十二支のひとつで第3番目
Tiger.svg
十干
十二支
Central Tiger.jpg

(とら、いん)は、十二支のひとつ。通常十二支の中で第3番目に数えられる。

前は、次はである。

概要編集

  • 寅年は、西暦を12で割って6が余る年となる(日本では新暦1月1日に始まるが、中国では旧暦1月1日に始まる)。
  • 寅の月は旧暦1月(概ね新暦2月)。
  • 寅の刻は午前4時を中心とする約2時間。
  • 寅の方は東北東よりやや北寄り(北東微南:北基準右廻り60°)の方角である。
  • 五行は木気。
  • 陰陽は陽である。

伝承編集

漢書』律暦志によると寅は「螾」(いん:「動く」の意味)。春が来て草木が生ずる状態を表しているとされる。

後に覚え易くするために動物のが割り当てられた。

五黄の寅編集

五黄の寅年生まれは気が強いと言われ、この年に女子が産まれることを忌む俗習がある(同様の俗習については「丙午」も参照)。「於菟」(おと)と名づける習慣があり、『広辞苑』には「於菟は虎の異称であり、わが国で猫の異称」とも書いてある。読みは「ごおうのとら」だが、訛って「ごごうのとら」「ごうのとら」「ごこうのとら」などとも言われる。

五黄の寅は36年に1回訪れる(「五黄土星#五黄土星の(中宮になる)年」も参照)。20世紀以降で現在までの該当年は以下のとおりである。

五黄の寅年(西暦と和暦)

相場格言編集

相場格言に「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」がある[1]

寅を含む干支編集

於菟を含む名前編集

脚注編集

  1. ^ 金融市場NOW Financial Market Review vol.121 ニッセイアセットマネジメント、2020年1月13日閲覧。

関連項目編集