ネモ(Nemo、2015年生まれ)は、オスの雑種犬(ラブラドール・レトリバーグリフォン英語版)であり、フランスの大統領エマニュエル・マクロンとその妻ブリジット・マクロン英語版に飼われている。

Nemo
品種雑種犬(ラブラドール・レトリバーグリフォン英語版
性別オス
生誕Marin
2015
フランス・チュール

出自編集

ネモは、2015年にチュールにて生まれ、マリーン(Marin)と名付けられた[1][2]

その後、彼はパリ近郊にあるSociété protectrice des animauxフランス語版 (SPA)という保護団体が運営するシェルターに保護されていた[1][2] 。 2017年8月はじめ、ブリジット・マクロンが犬を飼うためにセンターを訪れ[1]、スタッフは当時マリーンと呼ばれていたラブラドール・レトリバーグリフォン英語版の雑種犬に目を止める[1]

2017年8月27日、夏休みを終えたマクロン夫妻が再びこのセンターを訪れ、マリーンを引き取る[3][1][4]。そして、エマニュエル・マクロンは、愛読書である『海底二万里』のネモ船長にちなみ、この犬にネモと名付けた[1][2][5]

2017年8月28日より、ネモは大統領官邸であるエリゼ宮殿に大統領夫妻とともに住んでいる[1][2]。またマクロン家に来た当日、主とともにチャドの大統領イドリス・デビを出迎えている[1]

2020年のクリスマスには、捨てられたペットの里親を呼びかける動画に出演した[6]

脚注編集