、彼は渋々彼女と公爵夫人宅に赴く。そのころ犬と城で留守番をしていたトムは、脆くなっていた床を踏み抜き城の地下に落下して閉じ込められるが、スタンリオとオリオに助けられる。帰宅したボブは自分たちの寝室に犬を連れ込んだトムに犬を外へ出すよう言うが、ジョバンナになだめられ今日だけトムの部屋で寝ることにする。

翌日ボブがビオレッタの店に犬の餌代を払いに出かけているとき、ロケッタ夫妻が城を訪れてジョバンナにチベットへ行く用事があるため犬のミレディを預かって欲しいと頼み、彼女はそれを了承する。店でビオレッタと話していたボブのところにオルカが駆けつけ、城で大変なことが起きていると伝えられる。ビオレッタと城に帰ったボブは、木の上から降りられなくなっているトムとミレディを目にする。公爵夫人の犬が城にいることを不思議に思うボブだが、とりあえず木に登ってトムたちを助けようとする。しかし枝が折れて地面に落下してしまい怪我を負ったボブは、ビオレッタに連れられて獣医のムジョーネの家へ訪れ肩の脱臼を治してもらう。だが一ヶ月安静にするよう言われたボブは、ミラノへ帰ることを延期せざるを得なくなる。

キャスト編集

スタッフ編集

日本語版スタッフ

参考文献編集

  1. ^ Roberto Chiti, Enrico Lancia, Roberto Poppi. Dizionario del cinema italiano: I Film. Gremese Editore, 2002. 
  2. ^ Cristina Balzano. Cento anni di cinema civile: dizionario cronologico tematico. Editori Riuniti, 2002. 

外部リンク編集