ドナウの旅人』(ドナウのたびびと)は、宮本輝の代表的長編小説である。ドナウ川に沿って西ドイツからルーマニアまでの3,000kmを旅する母と年下の愛人、娘とドイツ人の恋人の2組の男女の心境の変化と成長を、旅の途中で出会う異国の人々、風景とともに描く。

作品の経緯編集

あらすじ編集

麻沙子の母・絹子は「ドナウを旅したい」という手紙を娘に残し、夫を捨てて家を出る。絹子は17歳年下の愛人・長瀬道雄とともに西ドイツに向かっていた。麻沙子も母を追って西ドイツに向かい、かつてのドイツ人の恋人シギィと再会する。母と長瀬、そして母を見つけた麻沙子とシギィの4人は、ドナウ川を下る旅に出る。

テレビドラマ編集

ドナウの旅人
ジャンル テレビドラマ
原作 宮本輝
企画 近藤晋
脚本 市川森一[1]
監督 深町幸男
出演者 佐久間良子
麻生祐未
根津甚八
河原崎長一郎
杉浦直樹
大滝秀治
音楽 間宮芳生
国・地域   日本
言語 日本語
話数 全2話
製作
製作 テレビ朝日
総合プロデュース
放送
放送局テレビ朝日系列
映像形式4:3
音声形式モノラル
放送国・地域  日本
放送期間1989年10月1日 - 10月2日
前編
放送局テレビ朝日系列
映像形式4:3
音声形式モノラル
放送国・地域  日本
放送期間1989年10月1日[2]
放送時間日曜日21:02[3] - 22:54
放送枠日曜洋画劇場特別企画
放送分112分
後編
放送局テレビ朝日系列
映像形式4:3
音声形式モノラル
放送国・地域  日本
放送期間1989年10月2日
放送時間月曜日21:00 - 22:24[4]
放送分84分

特記事項:
  1. ^ [1]
  2. ^ この日は熊本朝日放送が開局した日でもある。
  3. ^ 21:00 - 21:02に『日曜洋画ハイライト』を放送。
  4. ^ 21:00の『どーする!?TVタックル』は休止。22:00の『ニュースステーション』は22:30に繰り下げ。23:25の『トゥナイト』は23:52開始で番組の途中で日付を翌10月3日にまたいで放送された。
テンプレートを表示

1989年10月1日10月2日の2夜連続にわたって、テレビ朝日開局30周年記念ドラマスペシャルとして放送された。

ほか

関連項目編集

外部リンク編集