メインメニューを開く

龍人(りゅうじん、竜人)は、神話上の神々に見られる描写である。創作上の架空の生物でも良く見られる。創作上の竜人はドラゴニュート (Dragonewt)とも言われる。

二足歩行で、もしくはドラゴンの姿をしている獣人である。

目次

特徴編集

 
竜王像。北京頤和園にて。

古くは八大竜王四海竜王伝承、西遊記の竜王の絵や像は形としてはまさに龍人である。

日本の古墳では四方の四神が描かれた壁の下にそれぞれ三体ずつ十二支の獣面(獣頭)人身像が描かれている文化がある。しかし、キトラ古墳では北壁・玄武の「」、東壁・青竜の「」、西壁・白虎の「」、南壁・朱雀の「」など6体の発見に留まっており、の獣面(獣頭)人身像はまだ発見されていない。

ヨーロッパ地域ではドラゴンメイドという半ドラゴン半人あるいはドラゴンに変化した女性の伝説がある。また、半蛇半人のメリュジーヌの伝説にもドラゴンの翼を持つとするものがあり、関連性が指摘されている。ギリシャ神話にはケクロプスのような男の半人半竜の神もいる。中欧にはズメウのような竜人もいる。

人頭竜身像は世界的に残されているところは少ない。ただし中国の創世神話の伏羲女媧の姿は人首竜身(または人首蛇身)で描写される。また山海経には数多くの人頭蛇身の神々・怪物が描かれている。

創作世界の龍人編集

創作世界においては、人や竜(ドラゴン)への変身の有無、皮膚及び蛇腹)の色、の有無、飛行の可能不可、武器の有無(あるいは前肢)によるその所持の可能不可)など、作品によって様々な違いがある。

ファンタジー系ロールプレイングゲーム等においては、人間の姿を基本に、竜もしくはドラゴンの身体の一部(翼や尻尾)が生えていたりする姿で描かれる事が多いが、『ファイアーエムブレム』シリーズに登場するマムクートや『ブレス オブ ファイア』シリーズの竜を始め、完全に人間の姿の者も多く観られる(この場合は、必要に応じて竜へと変身する)。

ドラゴニュート (Dragonewt) という言葉は、この創作世界で多用される言葉である。卵胎生なのかどうかといった様な生物学的な設定も、作品等によって異なり一定していない。

参考文献編集

  • ローズ, キャロル『世界の怪物・神獣事典』松村一男監訳、原書房〈シリーズ・ファンタジー百科〉、2004年12月。ISBN 978-4-562-03850-3

関連項目編集