ハイウェイ・スター (曲)

ハイウェイ・スター」(英題:Highway Star)は、イギリスのハードロックバンドディープ・パープルの楽曲。

ハイウェイ・スター
ディープ・パープル楽曲
収録アルバムマシン・ヘッド
リリース1972年3月
録音1971年 - 1972年
ジャンルハードロックロック
時間6分08秒
レーベルイギリスの旗パープル
アメリカ合衆国の旗ワーナー
作詞者イアン・ギラン
作曲者リッチー・ブラックモア
ロジャー・グローヴァー
ジョン・ロード
イアン・ペイス
プロデュースディープ・パープル、サイモン・ロビンソン
マシン・ヘッド収録順
ハイウェイ・スター
(1)
メイビー・アイム・ア・レオ
(2)
ミュージックビデオ
「Highway Star」 - YouTube

概要編集

ロジャー・グローバーによれば、1971年にディープ・パープルがポーツマスへ向かうバスの中で、ブラックモアがアコースティック・ギターでGのコードをおさえ、イアン・ギランが即興で歌詞を付けて、この曲が生まれたという[1]1972年にリリースされたアルバムLP『マシン・ヘッド』の収録中、フランク・ザッパとパープルが共演したヨーロッパのライブでの放火事件(詳細は『マシン・ヘッド#アクシデント』参照)の被害にあったことで、安ホテルへと移動せざるをえない状況となったメンバーが、ローリング・ストーンズモービル・ユニットを借りて録音したという逸話も残っている。

スモーク・オン・ザ・ウォーター」「紫の炎」「ブラック・ナイト」などと並ぶ、ディープ・パープルの代表曲となり、ライヴではオープニング・ナンバーに、第三期にはアンコールでよく披露された。

詳細編集

リッチー・ブラックモアジョン・ロードは、クラシック音楽の影響を非常に強く受けていた。彼らはこの楽曲の中盤部分でもJ.S.バッハのコード進行を使用している。またガーディアンはライブ盤『メイド・イン・ジャパン』でのブラックモアのギター・プレイを絶賛し、イントロのコードからギター・ソロまで「バッハとジミ・ヘンドリクスの融合」による新しいクラシックを創造したとの記事を掲載した[2]。また、1974年のディープ・パープル第三期の曲「burn」でも、バッハのコード進行が引用されている。

ブラックモアのギター・フレーズは、ギタリスト向けのギター・テクニックが多く含まれ、この楽曲にもそれが見られる。ハードロック、ヘヴィメタルの教則本では、この楽曲が掲載されることが多い。コンサートでは、キーボードとギターの各「ソロ」はほぼ即興で行われる。

カバー編集

ポイント・ブランク、フェイス・ノー・モアメタル・チャーチチキンフットタイプ・オー・ネガティヴバックチェリー、ストライパーなど、多くのロック・ミュージシャンにカバーされてきた。また、シンプソンズなどのアニメでも、この曲のカバーが部分的に収録されている。日本語直訳ロックの王様が「高速道路の星」という曲名でカバーし、メドレー「深紫伝説」に一部を組み込んだほか[3]、アルバム『王様の恩返し』に曲全体を直訳した「高速道路の星(完全版)」を収録している[4]

NHKのテレビ番組『ディープピープル』のタイトル表示の際に、2011年まで使用された。

脚注編集

関連項目編集