ドナカ・オブライエン

アイルランドの騎手

ドナカ・オブライエンDonnacha Aidan O'Brien[1]香港表記:岳品賢1998年7月22日 - )はアイルランドの元騎手・現調教師。父は世界的調教師のエイダン・オブライエン。兄は元騎手で現調教師のジョセフ・オブライエン[2]

ドナカ・オブライエン
基本情報
国籍 アイルランドの旗 アイルランド
出身地 アイルランドの旗 アイルランドティペラリー県
生年月日 (1998-07-22) 1998年7月22日(26歳)
騎手情報
初免許年 2014年アイルランドの旗 アイルランド
免許区分 平地競走
騎手引退日 2019年
経歴
所属 2014年 - 2019年 アイルランド
テンプレートを表示

経歴

編集

2014年9月に16歳で初勝利を挙げる。2016年8月にオーダーオブセントジョージでアイリッシュセントレジャートライアルステークス(GIII)を制して初の重賞勝ちを収めると、翌月のモイグレアスタッドステークスを兄ジョセフの管理馬イントリケイトリー(Intricately)で制し、初のGI制覇を果たした。ジョセフにとってもこれが調教師としての初のGI制覇であった[3]

2018年英2000ギニーでは、ケンタッキーダービーメンデルスゾーンに騎乗するライアン・ムーアの代打として日本産馬サクソンウォリアーとコンビを組んで優勝し、19歳で自身初のクラシック競走制覇を達成。また、管理する父エイダンにとっては節目のGI300勝目となった[4]。同年のアイリッシュダービーでは兄の管理馬ラトローブ(Latrobe)に騎乗し、ムーア騎乗のサクソンウォリアーなどを抑えて勝利した[5]

2019年のシーズン後、騎手を引退して調教師に転身した[6]。翌2020年ファンシーブルーディアヌ賞を勝利。調教師として初のクラシック制覇を果たした。

成績

編集

騎手時代

編集

主な勝ち鞍

編集

調教師時代

編集

主な勝ち鞍

編集

脚注

編集
  1. ^ Donnacha Aidan O'Brien | Record By Race Type | Racing Post 2022年7月21日閲覧
  2. ^ 平松さとし. 【世界の騎手列伝 vol.105】ドナカ・オブライエン. UMAJiN(2016年3月10日付). 2018年7月30日閲覧
  3. ^ Donnacha O'Brien. Horse Racing Ireland. 2018年8月1日閲覧
  4. ^ サクソンウォリアーの英2000ギニー優勝でオブライエン家が快挙達成(イギリス). 公益財団法人ジャパン・スタッド・インターナショナル(2018年5月10日付). 2018年8月1日閲覧
  5. ^ 合田直弘. サクソンウォリアーを破ったラトローブの父・キャメロットには要注目. netkeiba.com(2018年7月4日付). 2018年8月1日閲覧
  6. ^ エイダン次男ドナカ・オブライエン騎手21歳で引退 日刊スポーツ(2019年11月25日付). 2019年11月25日閲覧
  7. ^ https://www.horseracingnation.com/horse/Fancy_Blue_1