メインメニューを開く

大川 藍(おおかわ あい、1993年7月17日 - )は、日本の元女性ファッションモデル、元タレント兵庫県尼崎市出身[5][6]。最終所属事務所レプロエンタテインメント

おおかわ あい
大川 藍
プロフィール
愛称 あいちゃん[1]
生年月日 1993年7月17日
現年齢 26歳
出身地 日本の旗 日本
兵庫県尼崎市[2]
血液型 O型
公称サイズ(2015年[3][4]時点)
身長 / 体重 164 cm / kg
スリーサイズ 79 - 57 - 78 cm
カップサイズ E
活動
デビュー 2008年
ジャンル ファッションモデル
タレント
モデル内容 モデル全般 (ファッション・スチール・グラビアランジェリーなど)
備考アイドリング!!!(3期生・20号)(2009年4月 - 2015年10月)
HIPATTACK (2014年6月 - 2015年10月)
他の活動JJ』モデル (2012年 - 2018年)
mina』モデル (2017年12月 - 2018年)
女優、ほか
モデル: テンプレート - カテゴリ

元「アイドリング!!!」のメンバー。

略歴編集

黎明期(2006年 - 2009年)編集

小学校3、4年の頃よりモーニング娘。に憧れていたが、オーディションの応募までには至らなかった。

2006年3月、母が新聞広告で見つけた株式会社創叡が制作するテレビCMのオーディションを受けて合格。創叡傘下「SOEI タレントスクール」「STS DANCE STUDIO 一般ダンス科(現・STS沖縄アクターズスクール 一般ダンス科)」に入所。その後「SOEI プロダクション」に所属。

2007年9月より「STS DANCE STUDIO タレント科」に編入、STS所属ユニット「クランベリーズ」に加入。10月20日に「STS スタジオLIVE」で「クランベリーズ」メンバーとして初出演。

2008年2月1日、創叡主催「東京プロダクション移籍オーディション」に参加。8社以上の芸能事務所からオファーを受け、同年6月にレプロエンタテインメントと所属契約を結ぶ。7月12日、「STS スタジオLIVE (さよならライブ)」にて STS DANCE STUDIOを卒業、同事務所に完全移籍。

2009年
1月5日、事務所が育成するパフォーマンスチーム「U-SPEC」に加入。
3月、アイドリング!!!「3期生オーディション」に合格。それに伴い中学卒業の翌日に上京し[7]、事務所の寮住まいを始める(能年玲奈と同部屋)。

アイドリング!!!時代(2009年 - 2015年)編集

4月、アイドリング!!!20号として活動を始める。配信ドラマ『イケない課外授業』で初主演。
10月、『東京DOGS』でテレビドラマ初出演。
2010年
2月、1st写真集『藍』を刊行。
4月、アイドル番組『GirlsNews〜アイドル』と『うきうき!MIXガール』にレギュラー出演[8]。1stDVD『おおかわさん』をリリース。
7月、セシールカタログ「Cupop 秋冬号」にモデル出演。
8月、2ndDVD『ひみつの藍ランド』をリリース[9]
9月、雑誌『B.L.T.』企画の「B.L.TRAVELファンイベントバスツアー」がきっかけで結成された事務所非公認ユニット「LPG」のメンバーとなる。
2011年
7月、ドラマ『桜蘭高校ホスト部』に出演。
8月、3rdDVD『INDIGO』と4thDVD『VIVID』を同時リリース[10]
2012年
ファッション誌『JJ』3月号から専属モデルになる。2012年5月号で表紙、2013年2月号では初の単独表紙を飾った[11]
1月、『太陽は僕の敵』で舞台初主演。
3月、ファッションショーTOKYO GIRLS COLLECTION 2012S/S」に出演。以降、数々のファッションショーに出演する。舞台『青い真珠の悲劇〜彼はなぜ行方をくらませたのか〜』に出演。
4月、バラエティ番組『プレミアの巣窟』にレギュラー出演。
2013年
3月、ランジェリーカタログ『PEACH JOHN』春号から、レギュラーモデルに就任[12]
4月、ドラマ『空飛ぶ広報室』にレギュラー出演[13][14]
5月、バラエティ番組『WOWOWぷらすと』にレギュラー出演。
7月、5thDVD『かのじょ。』をリリース[15]
8月、バンダイナムコオンライン機動戦士ガンダムオンライン』で、TVCMに初出演。
9月、バラエティ番組『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』に準レギュラー出演。
2014年
4月、化粧品メーカー・明色化粧品のイメージモデルに就任。
6月、情報番組『ハワイアン・メイ!2014』で番組ナビゲーター出演。アイドリング!!!の同期生である橘ゆりか橋本楓と共に「HIPATTACK fromアイドリング!!!」を結成[16]
10月、トーク番組『アフロの変』にアシスタントMCで出演。
2015年 アイドリング!!!卒業
4月、スポーツ報道番組Going!Sports&News』の、お天気キャスターに就任[17][18][19]
10月、在籍していたアイドリング!!!派生ユニット・HIPATTACKの活動が終了[20]
10月31日、約6年半在籍したアイドリング!!!を卒業[21]

モデル / ソロ活動〜引退(2015年 - 2019年)編集

2016年
3月、ドキュメンタリー番組『メルクリウスの扉』にレギュラー出演[22]
4月、故郷・尼崎の市制100周年記念イベント『ZUTTOCITY まちびらきフェスタ』に出演[23]。ラジオ番組『イマドキッ』にレギュラー出演。
5月・6月、阪神タイガース広報誌『月刊タイガース』及び『デイリースポーツ』でコラム連載開始[24]
7月、同僚・菊地亜美の冠番組『モテたいオンナ』にレギュラー出演[25]
8月、ランフェス『BIKINI FES 2016』に出演[26]
10月、情報番組『原宿アベニュー』で初のキャスターを務める[27][28]。6年半ぶりの2nd写真集『iamai』を刊行[29]
2017年
1月、情報番組『勝手に出口調査』にレギュラーMC出演。
3月、ファッション誌『LARME』モデルとして継続掲載。
4月-5月、バラエティ番組『いいすぽ!』や『必殺! バカリズム地獄』にて、アイドリング!!!時代の恩師バカリズムと久々の共演[30]
6月、競馬企画に参加し、初の重賞プレゼンター(GIII CBC賞)を務める[31]
7月、リニューアルした情報番組『原宿アベニュー』『けやき坂アベニュー』にてメインキャスターを務める[32]
10月、アイドリング!!!OGが集結する次世代への新番組『アイドルING!!!』に参加[33]
12月、ファッション誌『mina』モデルとして誌面に初登場[34]
2018年
4月、ラジオ番組『オレたちゴチャ・まぜっ!』にて、ラジオパーソナリティに就任。
6月、フットボールブランド「sfida」2018イメージガールに就任[35]
7月、芸能生活10周年を記念したファンイベントを開催。元同僚の朝日奈央が客演しMCを務めた[36]
12月、一般男性との婚約を発表。芸能活動10年を区切りとして、事務所契約満了の来年6月で引退を表明[37]。収録済の媒体を除き、年内をもって芸能活動を停止した。
2019年
6月、事前の発表通り末日をもって芸能界引退。皆に最後のお別れを報告[38]
8月、第1子となる男児出産をInstagramで報告した。

人物編集

趣味は[1][5]、カラオケ・プリクラ・メイク。若い頃の特技は[1][2]ダンス、歌・水泳。ジャズ・ヒップホップダンスを得意とし、アイドリング!!!オーディションでも披露した。得意な教科は音楽、苦手な教科は数学[39]。好きなキャラクターは、キキとララリトルツインスターズ)で、リラックマミスターメンが好きだった[39]。好きな食べ物/料理は、牛タン、カルパス、ホルモン、素焼きそば[注 1]、納豆うどん[注 2][40]、メロンソーダ、カリカリ梅など。好きな酒は芋焼酎ホッピー

日常会話は関西弁を併用。自分の長所は「関西人やなって思うところ」。短所は、優柔不断なところ[39]。チャームポイントは、鼻が小さいところと手足が長いところ[40]。自称「ゲラ(笑い上戸)」。また、ツッコミタイプだと述べている[40]。理想の男性のタイプは、一旦突き放してから優しさを見せる人、低い声。体型的には「細マッチョ[40]。好きな男性有名人は堤真一竹中直人[39]、お笑いでは原西孝幸 (FUJIWARA) 岡村隆史 (ナインティナイン)など[41][42]。憧れの女性有名人は仲里依紗[43]

スポーツでは、中学時代にバスケットボール部に所属していた[44]。プロ野球に関心があり、地元球団『阪神タイガース』のファン[45]

普通自動車免許(マニュアル)を所持[46]

家族
アイドリング!!!時代にマザコンを公言しているくらい非常に母親想いであり、関西のローカル番組で共演した事がある[47]。兄が2人いる。ペットのペルシャ猫「とろろ」を飼っている[48][49]

エピソード編集

現事務所に所属した頃の活動拠点は関西のままで「アイドリング!!!オーディションに合格すれば上京する」という条件だった。当初はアイドル扱いされるのを苦手にしていた[50]

アイドリング!!!時代の同僚であり事務所の先輩でもある菊地亜美とは、過去に疎遠だったエピソードを幾度か明かしている[51]。我が強く馴れ合いも苦手だった当時の菊地に対し、過度に畏怖していった結果であり自然と疎遠になってしまった。菊地からすれば「後輩達から過剰に気を遣われる」と漏らした事もある。卒業後に両者はわだかまりを解消し、良好な関係を築いた[52]

2017年に入ると同じく元アイドリング!!!・朝日奈央への怒りを明かし、バカリズムが取り持ちウェブ番組で和解した[53]

ファッションモデル関連編集

背景
アイドリング!!!に在籍しアイドルとして活動を始めたが、元々はファッションモデルを強く志望しており、早い段階から事務所に訴えていた。各ファッション誌の面接を泣きながら回り、苦労して夢を叶えたという。アイドルとモデルでは撮影の流れに違いがあり、当初は戸惑ったと語っている[54][55]
JJ専属モデル
ファッション誌『JJ専属モデル採用の経緯は、大川がJJの編集部で面接を受けていたところ、たまたま通りかかった編集長の目に止まり、すぐに専属が決まったという[56]。専属モデルとして初登場から2か月で初表紙[57]、1年で単独表紙[58]に抜擢されたのはいずれも異例のことと報道された[注 3]
目標にしているモデルには、木下優樹菜山田優を挙げている。山田については、モデルのほか「歌やダンス、芝居も出来るから」と語った[39]。JJモデルの活動では、同僚の有末麻祐子が同じ事務所に所属してからは、ペアを組む事が多かった[54][59]。ほか、同世代のモデル仲間では、筧美和子らと親しい[60]
その他
JJ専属モデルとなる前には、アイドリング!!!名義で「東京ガールズコレクション2011 S/S」(2011年3月5日)に同僚の遠藤舞横山ルリカと共に出演している[61]
2013年3月から、ランジェリーカタログ『PEACH JOHN』のレギュラーモデルも務めていた[12]。下着になる撮影について、水着での撮影に慣れていた事もあって、恥ずかしさはあまり無いと述べている[62]。それは後々のグラビア活動にも活かされた[63]

グラビア活動編集

アイドリング!!!の卒業以後は、ファッションモデルと並行してグラビア活動も増加した。グラビアモデルなどに関しては「豊胸疑惑」のゴシップが付き物であるが、大川の場合ランジェリーブランドのモデルを務めていた慣例から、業界からは『100%天然物』である評価をされ[64]、本人も肯定している[65]

2016年頃から「さわりたくなるカラダNo.1」というキャッチコピーが浸透。10月に刊行した2nd写真集『iamai』の特設WEBサイトでは[66]、業界初の画像を触るとバストが揺れるギミックが話題を呼んだ[67]

アイドリング!!!関連編集

  • 3期生
アイドリング!!!ナンバーは20号、イメージフラワーは「ローズ」。歴代メンバーの内、橘ゆりか橋本楓と同期で、共に派生ユニット「HIPATTACK fromアイドリング!!!」のメンバーでもあった。
  • 愛称 / キャラクター
愛称は名前通りに「あいちゃん」、森田涼花や橘ゆりか等が名付けた「あいちん☆」など。
普段は関西人の明朗なイメージがある反面、当初は非常に人見知りでネガティブだった[68]。また、マザコンを公言していて、本来はとても甘えん坊である。どの世代からも愛されていた朝日奈央や、先輩メンバーから特に可愛がられていた同期の橋本楓らを、とても羨んでいた事を吐露している。しかし20歳を超えてからは、それらの感情を自制するようになった。番組担当ディレクターだった森洋介は「明るいようで難しい所がある」と指摘している[69]
  • パフォーマンス / 身体能力
ゲン担ぎの際、地団駄を踏みながら腕を振ってリズムを刻み「やれる!できる!できる!やれる!」という、独自の動作がある。次第に、定期公演ナンバリングライブの舞台裏などで、アイドリング!!!全員の気合い入れとしても、時折行うようになった。ほか、ライブMC自己紹介の際「ほほ、ほ〜い」と、手で観客を煽るパフォーマンスも持っていた。
  • 身体能力
運動能力が高く、「ガンバリング!!!」などの体力企画における各期対抗戦では、3期生の筆頭として活躍することが多い。また、朝日奈央とはしばしば能力的に拮抗することが多く、菊地亜美からは「男の子の兄弟喧嘩みたい」などと言われている。4期生加入後は、「4期生は3期生をナメている」などと4期生に敵対心を見せることが多く、番組では主に尾島知佳との間にライバル関係を大きく取り上げられた[70]
  • メンバーとの関係
歴代メンバーの内、菊地亜美とは同じ事務所に所属。三宅ひとみ・橘ゆりかとは、同じ高校に通っていた[71]
同じ関西出身の橘ゆりか・倉田瑠夏とは公私共に親しい。ほかの同世代では長野せりな・朝日奈央・伊藤祐奈らと関係良好で、後輩では佐藤ミケーラ倭子を特に可愛がっていた。

アイドリング!!!卒業編集

2015年10月末日、アイドリング!!!の活動終了に伴いグループを卒業した。約6年半在籍し、HIPATTACKを含めたシングル18枚・アルバム6枚参加などの実績を残している。レギュラー番組『アイドリング!!!』にも同期間約800回出演した[72]

  • 卒業コメント
「みんなで卒業できるのが嬉しい。アイドリング!!!に加入していなかったら、上京する事はなかっただろう」と述べている。また、「上京から暫くは土地柄に馴染めず、辛い孤独を感じていた。それを傍で支えてくれたのは朝日奈央で、相談事の良き理解者だった」と明かしている。
番組については「自分は当初地味な存在だったが、尾島知佳が加入しライバル関係に仕立ててくれた企画がきっかけで、キャラクターを確立できた」、番組MCバカリズム升野について「(升野が)仕掛けてくる理不尽な演出が嫌で心が折れたが、おかげでメンタルを鍛えられた」と、それぞれに謝意を述べている。
今後は「卒業後もアイドリング!!!メンバーだった事実を隠さず胸を張り、これまでの経験を力にしていく」と意気込みを語った[73]

作品編集

映像作品編集

写真集編集

その他

出演編集

ファッションショー編集

  • KOBE COLLECTION(神戸・ワールド記念ホール
    2012 A/W(2012年9月8日)
    2013 S/S(2013年3月9日)
    2015 S/S(2015年3月7日)
    2015 A/W(2015年9月5日)
    2016 S/S(2016年3月12日)[75]
    2018 A/W(2018年8月25日)
  • TOKYO RUNWAY(国立代々木競技場 第一体育館)
    2012 A/W(2012年9月17日)
    2013 S/S(2013年3月20日)
  • Girls Award(国立代々木競技場 第一体育館)
    2012 A/W(2012年11月8日)
    2015 A/W(2015年10月24日)
    2016 A/W(2016年10月8日)
  • KANSAI COLLECTION京セラドーム大阪
    2013 S/S(2013年3月3日)
    2014 S/S(2014年3月16日)
    2014 A/W(2014年9月21日)
    2015 S/S(2015年4月12日)
    2015 A/W(2015年9月23日)[76]
    2016 S/S(2016年2月28日)
    2016 A/W(2016年9月18日)
    2017 S/S(2017年3月19日)
    2017 A/W(2017年8月30日)[77][78]
    2018 S/S(2018年3月21日)
    2018 A/W(2018年8月29日)


モデル系イベント

CM・広告・イメージモデル編集

PR

  • ORIENTAL LOUNGE EVE 渋谷(2017年3月、ORIENTAL LOUNGE GROUP)[84]
  • ルナプリ from 天使帝國(2017年3月 - 4月、Aiming)[85]

テレビ編集

放送網|日本テレビ]]) - お天気キャスター

ドラマ編集

配信ドラマ

バラエティ再現ドラマ

配信テレビ・アプリ編集

舞台編集

ラジオ編集

ミュージックビデオ編集

イベント編集

個人

  • 1st写真集『藍』発売記念イベント (2010年2月28日、福家書店新宿サブナード)
  • DVD『おおかわさん』発売記念イベント (2010年4月24日、ソフマップアミューズメント館 / 29日、ソフマップなんば店ザウルス1)
  • DVD『ひみつの藍ランド』発売記念イベント (2010年9月4日、ソフマップアミューズメント館)
  • トレカ『藍Doll!!!』発売記念イベント (2010年5月23日、福家書店新宿サブナード)
  • 2011年カレンダー発売記念イベント (2010年11月14日、福家書店新宿サブナード)[98]
  • 『PHOTORE[フォトレ] vol.3』発売記念イベント (2011年4月3日、福家書店新宿サブナード)[99]
  • DVD『VIVID』『INDIGO』発売記念イベント (2011年8月24日、ソフマップアミューズメント館)
  • 2012年カレンダー発売記念イベント (2011年11月27日、書泉ブックマート神田近江屋ビル)[100]
  • 2013年カレンダー発売記念イベント (2012年11月3日、原宿ニコニコ本社)[101]
  • DVD『かのじょ。』発売記念イベント (2013年8月4日、ソフマップアミューズメント館)
  • 2nd写真集 「iamai」 発売記念イベント
(2016年10月29日、紀伊國屋書店グランフロント大阪店) (2016年10月30日、ブックファースト新宿店)
  • デビュー10周年ファンイベント「大川藍の干される前にやりたい10のこと」(2018年7月28日、池袋Grafica)

その他

書籍編集

雑誌編集

レギュラー

表紙

(2010年11月22日) (2011年8月23日) (2013年2月26日、7月16日)
(2015年10月10日) (2016年1月18日、5月9日、6月27日、10月8日) (2017年1月16日)[106]

トレーディングカード編集

  • 藍Doll!!! (2010年5月22日、さくら堂)

カレンダー編集

  • 大川藍 2011年カレンダー (2010年10月16日、トライエックス)
  • 大川藍 2012年カレンダー (2011年10月29日、トライエックス)
  • 大川藍 2013年カレンダー (2012年10月27日、トライエックス)

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 粉末ソース付きの中華麺を、具材なしで調理したもの
  2. ^ 茹でたうどん、納豆、納豆付属のたれ、マヨネーズ、めんつゆで和えたもの
  3. ^ モーニング娘。久住小春が「CanCam」(小学館)で2011年11月号で専属モデルデビュー、2012年3月号で単独表紙を飾った例がある。

出典編集

  1. ^ a b c アイドリング!!!プロフィール
  2. ^ a b 公式プロフィール”. レプロエンタテインメント. 2014年8月2日閲覧。
  3. ^ “大川 藍『夏の空の天使』”. 週プレNEWS (集英社). (2015年7月5日). http://wpb.shueisha.co.jp/2015/07/05/50260/ 2019年6月30日閲覧。 
  4. ^ “アイドリング!!!大川藍の隠れ巨乳ぶりが話題に 「ぐう恵体」「すくすく育ってる」”. AOL ニュース. (2015年8月19日). http://news.aol.jp/2015/08/19/okawaai/ 2019年6月30日閲覧。 
  5. ^ a b アーティストプロフィール 大川藍 - BARKS
  6. ^ “アイドリング!!!大川藍が「ダウンタウンDX」初出演”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2011年2月10日). http://www.girlsnews.tv/dvd/15329 2019年6月30日閲覧。 
  7. ^ スコラ2009年6月号
  8. ^ “GirlsNews~アイドル #15のみどころを紹介”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2010年11月16日). https://girlsnews.tv/dvd/9086 2019年6月30日閲覧。 
  9. ^ “大川藍がピュアでキュンキュン!! 初めて見せるメガネ姿も!”. ASCII.jp (角川アスキー総合研究所). (2010年9月7日). https://ascii.jp/elem/000/000/552/552687/ 2019年6月30日閲覧。 
  10. ^ “アイドリング!!!大川藍 学生最後の夏をここに凝縮”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2011年9月25日). https://girlsnews.tv/dvd/28813 2019年6月30日閲覧。 
  11. ^ “アイドリング!!!大川藍、「JJ」で初の単独表紙”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2012年12月22日). オリジナルの2014年3月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140304181559/https://mdpr.jp/review/detail/1217313 2019年6月30日閲覧。 
  12. ^ a b “大川藍、ランジェリー姿でふんわりマーメイドボディ披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月20日). http://mdpr.jp/news/detail/1488242 2019年6月30日閲覧。 
  13. ^ アイドリング!!!の大川藍、新垣結衣の後輩役に決定! 劇中では綾野剛に恋?”. マイナビニュース (2013年3月23日). 2013年3月23日閲覧。
  14. ^ アイドリング!!!大川藍、新垣結衣の恋のライバルに!?「空飛ぶ広報室」にAD役で出演決定!”. シネマトゥデイ (2013年3月23日). 2013年3月23日閲覧。
  15. ^ “大川藍/二十歳になった私とデート気分を味わって”. Stereo Sound ONLINE (株式会社ステレオサウンド). (2013年8月4日). オリジナルの2013年8月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130825052504/http://www.stereosound.co.jp/column/idollove/article/2013/08/04/23473.html 2019年6月30日閲覧。 
  16. ^ “アイドリング!!!の3期生が新ユニットでCDデビュー!”. ENTAME next (徳間書店). (2014年6月8日). https://entamenext.com/articles/detail/625 2019年6月30日閲覧。 
  17. ^ “大川藍、4月から『Going!』土曜のお天気キャスターに就任”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年3月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2050550/full/ 2019年6月30日閲覧。 
  18. ^ “アイドリング!!!大川藍がお天気キャスター抜擢「求められたら関西弁も」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015年3月25日). https://natalie.mu/music/news/141892 2019年6月30日閲覧。 
  19. ^ “評価は上々! アイドリング!!!20号・大川藍のお天気キャスターぶり”. リアルライブ (株式会社アンカード). (2015年6月26日). https://npn.co.jp/article/detail/82849220/ 2019年6月30日閲覧。 
  20. ^ “【ライブレポート】アイドリング!!!、武道館ラストライブで生み出した涙と笑顔。「たくさんの愛をいただいた」”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2015年10月6日). https://www.barks.jp/news/?id=1000120368 2019年6月30日閲覧。 
  21. ^ “アイドリング!!!涙の“全員卒業”「私の誇り」 5年後の再会も決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2015年10月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2061571/full/ 2019年6月30日閲覧。 
  22. ^ “内田理央・大川藍・小島梨里杏ら注目、初の試みで「知ることのできない」秘密を調査”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年2月23日). http://mdpr.jp/news/detail/1566883 2019年6月30日閲覧。 
  23. ^ “JR塚口駅前で「ZUTTOCITYまちびらきフェスタ」 尼崎市100周年記念事業とコラボ”. 尼崎経済新聞. (2016年4月5日). https://amagasaki.keizai.biz/headline/295/ 2019年6月30日閲覧。 
  24. ^ “貧乏15年、虎党3年の大川藍です!/月刊・大川藍”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年6月21日). https://www.daily.co.jp/tigers/okawa/2016/06/21/0009209459.shtml 2019年6月30日閲覧。 
  25. ^ 菊地亜美ら モテたいオンナたちが、 “モテオンナ”に恋愛テクニックを学ぶ新番組「モテたいオンナ」”. サイバーエージェント (2016年7月1日). 2019年6月30日閲覧。
  26. ^ “夏をビキニで駆けぬけろ! 世界初のランフェス「BIKINI FES」がパリピ”. KAI-YOU.net (株式会社カイユウ). (2016年7月8日). https://kai-you.net/article/30829 2019年6月30日閲覧。 
  27. ^ “"さわりたくなるカラダNo.1"大川藍がキャスター初挑戦!「めっちゃ楽しみ」”. マイナビニュース (マイナビ). (2016年10月11日). https://news.mynavi.jp/article/20161011-a414/ 2019年6月30日閲覧。 
  28. ^ “大川藍が生中継で生着替え!“片手で外す派”フジモンが大川藍のブラ外しにも挑戦!?”. music.jpニュース (株式会社エムティーアイ). (2016年10月27日). http://music-book.jp/video/news/news/126737 2019年6月30日閲覧。 
  29. ^ “大川藍「たくさんの方におっぱいを触っていただけてすごく嬉しい」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1629642 2019年6月30日閲覧。 
  30. ^ “大川藍、ラブホテルで待ちぼうけ バカリズム「完全にデリヘル嬢」と爆笑”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2017年5月15日). https://abematimes.com/posts/2383480 2019年6月30日閲覧。 
  31. ^ “【CBC賞】(中京)~シャイニングレイが重賞2勝目”. 競馬実況web (ラジオNIKKEI). (2017年7月2日). http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_12107.html 2019年6月30日閲覧。 
  32. ^ 大川藍、前島亜美、芹澤優がAbemaTVの“週末のお昼の顔”に!最新エンタメ情報を発信”. TVLIFE web (2017年6月26日). 2017年7月16日閲覧。
  33. ^ 元アイドリング!!!が再集結! モデル大川藍にメンバーから「アイドリング!!!の過去消してないよね?」”. AbemaTIMES (2017年10月19日). 2018年4月27日閲覧。
  34. ^ 「mina」 2018年2月号の内容をチラ見せ中!”. Tokyo Cawaii Media (2017年12月19日). 2017年12月30日閲覧。
  35. ^ “ロックバンドのORANGE RANGEがsfida 2018応援アーティストに、 JJ専属モデルの大川藍さんがsfida 2018イメージガールに就任!” (プレスリリース), 株式会社イミオ, (2018年6月18日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000012239.html 2019年6月30日閲覧。 
  36. ^ 大川藍が芸能生活10周年記念イベント MC朝日奈央とアイドリング!!!時代の思い出話で感極まる場面も”. GirlsNews (2018年7月29日). 2018年7月30日閲覧。
  37. ^ 大川藍、婚約を発表 芸能界引退へ お相手についても語る”. モデルプレス (2018年12月23日). 2018年12月23日閲覧。
  38. ^ 大川藍、芸能界引退を報告「たくさんの幸せをありがとうございました」”. モデルプレス (2019年6月30日). 2019年6月30日閲覧。
  39. ^ a b c d e アイドリング!!!ファン様クラブ uRaアイドリング!!! 新メンバー即答インタビュー
  40. ^ a b c d 特写!大川藍(2010年1月)[要文献特定詳細情報]
  41. ^ 大川藍「中学生の頃から原西さんのマネ」[リンク切れ] - Narinari.com
  42. ^ “大川藍、サル顔男子が好き ナイナイ岡村に告白したことも”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2017年5月18日). https://abematimes.com/posts/2400428 2019年6月30日閲覧。 
  43. ^ 素顔のJJモデルFILE ~#6大川 藍~”. JJnet. 光文社 (2017年3月8日). 2019年6月30日閲覧。
  44. ^ アイドリング!!!地上波版♯184 - TVでた蔵
  45. ^ “大川藍 低迷阪神の“勝利の女神”に”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2015年5月14日). https://www.daily.co.jp/gossip/2015/05/14/0008023548.shtml?pg=2 2019年6月30日閲覧。 
  46. ^ ゴールデンウィークも終わり・・・『イマドキッ』 - MBSラジオ
  47. ^ 味のラブレター - 朝日放送
  48. ^ 可愛すぎる家族が増えました - オフィシャルinstagram
  49. ^ 大川藍の“憧れ”に総ツッコミ「50年前くらいのサスペンス映画みたい」”. モデルプレス (2018年4月4日). 2018年4月27日閲覧。
  50. ^ 「アイドリング!!!」2012年12月20日放送(当該部分はフジテレビ On Demandで配信)
  51. ^ “菊地亜美との不仲を激白!元アイドリングメンバー「嫌いでした」”. ZAKZAK (産経デジタル). (2017年5月1日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20170501/enn1705011700018-n1.htm 2019年6月30日閲覧。 
  52. ^ “【エンタがビタミン♪】菊地亜美×大川藍の“レプロ”ショット 「元アイドリング!!!同士と誰も知らない」”. Techinsight (株式会社メディアプロダクツジャパン). (2017年4月23日). http://japan.techinsight.jp/2017/04/maki04231902.html 2019年6月30日閲覧。 
  53. ^ “元・アイドリング 大川藍が朝日奈央に鬼ギレ「地獄へ落として」”. TVLIFE web. (2017年10月3日). http://www.tvlife.jp/entame/142278 2017年10月30日閲覧。 
  54. ^ a b “「JJ」大川藍&有末麻祐子が語る“モデル業”の裏側 モデル同士の仲、恋愛、仕事の苦楽を明かす”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年10月23日). http://mdpr.jp/interview/detail/1440366 2019年6月30日閲覧。 
  55. ^ “アイドリング!!!大川藍、卒業の可能性は?モデルとしての苦労も明かす”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年1月9日). http://mdpr.jp/news/detail/1459261 2019年6月30日閲覧。 
  56. ^ アイドリング!!!地上波版 第123回 - TVでた蔵
  57. ^ “史上最短! アイドリング!!!大川藍、『JJ』で表紙デビュー”. マイナビニュース (マイナビ). (2012年3月23日). https://news.mynavi.jp/article/20120323-a021/ 2019年6月30日閲覧。 
  58. ^ “アイドリング!!!20号・大川藍、『JJ』ピン表紙に”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2012年12月22日). https://www.barks.jp/news/?id=1000085759 2019年6月30日閲覧。 
  59. ^ a b “大川藍と有末麻祐子が「Like it!!+PLUS」のイベントで「JJ専属モデルオーディション」をPR! 9nineもライブアクトで登場!”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2014年12月22日). https://girlsnews.tv/notice/195743 2019年6月30日閲覧。 
  60. ^ “筧美和子、大川藍の実家にお泊まり 「JJ」モデルの仲良しショットに反響”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年4月14日). https://mdpr.jp/news/detail/1480819 2019年6月30日閲覧。 
  61. ^ “演藤舞、大川藍、横山ルリカ - 東京ガールズコレクション2011春夏”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2011年3月7日). https://www.asahi.com/fashion/gallery/110307tgc/tgc088.html 2019年6月30日閲覧。 
  62. ^ アイドリング!!!地上波版♯125 - TVでた蔵
  63. ^ “大川藍、Fカップ「限界ギリギリ」写真集発売に結婚や引退を心配する声”. アサ芸プラス (徳間書店). (2016年11月14日). https://www.asagei.com/excerpt/69914 2019年6月30日閲覧。 
  64. ^ “「大川藍のバストは100%天然!」広告代理店関係者が断言する理由とは?”. アサ芸プラス (徳間書店). (2016年7月5日). https://www.asagei.com/excerpt/61493 2019年6月30日閲覧。 
  65. ^ 大川藍オフィシャル [@lespros_ai] (2016年7月5日). "安心してください。本物ですよ! #おおきに 「大川藍のバストは100%天然!」広告代理店関係者が断言する理由とは?" (ツイート). Retrieved 2019年6月30日 – via Twitter.
  66. ^ “大川藍、業界初の“さわれて、揺れる”写真集特設サイトがオープン”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2016年10月7日). https://www.barks.jp/news/?id=1000131411 2019年6月30日閲覧。 
  67. ^ “大川藍“触りたくなる”美バストができるまで「ボンッて一気に胸が膨らみました」 写真集アザーカット公開【モデルプレスインタビュー/前編】”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年10月28日). https://mdpr.jp/interview/detail/1628692 2019年6月30日閲覧。 
  68. ^ アイドリング!!!地上波版 第153回アイドリング!!!地上波版 第171回など - TVでた蔵
  69. ^ アイドリング!!! チームインタビュー ~森ディレクター 編~|編集部パワープッシュ”. 2.5D (2015年10月23日). 2016年4月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月30日閲覧。
  70. ^ アイドル性とバラエティー適性の両立、3期生と4期生の加入[リンク切れ] - LoGIRL
  71. ^ ファン様クラブ限定DVD「月刊アイドリング!!!」8月号、メンバーブログ2009年4月8日投稿「3期生紹介☆!《19号編》」
  72. ^ “アイドリング!!! ファン様に見守られ9年と1日・全1303回の放送にピリオド”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2015年10月31日). https://girlsnews.tv/unit/252622 2019年6月30日閲覧。 
  73. ^ アイドリング!!!全員卒業スペシャル - TVでた蔵
  74. ^ “大川藍、6年半ぶりの写真集 ハワイロケで大胆“ノーブラ”カットも”. ORICON STYLE. (2016年9月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2077780/full/ 2016年9月2日閲覧。 
  75. ^ “押切もえ・新川優愛・佐久間由衣らの追加出演決定「神戸コレクション2016 S/S」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年2月23日). https://mdpr.jp/news/detail/1566920 2019年6月30日閲覧。 
  76. ^ “道端アンジェリカ、マギー、松井愛莉ら人気モデルが集結「関西コレクション2015 A/W」開催決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年5月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1490794 2019年6月30日閲覧。 
  77. ^ “大川藍のふっくら美バストにうっとり 妖艶なランジェリー姿で大人の色気”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年3月22日). https://mdpr.jp/fashion/detail/1672032 2019年6月30日閲覧。 
  78. ^ “大川藍、ふっくら美バスト披露 純白ランジェリー姿が“ため息もの”の美しさ<関コレ2017A/W>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年8月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1710711 2019年6月30日閲覧。 
  79. ^ “筧美和子、オードリー亜谷香ら「JJ」モデル“純白”で集結 大川藍はギャグ披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年3月3日). https://mdpr.jp/news/detail/1569074 2019年6月30日閲覧。 
  80. ^ “大川藍&有末麻祐子 「JJ」モデルは“すごい仲が良い”と充実ぶりを明かす”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2015年1月9日). https://girlsnews.tv/model/198544 2019年6月30日閲覧。 
  81. ^ “筧美和子・滝沢カレン・大川藍・山崎紘菜ら、チラリ肌見せ春コーデで美の共演”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年3月31日). https://mdpr.jp/news/detail/1675475 2019年6月30日閲覧。 
  82. ^ “fifth[フィフス]の運営会社が新たなファッション通販サイトオープン!” (プレスリリース), 株式会社 CODE SHARE, (2015年8月22日), http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000010057.html 2019年6月30日閲覧。 
  83. ^ “さわりたくなるカラダ No.1の大川藍『プラソニエ』のイメージキャラクターに就任!!”. Fashion-J. (2017年4月16日). http://fashion-j.com/items/2017/04/pour-a-soigne/ 2019年7月1日閲覧。 
  84. ^ “大川藍、「ORIENTAL LOUNGE EVE 渋谷店」レセプションパーティーに登場!”. ACTRESS PRESS. (2017年3月2日). http://actresspress.com/ai_okawa-oriental_lounge20170301/ 2019年7月1日閲覧。 
  85. ^ “「ルナプリ from 天使帝國」,“さわりたくなるキャラ No.1”を決める事前登録キャンペーンを開始”. 4Gamer.net (Aetas株式会社). (2017年3月24日). https://www.4gamer.net/games/374/G037471/20170322140/ 2019年7月1日閲覧。 
  86. ^ “「おっぱいの暴れ方が尋常じゃない」 大川藍、ツイストでF乳を揺らしまくる!”. メンズサイゾー (株式会社サイゾー). (2017年4月3日). http://www.menscyzo.com/2017/04/post_13904.html 2019年7月1日閲覧。 
  87. ^ “ビキニより恥ずかしい!? 大川藍、競泳水着で悩殺ポーズ連発!”. メンズサイゾー (株式会社サイゾー). (2017年8月7日). http://www.menscyzo.com/2017/08/post_14676.html 2019年7月1日閲覧。 
  88. ^ 携帯電話向けドラマ KADOKAWA
  89. ^ ぶらり路上プロレス [@rojoprowrestle] (2017年1月1日). "あけましておめでとうございます! 2017年一発目は1月13日(金)配信の ぶらり路上プロレス江の島編です! ゲストは菊地亜美さん @lespros_ami と大川藍さん @lespros_ai 年末年始関係なくスタッフは編集頑張っております!!是非!" (ツイート). Retrieved 2019年7月1日 – via Twitter.
  90. ^ 「亀田興毅に勝ったら1000万円」対戦相手決定”. ナリナリドットコム (2017年5月2日). 2017年5月7日閲覧。
  91. ^ フジモン、ドラマの役作りでヒゲを剃るも共演者の大川藍は「ぜんぜん気づかなかった」”. AbemaTIMES (2018年4月13日). 2018年4月27日閲覧。
  92. ^ “大川藍がセクハラ握手会暴露「ズボンの中に…」”. Narinari.com. (2017年5月14日). http://www.narinari.com/Nd/20170543781.html 2019年7月1日閲覧。 
  93. ^ “大川藍、元アイドリング!!!仲間に“鬼ギレ””. Narinari.com. (2017年7月31日). http://www.narinari.com/Nd/20170745039.html 2019年7月1日閲覧。 
  94. ^ “大川藍、朝日奈央にハブられ「辛い越して怒り」”. Narinari.com. (2017年10月2日). http://www.narinari.com/Nd/20171045988.html 2019年7月1日閲覧。 
  95. ^ Aiming、『ルナプリ from 天使帝國』で第1回ニコニコ生放送を本日21時に実施! ゲストは事前登録キャンペーンにも登場した大川藍さん Social Game Info 2017年6月23日
  96. ^ “「AbemaTVは良い意味でゆるい」「悪口コメントは見ない」 大川藍×赤ペン瀧川インタビュー”. AbemaTIMES (AbemaTV). (2017年7月29日). https://abematimes.com/posts/2717988 2019年7月1日閲覧。 
  97. ^ “元キマグレンのクレイ勇輝、大川藍や紗蘭ら200人超と豪華共演”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年8月28日). https://mdpr.jp/music/detail/1709529 2019年7月1日閲覧。 
  98. ^ “佐武宇綺・大川藍・清水富美加 レプロガールズが2011年カレンダーをPR”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2010年11月14日). https://girlsnews.tv/dvd/8949 2019年7月1日閲覧。 
  99. ^ “大川藍・佐武宇綺 沖縄ロケは”めっちゃ楽しかった!””. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2011年4月4日). http://www.girlsnews.tv/dvd/17950 2019年7月1日閲覧。 
  100. ^ “大川藍、白ビキニがお気に入り「大人っぽい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2011年11月28日). オリジナルの2011年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111128192503/https://www.sanspo.com/geino/news/111128/gnj1111280505018-n1.htm 2019年7月1日閲覧。 
  101. ^ “9nine 佐武宇綺 & アイドリング!!! 大川藍 仲良くファッションチェック!!!”. GirlsNews (株式会社レゾリューション). (2012年11月4日). https://girlsnews.tv/gravure/66506 2019年7月1日閲覧。 
  102. ^ “大川藍、SEXYドレスで胸元チラ見せ モテ期エピソードを告白”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年3月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1667670 2019年7月1日閲覧。 
  103. ^ “沖縄国際映画祭:玉城ティナ、ぺこ&りゅうちぇるら登場 雨中の屋外イベントでも観客ら大歓声”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年4月22日). https://mantan-web.jp/article/20170422dog00m200039000c.html 2019年7月1日閲覧。 
  104. ^ “17年応援したくなる選手、コーチベスト3は?/月刊・大川藍”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年10月20日). https://www.daily.co.jp/tigers/okawa/2016/10/20/0009591917.shtml 2019年7月1日閲覧。 
  105. ^ “山本舞香&大川藍に熱視線 ヘアアレンジ&肌見せファッションで魅了”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年5月17日). https://mdpr.jp/news/detail/1686916 2019年7月1日閲覧。 
  106. ^ “大川藍、成長した“触りたくなるカラダ”披露 沖縄のビーチで輝くビキニ姿”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年1月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2084504/full/ 2019年7月1日閲覧。 
  107. ^ “大川藍「いろいろな引き出しがあって“ギャップ”のある人になりたい。」”. サッカーキング (株式会社フロムワン). (2016年11月24日). http://www.soccer-king.jp/news/media/sgk-news/20161124/518560.html 2019年7月1日閲覧。 

外部リンク編集

過去