ライブアイドル

マスメディアへの露出よりもライブ等を中心に活動するアイドル

ライブアイドルとは、マスメディアへの露出よりもライブ等を中心に活動するアイドルのこと[1]

歴史的変遷や言い換えが多く、プレアイドル地下アイドル(ちかアイドル)、またインディーズアイドル[2]リアル系アイドル[3]とも呼ばれる。

概要編集

地下アイドルは、「ライブアイドル」または「インディーズアイドル」、「プレアイドル」、「リアル系アイドル」とも呼ばれ、メディアにはあまり露出せず、ライブやイベントを中心に活動する女性アイドルをいう[4]。比較的小規模なライブやイベントを中心に活動するアイドルやアイドルグループを指しており、所属先は小規模な芸能事務所が多く、中には事務所に所属せず活動しているものもいる[4]

フリーライターの来栖美憂によると、1990年代、おニャン子クラブの流れを受け、大人数のアイドルグループが続々と誕生[5]。アイドルとしてのハードルはぐっと下がり、アイドルになりたいと思う女の子は急増[5]。そんな「インディーズのアイドル」がさらに先鋭化したものが地下アイドルという[5]。「インディー」は、大手媒体への露出を主とする「メジャー」と対比し、そのような露出の伴わない活動を主とするものに用いられることが多い[6]

ライブアイドルの活動は、メジャーとインディーの垣根を取り去り、職業としてアイドルになる、もしくは認められる以前の、アマチュアという意味合いで呼ばれることもある[7][注 1][注 2]

ライブアイドルの中でも活動内容によって細分化されることがあり、絵恋ちゃんは、ソロでアニソンやメジャーアイドルのカヴァーを歌っている「地底アイドルシーン」と、その上(自らの持ち歌がある)の「地下アイドルシーン」の二層構造になっている[9]吉田豪に語っている。また、ロマン優光は、「自分の音楽や表現をアイドルを通して実現しようという節のあるアーティスト性のある運営が経営している小規模なアイドル」を「インディーズアイドル」、「芸能事務所的な立ち位置の運営が経営している小規模なアイドル」を「地下アイドル」として区別している[10]

経緯編集

1980年代末頃から、それまでアイドル歌謡を歌ってきたアイドルの在り方が否定的に捉えられるようになり、1990年代に入ると、「アイドル冬の時代」へと突入して、マスメディアに登場するアイドルの形態が、それまでの歌手活動を中心とするものから女優、CM、グラビアなどを主とするものへと変化していった。こうした状況下で、アイドル黄金時代と呼ばれた1980年代と同様に歌を中心とした活動にこだわるアイドルは、J-POPにその座を奪われてテレビなどへの出演が難しかったため、地道なライブを中心に活動するようになる。その活動はテレビ番組の様な華やかな世界とは遠いもので、小規模なライブハウスや区民会館、百貨店の屋上などで行われ、握手会などを繰り返しファンと間近に交流するようになっていった。

この頃、後のライブアイドルにあたる者はプレアイドルと呼ばれ、水野あおいがその代表的な存在で、森下純菜清水夕紀美鈴木まりえ宍戸留美[11]らが活動した[12]。一方、グループアイドルとしては制服向上委員会(SKi)やキューティーレモンなどが同様に活動したが、冬の時代における厳しさは何ら変わることなく、外道と呼ばれる極端なファンとも渡り合っていかねばならなかった[13]

1990年代後半、テレビでは沖縄アクターズスクール出身のSPEEDがアーティストとして活動しながらアイドル的な人気も獲得し、その後『ASAYAN』からはモーニング娘。が生まれ、アーティスト志向ではない昔ながらのアイドル文化を復活させると、再びアイドルに注目が集まるようになった。一方でプレアイドルにその流れが直接波及することはなかったが、そのような時に、東京四ッ谷にライブハウス「四ッ谷サンバレイ」(現四谷Honey Burst)が開業し、ここが多くのプレアイドルの活躍の場になることで、その知名度が増し始めた[14]。この四ッ谷サンバレイが地下にあったことで、彼女たちを「地下アイドル」と呼ぶようになったと言われている[12][注 3]。地下アイドルの特徴は、大手媒体への露出がないことを逆に熱いライブやファンとの触れ合いで覆そうとしていた所にあり、その頑張りを身近に体験できる一体感がファンの支持を得ていく[12]

2000年代に入ると、桃井はるこ[16]に代表されるアキバ系アイドルが勃興し、秋葉原の歩行者天国で路上ライブを繰り広げ、特に専用の劇場を構え恒常的に公演を行うAKB48が表れると、大きな社会現象を引き起こした[17]。AKB48は単なる物販を行うだけでなく、その購入数を握手など触れ合いの時間や投票と絡めることでCDの売り上げが低迷する中でも大きな売り上げを上げ続け、これは「AKB商法」と呼ばれて批判も浴びた[2][18][注 4]

2010年代には、過酷な環境でも活動を可能にしてきたライブアイドルの手法と、AKB48の影響が相まって「アイドル戦国時代」と呼ばれる、過当競争を生み出すまでに至っている[20]。この頃になると、地下アイドルとの呼称は良くない印象が出始め、またAKB48とその姉妹グループのように、元来はライブ活動中心のアイドルであっても、メディアに積極的に登場するようになったため、相対的に地下アイドルの呼称も実情に合わなくなったため、言い換えとして「ライブアイドル」という呼び方が使われるようになってきた[1][3]

2020年代になると新型コロナウイルス感染症が世界的に流行した影響を受け、感染拡大防止のため外出自粛が求められたりライブハウスなどが営業自粛を余儀なくされたため、地下アイドルもライブができなくなり苦境に立たされることとなった。このため活動停止や解散を選択するグループが現れた一方[21]、直接触れ合う必要のないオンライン配信に移行する地下アイドルも増えた[22]

特徴編集

ファンとの距離が近いことが特徴で、「会いにいけるアイドル」を標榜する者もいる[23][4]

プレアイドルの時代から、ライブアイドルは小規模なライブに多く出演し、会場での物品販売などと組み合わせ収益にしてきた[2]

地下アイドル達の成長、弱肉強食、下剋上が応援する魅力だとされる。[24]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ プレアイドル【ぷれあいどる】本来は、これから一流アイドルになるであろうアイドルの卵達のことを指すが、あまりメジャーでないアイドルのことをこう呼ぶことがある。ただし、最近ではこの層のアイドルが少ないため、あまり用いられなくなっている[8]
  2. ^ 特にプレアイドル・地下アイドル。
  3. ^ 他にも秋葉原ディアステージなど地下に店舗を構えていることが多かった[15]
  4. ^ 音楽ソフトの売上数について改めて簡単にまとめると、日本の音楽CDの売り上げは1999年以降、2011年まで連続して前年を下回り、前年を上回った十二年の数値を見てもCD生産枚数は最盛期(1998年)の半数以下に落ち込んでいる。また、1990代半ばには年間20タイトルを超えていたCDシングルのミリオンセラーも、2012年は5タイトルになっている。このようにCD売り上げにおいて音楽産業が往時の勢いを著しく欠く中で、なお高いCD売り上げを誇っているのが、「アイドル」という芸能ジャンルの代表格であるAKB48とその姉妹グループである。2012年のミリオンセラーシングル五タイトルはすべてがAKB48名義のものであり、同年のCDシングル売り上げランキング上位20タイトルのうち、12作品がAKB48とその姉妹グループのものである。CD売り上げ全体が減退するなかでこれらアイドルのCDが高い売り上げを維持していることは、「AKB商法」的なものへの批判的視線をさらに際立たせている。もっとも、この批判的視線について相対化を促す議論が少なくない [19]

出典編集

  1. ^ a b 『W100 LIVEアイドル』 p214
  2. ^ a b c 『グループアイドル進化論』 p14-20
  3. ^ a b 特集:特別対談:ピエール中野(凛として時雨)×吉田豪 - CDJournal CDJ PUSH 2011-09-30
  4. ^ a b c 地下アイドルとは」生活用語辞典
  5. ^ a b c 【サブカル最前線】地下アイドルって何? アキバの新人ユニットを直撃 (1/3ページ) - MSN産経ニュース 2008年3月16日
  6. ^ 『アイドル進化論 - 南沙織から初音ミク、AKB48まで』 p.236
  7. ^ 『アイドル・パフォーマンスとアジア太平洋共同体の意識形成』 p43
  8. ^ ヤフーBBマガジン 2002年7月号 Hot Topics ONLINE』 2002年5月24日
  9. ^ 吉田光雄(吉田豪) [@WORLDJAPAN] (2016年5月24日). "絵恋ちゃんが「ソロでアニソンやメジャーアイドルのカヴァーをしている地底アイドルシーンがあって、その上に地下アイドルシーンがある」とか言ってて、そこは二層構造なんだ!と驚いた想い出。" (ツイート). Twitterより2017年2月5日閲覧
  10. ^ ロマン優光のさよなら、くまさん 連載第72回 2016年のアイドル”. ブッチニュース (2016年12月9日). 2017年2月5日閲覧。
  11. ^ 「「Twitter始めるまで、いつも泣いてた」【宍戸留美】20年目のセルフポートレート」宍戸留美×小明×Voice Artist【声優 on FINDER!】第1回
  12. ^ a b c ブレーメン大島 「インディーズアイドルの真実」[要ページ番号]
  13. ^ 『アイドルバビロン』[要ページ番号]
  14. ^ プロデューサーズ:vol.2 「僕が関わることで、今までにないものを作れるかどうか」。サエキけんぞう - アノオト - 音楽を楽しむ、音楽と触れあう、音ライフメディア
  15. ^ 秋葉原マップ:DEAR STAGE(ディアステージ) -秋葉原から萌ぇを発信するライブ&バー
  16. ^ ASCII.jp:元祖アキバ系アイドル桃井はるこがニューアルバムと初PV集を同時発売!
  17. ^ 東京新聞:AKB48 社会現象 育てるアイドル共感:特報(TOKYO Web) 2012年9月2日
  18. ^ 「AKB商法には問題がある」 自民参院議員が自主規制呼びかけ : J-CASTニュース
  19. ^ 『「アイドル」の読み方 - 混乱する「語り」を問う』 pp.110-111
  20. ^ 『グループアイドル進化論』 pp93-100
  21. ^ “「もう前には戻れない」地下アイドルの葛藤、「コロナ解散」選んだ私たち”. 弁護士ドットコム. (2021年2月2日). https://www.bengo4.com/c_18/n_12434/ 2022年3月10日閲覧。 
  22. ^ “新型コロナで苦境の「地下アイドル」 新たなスタイル模索も”. NHK NEWSWEB. NHK. (2020年4月17日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200417/k10012393601000.html 2022年3月10日閲覧。 
  23. ^ 『グループアイドル進化論』 pp102-105
  24. ^ 成長、弱肉強食、下剋上……ラストアイドルが“今”アツい理由-ENTAMENEXT 2020-05-03

参考文献編集