中東北アフリカコーカサス中央アジアインドドム(Dom、アラビア語: دومي‎ / ALA-LC: Dūmī , دومري / Dūmrī ; エジプト・アラビア語: هناجرهHanagra ドマドミとも呼ばれる)は、インド・アーリア系民族である。

ドム
Dom man2 kurta eastbengal1860.jpg
(約2,158,400 [1])
居住地域
中東北アフリカ
エジプトの旗 エジプト 1,080,000 [1]
トルコの旗 トルコ 500,000
インドの旗 インド 202,000[2]
アフガニスタンの旗 アフガニスタン 100,000
イランの旗 イラン 80,000[1]
イラクの旗 イラク 50,000
シリアの旗 シリア 37,000[2]
リビアの旗 リビア 33,000
チュニジアの旗 チュニジア 30,000
アルジェリアの旗 アルジェリア 30,000
モロッコの旗 モロッコ 30,000
スーダンの旗 スーダン 20,000–50,000
ヨルダンの旗 ヨルダン 25,000
パレスチナの旗 パレスチナ 7,200[1]
レバノンの旗 レバノン 7,000
イスラエルの旗 イスラエル 2,000[2]
キプロスの旗 キプロス 1,200
バングラデシュの旗 バングラデシュ 2,000
アルメニアの旗 アルメニア 1,000
ジョージア (国)の旗 ジョージア 1,000
アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 1,000
ロシアの旗 ロシア 500[2]
クウェートの旗 クウェート 500
言語
ドマリ語ペルシャ語アラビア語アゼルバイジャン語クルド語トルコ語パシュトー語シリア語ヘブライ語アルメニア語
宗教
イスラム教キリスト教
関連する民族
ロマロムドンバ、その他のインド・アーリア人

文化編集

ドムは昔からの言い伝えを持ち、彼らの文化および歴史音楽踊りによって表現する。当初は、ドムはロマから分岐した集団であると考えられていたが、ドマリ語の近年の研究は彼らがインド亜大陸からより早くに(おそらく6世紀頃[3][出典無効])出発したことを示唆している[4]。世界的に使われているジプシーの自称は「Rrom」であった[5]。これはロマ語で人間を意味する。ロマやドム、ロムなどの単語は、6世紀に分かれたロマ人を表現するために使われていた。複数の部族が西ヨーロッパに移動しロマと呼ばれたが、ペルシャやトルコに残ったもの達はドムと呼ばれた[6]

様々なドムの亜集団の中で、ガワジーが踊りや音楽によって最も著名である。ガワジーの踊り子はエジプトでのラクス・シャルキー様式の発展と結び付いており、これは最終的には西洋のベリーダンスへと繋がっている。

分布編集

推定220万人の大半がトルコエジプトイランに居住しており、アフガニスタンイラクにもかなりの数がいる。少数がリビアチュニジアアルジェリアモロッコヨルダンシリア、その他の中東諸国に居住している。

一部のドムは国勢調査から除外されたり、その他はドム以外に自分自身を分類したりしているため、実際の人口は不明である。今日、彼らは居住地域の多数派の主流言語を話すが、ドマリ語もより排他的なコミュニティーでは話され続けている。イラン人やアフガン人は彼らをgurbatiあるいはkouli(どちらも「よそ者」の意)と呼ぶ。

イラン南東部のバルーチ地方で見られるドムの集団はロリである。ドムはパキスタン実効支配するギルギット・バルティスタン州チトラル、スワート、コヒスタン、ラダック地域にも少数が居住している。ギルギットでは、ドムは同じく音楽家、鍛冶屋であり、同様の単純労働を行うKameenやMonsと一体となっている。

ヨルダンにはドムの大きな集団が存在する。研究者らは、彼らが真のアイデンティティーを明らかにするとアラブ社会に受け入れられないため、「彼らは自らの民族としての独自性を隠すことによってアラブ民族主義に適応している」と主張している[7]

脚注編集

  1. ^ a b c d Thomas A. Acton; Donald Kenrick and Allen Williams (2005年5月). “Dom Population Chart”. DOM Research Centre – Middle East and North Africa Gypsy Studies. Dom Research Center. 2012年12月26日閲覧。
  2. ^ a b c d BOERGER, Brenda H.; Lewis, M. Paul (ed.) (2009–2012). “Domari A language of Iran”. Ethnologue: Languages of the World, Sixteenth edition. SIL International (formerly known as the Summer Institute of Linguistics). 2012年12月26日閲覧。
  3. ^ Ian Hancock (2007–2008). “ON ROMANI ORIGINS AND IDENTITY”. RADOC. RADOC The Romani Archives and Documentation Center The University of Texas at Austin. 2012年12月26日閲覧。
  4. ^ Professor Yaron Matras (2012年12月). “Domari”. [romani] project. School of Languages, Linguistics and Cultures The University of Manchester. 2012年12月26日閲覧。
  5. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月10日閲覧。
  6. ^ Donald Kenrick (2004). Gypsies: From the Ganges to the Thames. Univ of Hertfordshire Press. pp. 24–. ISBN 978-1-902806-23-5. http://books.google.com/books?id=df2mIOnbrDoC&pg=PA24 2012年12月26日閲覧。. 
  7. ^ Gypsies and the problem of identities: contextual, constructed and contested, Volume 2003, Volume 17 of Transactions S, Volume 17 of Transactions (Svenska forskningsinstitutet i Istanbul), Gypsies and the Problem of Identities: Contextual, Constructed and Contested, by Adrian Marsh, Elin Strand, Svenska forskningsinstitutet i Istanbul, editors Adrian Marsh, Elin Strand, published by Swedish Research Institute in Istanbul, 2006, p. 207 [1]

関連項目編集

外部リンク編集