ニューギニア (信託統治領)

ニューギニア
Territory of New Guinea
ドイツ領ニューギニア 1914年 - 1975年 パプア及びニューギニア準州
パプアニューギニア
ニューギニアの国旗 ニューギニアの国章
(国旗) (国章)
ニューギニアの位置
公用語 英語オーストロネシア語族パプア諸語トク・ピシンドイツ語系クレオール語
首都 ラバウル(1914年₋1937年)
ラエ(1937年₋1942年)
ワウ(1942年)
ポートモレスビー(亡命首都)
国王
1914年 - 1936年 ジョージ5世
1952年 - 1975年エリザベス2世
行政官
1914年 - 1915年ウィリアム・ホームズ
1934年 - 1942年ウォルター・マクニコール
面積
240,861km²
人口
1966年1,582,861人
変遷
第一次世界大戦中にドイツ領ニューギニアをオーストラリアが占領 1914年
第二次世界大戦中に日本軍に占領される1942年1945年
オーストラリアの国連信託統治領1946年
オーストラリア領パプア (準州)と行政連合の元で、「パプア及びニューギニア準州」として設立1949年
オーストラリア領パプアと行政連合で統合していたのが、「パプアニューギニア」とさらに改名1971年
パプアニューギニア独立国としてオーストラリアから独立1975年
通貨オーストラリア・ポンド
オーストラリア・ドル

ニューギニア英語: Territory of New Guinea)とは、南太平洋の現在パプアニューギニアニューギニア島北東部及びビスマルク諸島ソロモン諸島の一部のブーゲンビル島などからなる、かつてオーストラリア信託統治領だった領土である。

歴史編集

ドイツ国支配のドイツ領ニューギニアだったが、第一次世界大戦中の1914年オーストラリア軍が占領した。第一次世界大戦後の1919年ヴェルサイユ条約により、敗戦国ドイツの領土から国際連盟委任統治領としてオーストラリア統治による領土となった。第二次世界大戦中の1942年から1945年には日本軍に占領された(ニューギニアの戦い)。ニューギニア島南東部の同じくオーストラリア海外領土だったパプア (準州)1949年に「パプア及びニューギニア」(en:Territory of Papua and New Guinea)」の名称で行政連合し統合した。そのパプアと統合した行政連合「パプア及びニューギニア」が1971年に「パプアニューギニア」とさらに改名し、1975年にオーストラリアから独立した。行政連合として統合後も独立するまでパプアとニューギニアはそれぞれ別々の独自性を保っていた。

経済編集

経済はの鉱業、コプラ真珠貝など。