エリゼ宮殿(エリゼきゅうでん、フランス語: Palais de l'Élysée)は、パリ市内にある宮殿であり、現在のフランス共和国大統領官邸である。エリゼ宮とも。名前はギリシア神話エーリュシオンに因む。

エリゼ宮殿
Palais de l'Élysée
Secretary Pompeo Arrives to Meet with French Foreign Minister Le Drian in Paris (50610423656) (cropped).jpg
エリゼ宮殿の位置(パリ内)
エリゼ宮殿
エリゼ宮殿の位置(パリ8区内)
エリゼ宮殿
情報
用途 フランス大統領官邸
着工 1718年
竣工 1722年
開館開所 大統領官邸としては1873年から
所在地 フランス、パリ8区フォーブール・サントノレ通り(fr)55番地
座標 北緯48度52分13秒 東経2度18分59秒 / 北緯48.87028度 東経2.31639度 / 48.87028; 2.31639 (エリゼ宮殿
Palais de l'Élysée
)
座標: 北緯48度52分13秒 東経2度18分59秒 / 北緯48.87028度 東経2.31639度 / 48.87028; 2.31639 (エリゼ宮殿
Palais de l'Élysée
)
テンプレートを表示

概要編集

1718年フランスの貴族エヴルー伯爵ルイ・アンリ・ド・ラ・トゥール・ドーヴェルニュ(en)のために建てられた宮殿で、その後、ルイ15世の公妾として知られるポンパドゥール夫人や、ナポレオンの皇后ジョゼフィーヌ、ナポレオンの元帥の一人だったジョアシャン・ミュラ復古王制の国王シャルル10世の次男ベリー公シャルル・フェルディナンらが住まいにしていたこともある。また、1815年ワーテルローの戦いに敗れたナポレオンはエリゼ宮殿で2度目の退位書に署名した。

大統領官邸として使用されたのは1873年からで、エリゼ宮殿を官邸とする大統領は、エマニュエル・マクロンで23人目である。

フランス国家憲兵隊所属フランス共和国親衛隊の衛兵によって厳重な警備体制が敷かれている。宮殿内部は特定の参観日以外見学できない。宮殿脇のエリゼ通りから庭園鉄格子越しに見ることができる。エリゼ宮の西隣にはフランスの迎賓館として用いられる公館オテル・ド・マリニー英語版がある。

写真編集

その他編集

脚注編集

関連項目編集

関連文献・映像編集

外部リンク編集