ノロジカ(標準和名ノロCapreolus capreolus)は、哺乳綱偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)シカ科ノロ属に分類される哺乳類。

ノロジカ
ノロ
ノロ Capreolus capreolus
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 偶蹄目/鯨偶蹄目
Artiodactyla/Cetartiodactyla
: シカ科 Cervidae
亜科 : ノロ亜科 Capreolinae
: ノロ属 Capreolus
: ノロ C. capreolus
学名
Capreolus capreolus
(Linnaeus, 1758)[1]
シノニム

Cervus capreolus Linnaeus, 1758[1]

和名
ノロ[2]
英名
European roe[1]
European roe deer[1]
Roe deer[1]
Western roe deer[1]

分布域

分布編集

アゼルバイジャンアルバニアアルメニアアンドライギリスイタリアイラクイランウクライナエストニアオーストリアオランダギリシャクロアチアサンマリノジョージアシリアスウェーデンスイススペインスロバキアスロベニアセルビアチェコデンマークドイツデンマークトルコノルウェーフィンランドフランスブルガリアベラルーシベルギーポーランドボスニア・ヘルツェゴビナポルトガルマケドニアモナコモルドバモンテネグロラトビアリトアニアリヒテンシュタインルクセンブルクロシア西部[1]イスラエルレバノンでは絶滅[1]

形態編集

体長約1 - 1.3 m、尾長約5 cmと小型のシカ。体毛は、夏毛は赤褐色で、冬毛は淡黄色である。に黒い帯状の斑があり、下顎端は白い。喉元には多彩な模様を持つのがこの種の特徴である。臀部に白い模様があるが、雌雄で形は異なる。はオスのみが持ち、表面はざらついており、先端が三つに分岐している。生え変わる時期は冬。

生態編集

夜行性で、夕暮れや夜明けに活発に行動する。食性は植物食で、灌木果実などを食べる。

人間との関係編集

20世紀前半には生息地の破壊や乱獲によって、生息数が減少しヨーロッパ南部では多くの分布域で絶滅した[1]。近年は狩猟が規制されたことや再導入が進められ、2016年の時点では生息数が増加傾向にある[1]。一方で再導入による遺伝子汚染、密猟、イヌによる捕食、交通事故などによる影響も懸念されている[1]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l Lovari, S., Herrero, J., Masseti, M., Ambarli, H., Lorenzini, R. & Giannatos, G. 2016. Capreolus capreolus. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T42395A22161386. https://doi.org/10.2305/IUCN.UK.2016-1.RLTS.T42395A22161386.en. Downloaded on 19 May 2020.
  2. ^ 川田伸一郎, 岩佐真宏, 福井大, 新宅勇太, 天野雅男, 下稲葉さやか, 樽創, 姉崎智子, 横畑泰志世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  • ジュリエット・クラットン・ブロック、ダン・E・ウィルソン 著 『ネイチャー・ハンドブック : 世界哺乳類図鑑』 新樹社、2005年、ISBN 4-7875-8533-9。339頁。

外部リンク編集