メインメニューを開く

ナマドルは、「訛りのあるアイドル」の略語[1]

公の場であっても標準語共通語を使わず、積極的に方言を使用するアイドルに対して、2007年平成19年)から用いられるようになった呼称である。

概要編集

2007年平成19年)、MBSラジオゴチャ・まぜっ!」に出演していたグラビアアイドル青島あきな(宮崎県出身・東京都在住)が、共演していた有野晋哉から「ナマドル」と命名された[2]

以降、グラビアアイドルの冠として、雑誌などのメディアを中心に用いられる様になった。

なお、普段は共通語を話すがアクセントや発音に方言の影響が出る程度の者や最初は方言で話していても共通語に直した者、「ナマドル」という語が生まれる以前から有名だった高橋愛安田美沙子などの者は、「ナマドル」に含めないことが多い。

主なナマドル編集

脚注編集

関連項目編集