ドラマティック・ディズニーシー

ドラマティック・ディズニーシー』(Dramatic DisneySea)は、2004年9月4日東京ディズニーシー (TDS)開園3周年の日)から10月24日2005年9月4日(同4周年の日)から10月24日にTDSで開催されたスペシャルイベントである。

イベントのロゴや内容はそれぞれ異なる。詳しくは下記参照。

ドラマティック・ディズニーシー2004編集

ドラマティック・ディズニーシー2004』(Dramatic DisneySea 2004)は、TDS開園3周年の日である2004年9月4日から10月24日にかけて開催された。正式名称は『ドラマティック・ディズニーシー2004 at 東京ディズニーシー』(Dramatic DisneySea 2004 at Tokyo DisneySea)。テーマは「アートなディズニー」。

スタイル!編集

スタイル!』(Style!)は、ドラマティック・ディズニーシー2004のエンターテイメントショー。

ミニーマウスをはじめとし、ディズニー映画『アラジン』のジャスミン姫や、『ピノキオ』のブルーフェアリー、『ファンタジア』に登場する虹の女神アイリスと月の女神ダイアナ、『リトル・マーメイド』のアリエル、アースラ[1]などで構成されるパレードおよび水上ショー。

TDSでの陸上パレードの開催は2周年の時に行われた『ミッキーのファンタスティックキャラバン』以来2回目となるが、『ミッキーのファンタスティックキャラバン』が陸上のみであったのに対し、『スタイル!』は水上にもフロートや水上オートバイが登場する。また、パレードの進行方向も『ミッキーのファンタスティックキャラバン』とは逆の時計回りの進行となる。

オープニングには、海上にミッキーマウスと女性ダンサーが乗った船が登場し、ダンスを踊る。ミッキーが今回のショーの紹介を行うと、ザンビーニブラザース・リストランテとイル・ポスティーノ・ステーショナリーの間の坂道からパレードが見えてくるようになっている。

パレードは、メディテレーニアンハーバーのピアッツア・トポリーノ(イタリア語でミッキー広場という意味。ホテルミラコスタを抜けた広場)を中心となるよう、先頭がポンテ・ヴェッキオのたもと(マクダックス・デパートメントストア正面の曲がり角)くらいに、最後尾がザンビーニブラザース・リストランテ前くらいに停止し、ショーモードに入る。

ショーモードが終了すると、パレードはそのままの方向に進行し、メディテレーニアンハーバーを1周する形でザンビーニブラザース・リストランテ裏手の門から退場する。

パレードの構成編集

左から、ユニット名、メインキャラクター、フロートのデザインテーマとなっている様式[2]。各ユニットは2台ずつのフロートで構成されている。

  • ファンタジア・イン・アールヌーボー (FANTASIA in Art Nouveau) 虹の女神アイリス、月の女神ダイアナ(『ファンタジア』より) アール・ヌーヴォー
  • アラジン・イン・アールデコ (ALADDIN in Art Deco) ジャスミン(『アラジン』より) アール・デコ
  • ミニーのファッションショー・イン・モダニズム (Minnie's FASHION SHOW in Modernism) ミニー モダニズム
  • ピノキオ・イン・ロココ (PINOCCHIO in Rococo) ブルーフェアリー(『ピノキオ』) ロココ
  • リトル・マーメイド・イン・ジャポニスム(THE LITTLE MERMAID in Japonisme) アリエル、アースラ(『リトル・マーメイド』より) ジャポニスム

使用楽曲編集

プロローグ
  • スピリット・オブ・ビューティー (Spirit of Beauty)
パレード・イン
  • ドラマティック・ディズニーシー (Dramatic DisneySea)
ショーモード
パレード・アウト
  • ドラマティック・ディズニーシー (Dramatic DisneySea)

Calla編集

ドラマティック・ディズニーシーのために結成された[3]コンテンポラリー・ストリングス・グループ「Calla(カラー)」による『ドラマティック・ディズニーシー2004』の開催期間中(日曜日〜木曜日)のみのスペシャルライヴ。ディズニーソングやクラシックなどの音楽を、シンセサイザーを交えた楽器で演奏する。ドックサイドステージで開催。1日3回公演。(天候などの理由による中止もある)

白いジャケットスーツに白いパンツスタイルの4人組女性ユニット。楽器構成はエレクトリックバイオリン×2、エレクトリックベース×2。これに打ち込みによるシンセサイザー音が加わる。ステージ上には、グループ名にちなんだカラーの花が活けられていた。

演奏される曲目は、次のパターンのうちどちらか。(A,Bは識別のためにつけたもので、公表された名称ではない)

オータムナイト・スペシャルライブ編集

『ドラマティック・ディズニーシー2004』開催期間中の毎週金曜日・土曜日には様々なミュージシャンが日替わりで登場し、ディズニーソングや『ドラマティック・ディズニーシー』テーマソングなどをアレンジして演奏した。1日3回公演。場所はドックサイドステージ

以下は『オータムナイト・スペシャルライブ』に出演したアーティスト。

左からアーティスト名、ガイドなどで紹介された歌のジャンル、出演日。

"ティピコ・オリエンタル"フロム・キューバ編集

キューバ出身のラテン・アコースティック・グループ「ティピコ・オリエンタル」(Tipico Oriental)による本格ライブ。ロストリバーデルタの「ユカタン・ベースキャンプ・グリル」内に設けられた特設ステージにて開催された。

期間中の休演日設定や、代替バンドは無い。2004年10月22日に、TDS全域が停電し、閉園時間が繰り上がった際に止むを得ず休演したことや、豪雨によって休演したことはある。

ソンと呼ばれるキューバ起源の音楽の演奏で、これを目当てに入園したサルサファンも少なくはない。演奏目当てのゲストが多い場合、会場内あちこちで立ち上がって踊り出す様が見られた。また、演奏するティピコ・オリエンタル側も、ゲストが踊るのを是とし、通い慣れた、あるいは見慣れたゲストに率先して踊るよう勧めることもあった。

最終日最終公演では、集まったゲストの強い希望とティピコ・オリエンタル側からの希望に運営キャスト側が応え、アンコール演奏が実現している。

ドラマティック・ディズニーシー2005編集

ドラマティック・ディズニーシー2005 』(Dramatic DisneySea 2005)はTDS開園4周年の日である2005年9月4日から10月24日にかけて開催された。

テーマは「Wishes Come True」。内容も2004年とは一新され、ショーはリドアイルとウォーターフロントパーク特設ステージの2箇所で行われるようになった。

ミニーのウィッシング・リング編集

ミニーのウィッシング・リング 』(Minnie's Wishing Ring)はメディテレーニアンハーバーにあるリドアイルで行われるショー。「過去の(架空の)伝説に倣い、ミニーが『願いの指輪(ウィッシング・リング)』を壷に投げ入れるセレモニーで、投げ入れた指輪によって誕生した各テーマポートの女神が、ミニーの願いを叶えようとリドアイルに集合。各テーマポートを代表するキャラクターたちも登場。」という内容。このショーが開催されている期間中は『リドアイル・ミート&スマイル』は休演となる。

使用楽曲編集

オープニング
  • ビリーブ! (Believe!)
ストーリー
  • ビリーブ! (Believe!)
  • スルー・ザ・リング (THrough The Ring)
女神登場
  • アピアランス・ザ・ミューズ (Appearance The Muse)
  • 東京ディズニーシー・テーマソング (Tokyo DisneySea Theme Song)
女神の紹介
  • アメリカンウォーターフロント (American Waterfront)
  • ポートディスカバリーテーマ (Port Discovery Theme)
  • ロストリバー (Lost River)
  • アラビアンコースト (Arabian Coast)
  • マーメイドソング (A Mermaid Song)
  • ミステリアスアイランド (Mysterious Island)
  • ポルト・パラディーゾ (Port Paradiso)
願いが叶う
  • ビリーブ! (Believe!)
フィナーレ〜チェイサー
  • ビリーブ! (Believe!)

ウィッシュ編集

ウィッシュ』(Wishes)はアメリカンウォーターフロントにあるウォーターフロントパークの特設ステージにて行われるレヴューショー。ストーリーは「『ミニーのウィッシング・リング』でミニーが壷に投げ入れた指輪の波紋によって、願いの泉が登場。『この世の素晴らしさを見せて欲しい』というミニーに大地、空、海の女神が歌いかける」という内容。途中、大地、空、海の女神が登場し、生歌を披露する。キャラクターが登場するのは序盤と終盤のみである。

使用楽曲編集

プロローグ〜オープニング
  • ビリーブ! (Believe!)
大地
  • 大地のテーマ (Land)
  • 空のテーマ (Sky)
  • 海のテーマ (Sea)
愛そして…〜フィナーレ
  • 願いは叶う (Wishes Come True)
  • ビリーブ! (Believe!)
チェイサー
  • ビリーブ! (Believe!)

女神のグリーティング編集

ミニーのウィッシング・リング 』の最後で各テーマポートへ帰っていった女神たちは、それぞれのテーマポートでグリーティングを開催している。このグリーティングはアトモスフィア・エンターテイメント扱いであり、開催される時間と場所は公開されなかった。

なお、テーマポートと女神の名前の関連は、次の通り。

  • メディテレーニアンハーバー … ロマンザ
  • アメリカンウォーターフロント … リベルタス
  • ポートディスカバリー … ミネルヴァ
  • ミステリアスアイランド … ヴェスタ
  • マーメイドラグーン … マトゥータ
  • ロストリバーデルタ … フェリシタス
  • アラビアンコースト … エキゾチカ

脚注編集

  1. ^ アースラは、ダンサーやアクターによる出演ではなく、フロート車として登場。同様にフロートとしてはジーニーやピノキオもいた。
  2. ^ 当時、TDSで配布していたガイドより抜粋。
  3. ^ イベント終了後は個々に活動を行っていたが、2008年末に再結成を行っている。