ヌボヤナ映画スタジオ

ヌボヤナ映画スタジオ(Nu Boyana Film Studios、ブルガリア語: Ню Бояна Филм)ブルガリアソフィアにある映画スタジオである。 映画製作コンプレックスは1962年にオープンし、2005年にハリウッド、ニューイメージ、ミレニアムフィルムで最も長い歴史を持つ独立系映画会社の1つに買収されるまで国営だった。約30ヘクタール(75エーカー)の面積を持つこの複合施設には、10のサウンドステージと、ニューヨークロンドン、中東の通り、セントポール大聖堂、ローマのコロッセオを備えた大きな古代のセットなど、さまざまなスタンディングセットがある[1]

ヌボヤナ映画スタジオ
業種 Film
設立 1962
本社
事業地域
Worldwide
主要人物
Yariv Lerner
(CEO)
ウェブサイト nuboyana.com ウィキデータを編集

ヌボヤナ映画スタジオは、ブルガリアの映画がピークに達した共産主義政権時代の映画製作の中心的な場所だった。

制作編集

映画編集

スタジオで制作された中で最も世界的に人気のある作品:

テレビドラマ編集


脚注編集

外部リンク編集

座標: 北緯42度38分25秒 東経23度17分30秒 / 北緯42.64022度 東経23.29162度 / 42.64022; 23.29162