ジョン・ロード英語: Jonathan „Jon” Douglas Lord1941年6月9日 - 2012年7月16日[2])はイギリス出身のハモンドオルガニストピアニスト作曲家

ジョン・ロード
Jon Lord
Jon Lord (1976).JPG
ディープ・パープル時代 (1976年)
基本情報
出生名 Jonathan Douglas Lord
生誕 (1941-06-09) 1941年6月9日
出身地 イングランドの旗 イングランド レスターシャー州レスター
死没 (2012-07-16) 2012年7月16日(71歳没)
イングランドの旗 イングランドロンドン
ジャンル ハードロック[1]
ヘヴィメタル
職業 キーボーディスト
担当楽器 ハモンドオルガンシンセサイザークラビネットピアノ
活動期間 1963年 - 2012年
共同作業者 ジ・アートウッズ
ザ・フラワー・ポット・メン
ディープ・パープル
ホワイトスネイク
著名使用楽器
該当項目を参照
L・V・ベートーベン

略歴編集

 
2005年

本名、ジョナサン・ダグラス・ロード。レスターで生まれる。父親はサクソフォーン奏者であったので、音楽的な環境に恵まれており[3]、9歳の頃からピアノのレッスンを受け始める。最初はクラシックピアニストを目指していたが、演劇にも興味を持っていた彼は演劇学校にも通っていた[4]。そんなある日、ジミー・スミスが奏でるハモンドオルガンのサウンドを偶然耳にして、その魅力にはまった。

その後アマチュア・バンドに加入しキーボードを担当するがあまり仕事には恵まれず、ようやく1964年アート・ウッド率いる本格的なR&Bバンドのジ・アートウッズに加入[注釈 1][5]1967年に脱退して[6]サンタ・バーバラ・マシン・ヘッドを結成。オムニバス・アルバムのために3曲のインストゥルメンタルを録音するが、同年グループは早くも解散。

次にヴォーカル・グループのザ・フラワー・ポット・メンのバック・バンドに参加[7]。1967年12月にリッチー・ブラックモアと出会い[8]、やがて、ラウンドアバウト結成を経て[9]1968年ディープ・パープルを結成[10]1976年のバンド解散までキーボーディストを務め、長年に渡ってバンドの実質的なリーダー[注釈 2]としてメンバーをまとめ上げた。当時の代表曲には「ハイウェイ・スター」(1972)「スモーク・オン・ザ・ウォーター」(1973)「ウーマン・フロム・トウキョウ」(1973)「紫の炎」(1974)などがある。

 
左ジョン、右トニー・アシュトン (1990年)

1977年、トニー・アシュトン、イアン・ペイスらと共にペイス・アシュトン&ロードを結成[11]1978年にはデイヴィッド・カヴァデール率いるホワイトスネイクに参加[12]

1984年、ディープ・パープルの再結成に参加。再び実質的なリーダーを務めた。ツアーの疲労が蓄積してきた2001年に膝を痛めたので、翌2002年に引退するような形でバンドを脱退。その後、膝の状態は手術を経ずに回復し、本人はソロ活動に転じた。

2004年、元ABBAアンニ=フリッド・リングスタッドと「The Sun Will Shine Again」を制作して、アルバム『Beyond the Notes』に収録。2009年4月15日、東京国際フォーラムでのディープ・パープルのコンサートにサプライズゲストとして参加。

2011年、膵臓癌と闘病中であることを公表。英国とイスラエルで治療を受けたが[13]、2012年7月16日、肺塞栓症のためにロンドンのクリニックで死去[14]。71歳没。

  • 使用楽器・機材
  • ハモンドオルガン

ハモンドオルガンは、ジョン・ロードの代表的な使用楽器として知られている。C-3に筐体の上下分割ほかの改造を施した上でマーシャルのアンプに接続し、彼が特許をとった物がいくつか存在する[15]。当時彼がメインで使用していたハモンドオルガンは、フリートウッド・マッククリスティン・マクヴィーから譲り受けたものである[16]。演奏に関してはグレアム・ボンド英語版から大きな影響を受けており「ハモンドオルガンに関して実践的なことは殆どすべて彼から学んだ。」と語っている。

  • その他鍵盤楽器

ローズ・ピアノクラビネットメモリーモーグなども使用する場合があった。

  • アンプ

ディープ・パープル第1期の時はレスリー・スピーカーを使用したが、第2期ではマーシャルPAスピーカー・キャビネットを使用して、歪んだ音色を演出していた。


ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム
トニー・アシュトン & ジョン・ロード
ペイス、アシュトン、ロード
その他
セッション・プレイヤーとして、ジョージ・ハリスンの『ゴーン・トロッポ』(1982年)や『ブレインウォッシュド』(2002年)、デヴィッド・ギルモアの『狂気のプロフィール』(1984年)などに参加。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

注釈編集

  1. ^ 8作のシングルとアルバム "Art Gallery" の制作に携わった。
  2. ^ 1970年の第二期以後、音楽上の主導権はブラックモアが握った。

関連項目編集

参考文献編集

  • Popoff, Martin (2016), The Deep Purple Family Year By Year Volume One (to 1979), Wymer Publishing, ISBN 978-1-908724-42-7 

外部リンク編集