ネグリト(Negrito)とは、東南アジアに住む身長が小柄な少数民族を指し、これらの地域にマレー系民族が広がる前の先住民族であると考えられている。アンダマン諸島大アンダマン人Aka-BeaAkar-BaleA-PucikwarAka-KolOko-JuwoiAka-KedeAka-JeruAka-BoAka-KoraAka-Cari)、Jangilジャラワ族オンゲ族センチネル族の14の民族、マレー半島と東スマトラセマン族タイマニ族英語版フィリピンアエタ族アティ族バタク族英語版ママンワ族英語版などの民族、ニューギニア島の西部[1]の先住民の一部が含まれる。ネグリートともいう。

フィリピン、ルソン島のネグリト。
二人のネグリト(1875年
アティ族の女性(フィリピン)

知覚された身体的類似性に基づいて、ネグリトはかつて密接に関連した人々の単一の集団と見なされていました。 しかし、遺伝学的研究は、それらが東アジア関連グループとパプア関連グループの間のクラインに沿って位置していることを明らかにしました。 ネグリトはいくつかの別々のグループで構成されており、遺伝子の不均一性を示しています。 それらは主にオーストロネシアの人々に取って代わられるか吸収されるか、地理的に孤立した地域で少数派グループを形成します。

歴史的に彼らは地元住民との交易に従事していましたが、西暦724年以降、地元の東南アジアの統治者や王国に敬意を表して奴隷狩りにさらされることもよくありました。

概要編集

いくつかの研究は、遺伝的証拠がアンダマン諸島、マレー半島、およびフィリピンの「ネグリト」グループ間の特定の共有された祖先の概念に反論しているため、各グループを別々に検討する必要があることを示唆しています[2]。確かに、この感情は、「ネグリト」として分類されたグループが単一の共通の祖先から派生していないと結論付けている2013年からのより最近の研究に反映されています[3]

Larena et al 2021 などのいくつかの最近の研究 およびCarlhoff et al 2021年、ネグリトに分類されるさまざまなグループが東アジア人とパプア人の間のクラインに存在することがわかりました。 アンダマン人は主に「東アジアの祖先」であり、中国北部の田園洞人などの古代東アジアのサンプルを含む現代の東アジア人に近いことがわかりました。 彼らは、パプア人などのオーストラレーシア人とは明らかに異なることがわかりました。 東アジア関連の人口とオーストラレーシア人は、紀元前58、000年に互いに分裂したと推定されています[4][5][6][7][8]

ネグリトという言葉はスペイン語で「小柄で黒い人」という意味であり、当初スペイン人航海者たちはネグリト人の肌の黒さからアフリカ人(アフリカ黒人)の一種かもしれないと考えていた。マレー語ではオラン・アスリ(orang asli)、すなわち「もとからいた人」と言う。フィリピンでは、現在のマレー系の民族が舟で到来する前の先住民とされ、パナイ島の伝説ではボルネオ島から渡ったマレー人たちがネグリト系のアエタの民から土地の権利を買ったとされている。

ネグリトの人々は他の民族と比較して最も純粋なミトコンドリアDNA遺伝子プールを持つ[要出典]とされ、彼らのミトコンドリアDNAは遺伝的浮動の研究の基礎となっている。

言語編集

ニューギニア島やアンダマン諸島のネグリトは固有の言語を持つが、マレー半島やフィリピンのネグリトは周辺諸族(非ネグリトのモンゴロイド)と同様のものを話す。これは過去のある時点で固有の言語を喪失したものと考えられている。

ネグリトの言語が含まれる諸語・語族

遺伝子編集

 
ネグリトサンプルを含むユーラシアの人口で計算されたPCA。 古代と現代のネグリトは、東アジア人とパプア人の間のクラインに沿って位置しており、単一の人口グループを形成していません。
 
PCAは、現在および古代の東ユーラシアおよびオーストラレーシアの個人で計算されます。 PC1(23.8%)は、東ユーラシア人とオーストラロイドメラネシア人を区別し、PC2(6.3%)は、南北の傾斜に沿って東ユーラシア人を区別します。 ネグリトのサンプルは、東南アジアのグループとパプア人の間のクラインに沿って配置されています。 スラウェシ南部の完新世の狩猟採集民のサンプル(Leang Panninge)は、約50%の基底東アジアの祖先と50%のパプア関連の祖先を持っていたことがわかりました。

遺伝学的研究により、ネグリトは東アジア関連グループとパプア関連グループの間のクラインに沿って位置し、遺伝的異質性を示していることが明らかになりました。 ネグリトは、基底東アジアの系統とパプア関連の系統の構成として説明することができます[11][12]

アンダマン人編集

アンダマン人は母語とする言語系統から大アンダマン人オンガン人センチネル族に大別できるが、このうち調査がされている大アンダマン人とオンガン人では、Y染色体ハプログループがで大きく異なっていることが知られている。遺伝子調査(Kumarasamy et al.(2003))の結果によると、大アンダマン人は出アフリカ後「南ルート」[13]をとったハプログループF*、K*L、P*、および「北ルート」のオーストロアジア系O1b1が合わせて100%であるが、オンガン人(ジャラワ族オンゲ族)はハプログループD1a2bが100%を占める[14][15]。ハプログループD1a2bは出アフリカ後「北ルート」でイラン→アルタイ山脈→チベット→ビルマ→アンダマン諸島という経路をたどってきたと考えられる[16][17]

なお、アンダマン人のミトコンドリアDNAハプログループは大アンダマン人、オンガン人とも、出アフリカ後「南ルート」で到達したと考えられる[18]M31、M32のみが観察される。[14][19]

アエタ族編集

アエタはY染色体ハプログループK2b1-P378が60%の高頻度みられる[20]。(このタイプはニューギニア多いハプログループMやSと祖を同じくするものである。)また、ハプログループP (mtDNA)が40%[21]見られる。これらのタイプは、出アフリカ後インドを経由して「南回り」で到達したオーストラロイドの系統である。

セマン等編集

オーストロアジア語族を話すセマン等は他のオーストロアジア系民族と同様、ハプログループO1b1 (Y染色体)がよく見られるが、周囲の民族に比較してハプログループC (Y染色体)(おそらく南ルート系のハプログループC1b)が高い頻度で見られる[22]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ https://digitalcommons.wayne.edu/cgi/viewcontent.cgi?referer=https://www.google.co.jp&httpsredir=1&article=2061&context=humbiol
  2. ^ Catherine Hill; Pedro Soares; Maru Mormina; Vincent Macaulay; William Meehan; James Blackburn; Douglas Clarke; Joseph Maripa Raja; Patimah Ismail; David Bulbeck; Stephen Oppenheimer; Martin Richards (2006), "Phylogeography and Ethnogenesis of Aboriginal Southeast Asians" (PDF), Molecular Biology and Evolution, 23 (12): 2480–91, doi:10.1093/molbev/msl124, PMID 16982817, archived from the original (PDF) on 9 April 2008
  3. ^ Chaubey, Gyaneshwer; Endicott, Phillip (2013-06). “The Andaman Islanders in a Regional Genetic Context: Reexamining the Evidence for an Early Peopling of the Archipelago from South Asia”. Human Biology 85 (1/3): 153–172. doi:10.3378/027.085.0307. ISSN 0018-7143. https://bioone.org/journals/human-biology/volume-85/issue-1_2f_3/027.085.0307/The-Andaman-Islanders-in-a-Regional-Genetic-Context--Reexamining/10.3378/027.085.0307.full. 
  4. ^ Carlhoff, Selina; Duli, Akin; Nägele, Kathrin; Nur, Muhammad; Skov, Laurits; Sumantri, Iwan; Oktaviana, Adhi Agus; Hakim, Budianto et al. (2021). “Genome of a middle Holocene hunter-gatherer from Wallacea”. Nature 596 (7873): 543–547. doi:10.1038/s41586-021-03823-6. ISSN 0028-0836. PMC 8387238. PMID 34433944. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8387238/. 
  5. ^ Larena, Maximilian; Sanchez-Quinto, Federico; Sjödin, Per; McKenna, James; Ebeo, Carlo; Reyes, Rebecca; Casel, Ophelia; Huang, Jin-Yuan et al. (2021-03-30). “Multiple migrations to the Philippines during the last 50,000 years”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 118 (13): e2026132118. doi:10.1073/pnas.2026132118. ISSN 0027-8424. PMC 8020671. PMID 33753512. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8020671/. 
  6. ^ Larena, Maximilian; McKenna, James; Sanchez-Quinto, Federico; Bernhardsson, Carolina; Ebeo, Carlo; Reyes, Rebecca; Casel, Ophelia; Huang, Jin-Yuan et al. (2021-10-11). “Philippine Ayta possess the highest level of Denisovan ancestry in the world”. Current Biology 31 (19): 4219–4230.e10. doi:10.1016/j.cub.2021.07.022. ISSN 0960-9822. PMC 8596304. PMID 34388371. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8596304/. 
  7. ^ Genetics and material culture support repeated expansions into Paleolithic Eurasia from a population hub out of Afri, Vallini et al. 2021 (October 15, 2021) Quote: "Taken together with a lower bound of the final settlement of Sahul at 37 kya (the date of the deepest population splits estimated by 1) it is reasonable to describe Oceanians as an almost even mixture between East Asians and a basal lineage, closer to Africans, which occurred sometimes between 45 and 37kya."
  8. ^ Genomic insights into the origin of pre-historic populations in East Asia” (英語). www.mpg.de. 2021年12月22日閲覧。
  9. ^ http://www.ovta.or.jp/info/oceania/papuanewguinea/index.html
  10. ^ https://digitalcommons.wayne.edu/cgi/viewcontent.cgi?referer=https://www.google.co.jp&httpsredir=1&article=2061&context=humbiol
  11. ^ Carlhoff, Selina; Duli, Akin; Nägele, Kathrin; Nur, Muhammad; Skov, Laurits; Sumantri, Iwan; Oktaviana, Adhi Agus; Hakim, Budianto et al. (2021-08). “Genome of a middle Holocene hunter-gatherer from Wallacea” (英語). Nature 596 (7873): 543–547. doi:10.1038/s41586-021-03823-6. ISSN 1476-4687. https://www.nature.com/articles/s41586-021-03823-6. 
  12. ^ Larena, Maximilian; McKenna, James; Sanchez-Quinto, Federico; Bernhardsson, Carolina; Ebeo, Carlo; Reyes, Rebecca; Casel, Ophelia; Huang, Jin-Yuan et al. (2021-10-11). “Philippine Ayta possess the highest level of Denisovan ancestry in the world”. Current Biology 31 (19): 4219–4230.e10. doi:10.1016/j.cub.2021.07.022. ISSN 0960-9822. PMC 8596304. PMID 34388371. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8596304/. 
  13. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  14. ^ a b Kumarasamy Thangaraj, Lalji Singh, Alla G. Reddy, V.Raghavendra Rao, Subhash C. Sehgal, Peter A. Underhill, Melanie Pierson, Ian G. Frame, Erika Hagelberg(2003);Genetic Affinities of the Andaman Islanders, a Vanishing Human Population ;Current Biology Volume 13, Issue 2, 21 January 2003, Pages 86–93 doi:10.1016/S0960-9822(02)01336-2
  15. ^ アンダマン諸島については、従来よりハプログループD-M174*(xD-M15,D-M55)が高頻度であるとのデータ(kumarasamy et al. 2003)があり、その後系統解析の研究の進展によりアンダマン諸島のD-M174*はD-Y34537であることがわかった(Y-Full)なお、Y-Fullでは、D-Y34537とD-M55が姉妹群を成すとしている。ただし両者の分岐年代は5万3000年以上前である(Mondal et al. 2017)。
  16. ^ Shi H, Zhong H, Peng Y et al. (2008). "Y chromosome evidence of earliest modern human settlement in East Asia and multiple origins of Tibetan and Japanese populations". BMC Biol. 6: 45. doi:10.1186/1741-7007-6-45. PMC 2605740. PMID 18959782.
  17. ^ 崎谷満『ヒト癌ウイルスと日本人のDNA』(勉誠出版 2011年)
  18. ^ 崎谷満『DNA・考古・言語の学際研究が示す新・日本列島史』(勉誠出版 2009年)
  19. ^ Kumarasamy Thangaraj, Gyaneshwer Chaubey, Toomas Kivisild, Alla G. Reddy, Vijay Kumar Singh, Avinash A. Rasalkar, Lalji Singh1(2005);Reconstructing the Origin of Andaman Islanders ;Science13 May 2005: Vol. 308 no. 5724 p. 996 DOI: 10.1126/science.1109987
  20. ^ Karafet TM, Mendez FL, Sudoyo H, Lansing JS, Hammer MF (June 2014). "Improved phylogenetic resolution and rapid diversification of Y-chromosome haplogroup K-M526 in Southeast Asia". Eur J Hum Genet. 23: 369–373. doi:10.1038/ejhg.2014.106. PMC 4326703 Freely accessible. PMID 24896152.
  21. ^ Delfin F. et al 2013. Complete mtDNA genomes of Filipino ethnolinguistic groups: a melting pot of recent and ancient lineages in the Asia-Pacific region. Eur J Hum Genet. 2013 Jun 12. doi: 10.1038/ejhg.2013.122.
  22. ^ 走向遠東的兩個現代人種 Archived 7 October 2009 at the Wayback Machine.

参考文献編集

  • "DNA Study Yields Clues on Early Human's First Migration" New York Times, May 13, 2005 p. A7.

関連項目編集

外部リンク編集