メインメニューを開く

ヘラクレス』(Hercules)は、2014年アメリカ合衆国で制作されたアクションアドベンチャー映画

ヘラクレス
Hercules
監督 ブレット・ラトナー
脚本 ライアン・J・コンダル
エヴァン・スピリオトポウロス
原作 スティーヴ・ムーア英語版
Hercules: The Thracian Wars
製作 ボー・フリン
バリー・レヴィン
ブレット・ラトナー
製作総指揮 ロス・ファンガー
ジェシー・バーガー
ピーター・バーグ
サラ・オーブリー
出演者 ドウェイン・ジョンソン
イアン・マクシェーン
ルーファス・シーウェル
ジョセフ・ファインズ
ピーター・ミュラン
ジョン・ハート
音楽 フェルナンド・ベラスケス英語版
撮影 ダンテ・スピノッティ
編集 マーク・ヘルフリッチ
ジュリア・ウォン
配給 パラマウント映画
メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年7月25日
日本の旗 2014年10月24日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $100,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $244,819,862[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $72,688,614[1]
日本の旗 4億4500万円[2]
テンプレートを表示

ギリシア神話の英雄ヘラクレスを主人公にしたスティーヴ・ムーア英語版原作のアメリカン・コミックHercules: The Thracian Wars』の映画化作品[3]。主演はドウェイン・ジョンソン、監督はブレット・ラトナーが務めた。

ストーリー編集

全能の神ゼウスと人間との間に生まれた英雄ヘラクレス。強靭な肉体と無類の怪力を誇るヘラクレスは、各地に潜んでいた恐るべき魔物を倒したとされ、それらの伝説は「12の難業」と呼ばれ広く知られていた。しかし、それらの伝説は甥のイオラオスによって広められたもので、実際のヘラクレスは強い肉体と怪力こそは持っているものの、神の子などではない普通の人間であった。過去の事件により流れ者の傭兵に身を落としていたヘラクレスは、幼馴染のアウトリュコス預言者アムピアラオスといった仲間たちと共に、数多くの戦場を駆け抜けていた。

ある日、そんなヘラクレス一行の前にトラキアの王女ユージニアが現れ、彼らに国王であり自身の父親であるコテュス王を、レーソス率いる反乱軍から救ってほしいと依頼する。多額の報酬に惹かれた一行はトラキアへと足を運ぶが、王国の軍隊は反乱軍との戦いで壊滅状態であり、残っているのは寄せ集めの農民たちだけだった。ヘラクレスは農民たちを一から鍛え上げようとするが、レーソス軍が王国内の村に迫っていることを知ったコテュス王は軍隊を率いて出陣する。しかし、村は既に壊滅しており、コテュス王の軍隊は妖術で操られた村人たちに襲われる。兵士たちは怖気付くが、ヘラクレスの活躍を見て奮起し反撃を始め村人たちを撃退するが、軍隊の半数が戦死する。ヘラクレスは準備不足のまま出陣したコテュス王を責め、改めて軍隊の訓練を始める。宮殿からはユージニアたちが負傷兵の手当てをするために駆け付け、そこでアウトリュコスたちに「ヘラクレスが自分の妻子を殺した」という噂の真相を尋ねる。アウトリュコスは彼女に対し、「ヘラクレスは何も覚えていないと言っている」と伝える。

ヘラクレスによって精強な兵士となった軍隊を引き連れ、コテュス王はレーソス軍のいる国境地帯に進軍する。ヘラクレスに率いられた軍隊はレーソス軍を撃破し、レーソスを捕虜にしたコテュス王は宮殿に凱旋する。しかし、レーソスから「トラキアを混乱させている元凶はコテュス王だ」と聞かされたヘラクレスはユージニアを問い詰め、彼女から真相を聞き出す。ユージニアは、コテュス王は王位に就くためにユージニアの夫を殺し、息子アリウスを守るためにコテュス王に協力したことを告げ、「息子を連れてトラキアを出て行って欲しい」と依頼される。しかし、そこにシタクレス将軍が現れ、コテュス王の前に連れ出される。コテュス王は「トラキアに帝国を築く」と宣言し、ヘラクレスに将軍になるように命令するが、彼は命令を拒否したため、コテュス王は傭兵としての報酬を与えてヘラクレスたちを追い出す。

ヘラクレスはコテュス王を倒してトラキアを救おうと考えるが、アウトリュコスは反対して一人トラキアを後にする。残ったヘラクレスたいは宮殿に乗り込むが、ユージニアとアリウスを人質に取られ、シタクレスに捕まってしまう。地下牢に繋がれたヘラクレスたちの前に、コテュス王と、ヘラクレスの故郷のエウリュステウス王が現れ、両国が連合することを告げられる。エウリュステウス王は、「自分の地位を脅かすヘラクレスを排除するために妻子を殺した」とヘラクレスに告げ、妻子を殺した猛犬にヘラクレスを殺させようとする。コテュス王もユージニアを処刑しようとするが、アムピアラオスにけしかけられ奮起したヘラクレスに助け出される。仲間たちを解放したヘラクレスはエウリュステウス王を殺して復讐を果たし、逃走したコテュス王を追う。

地上に逃げたコテュス王は、アリウスを人質にして軍隊にヘラクレスたちを殺させようとするが、駆け付けたアウトリュコスにアリウスに阻止される。ヘラクレスたちは軍隊を相手に戦うが、テュデウスが軍隊に殺される。ヘラクレスたちは迫る軍隊に追い詰められるが、ヘラクレスは女神ヘラの巨大な像の台座を破壊し、軍隊は崩壊する像から逃げ惑う。コテュス王は戦い続けるように命令するが、崩れ落ちたヘラ像の頭部に押し出され宮殿から転落死する。崩壊したヘラ像の瓦礫の中からヘラクレスが現れ、兵士たちはヘラクレスの名を叫び、彼を称える。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[4]

ヘラクレス役のドウェイン・ジョンソンは、5歳の頃にスティーヴ・リーヴスの『ヘラクレス』を見て、高校や大学でギリシャ神話やヘラクレスの12の難業を学び、ヘラクレスは肉体にしみ込んでいたと語っている。監督のブレット・ラトナーに会ったとき、「僕はこの役を演じるために生まれてきた」とまで言い、夢がかなったと感じているとインタヴューに答えている[5]

参考文献編集

  1. ^ a b c Hercules (2014)” (英語). Box Office Mojo. 2017年4月16日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 73頁
  3. ^ McClintock, Pamela (2013年1月15日). “Brett Ratner and Dwayne Johnson's Hercules to Hit Theaters in August 2014”. The Hollywood Reporter. 2013年12月19日閲覧。
  4. ^ ヘラクレス”. ふきカエル大作戦!! (2014年10月3日). 2017年4月16日閲覧。
  5. ^ ヘラクレス日本語パンフレットのドウェイン・ジョンソンのインタヴュー

関連項目編集

外部リンク編集