メインメニューを開く

バックチェリー

アメリカ合衆国のロックバンド

来歴編集

デビューからブレイクまで編集

1995年、ロサンゼルスでジョシュア・トッドとキース・ネルソンが、タトゥーアーティストのKevin Quinnを通じて出会う。2人は曲作りを始め、そこへジョナサン・ブライトマン、デヴォン・グレンが加入し、「SPARROW」というバンド名でロサンゼルスを中心に活動をはじめる。当時から大きな人気があり、多数のレコード契約のオファーを受けたが、最終的にDreamWorks Recordsと契約。1998年、ジョン・トラヴィススティーヴ・ジョーンズの共同プロデュースにより、デビュー・アルバムをレコーディングする。同作のリリース前に、バンド名を「Buckcherry」と改名[1]。リリース前にギタリストのヨギが加入する。

1999年、デビュー・アルバムの発表前から、キッスオープニングアクトとしてツアーに同行するなど、デビュー前から注目されていた。1999年、デビュー・アルバム「Buckcherry」をリリース。1曲目の「Lit Up」がヘビーローテーションとなり、一躍世界中に名を轟かせる。夏に行われたウッドストック 1999にも出演、12月にはエアロスミスミスター・ビッグとペアで行ったカウントダウンライブのオープニングアクトとして来日。翌年の元日には、Zepp Tokyoで初のワンマンライブを決行、そのまま日本ツアーを行った。

2000年年明けには、"Lit Up"がグラミー賞Best Hard Rock Performanceにノミネート、ギタリストのキースがGibson Award Most Promising New Guitaristを受賞。バンドはジャパンツアーから帰国後、すぐニューアルバム制作に取り掛かり、5月よりレコーディングを開始し、2001年3月にセカンド・アルバム「Time Bomb」をリリース。8月にベーシストJBが、ツアー半ばで突如脱退。バンドはベースにサポートメンバーを迎え日本ツアーを10月に行うが、帰国直後、ギタリストYogiが脱退。翌年の2002年1月にはドラムのDevonが脱退。残されたジョシュとキースはバンドをそのまま継続し、プロジェクトへの参加等を繰り返していた。その頃、モトリー・クルーのドラマーだった、ランディ・カスティロが胃がんの為に死去。その追悼ライブに参加する。一緒にプレイしたミュージシャンに、元ガンズ・アンド・ローゼスで後にヴェルヴェット・リヴォルヴァーを結成することになる、スラッシュダフ・マッケイガンマット・ソーラムと一時的にバンドを組み、そのときは「Buck N' Roses」と名乗っていた。最終的に、ジョシュの声がバックチェリーにしか聞こえないという理由により、そのプロジェクトからは外れることになる。2002年7月16日、マネージメントにより、ジョシュのBuckcherry脱退、残されたキースの判断によりDreamworksとのアルバム契約を1枚残したままBuckcherryの解散が伝えられた。

解散後編集

同年9月、ジョシュは新しいバンド「SHOTSFIRED」を結成しハリウッドにてギグを行う。後にバンド名を「JOSH TODD」と改名、2003年にアルバム"You Made Me"を発表。2004年夏には来日し、THE ROCK ODYSSEY 2004に出演。一方キースは2004年早々にWARRANTのドラマーのMike FasanoとGLORYHOLE U.K.を結成、Metal SludgeのコンピレーションCD"Hey, That's What I Call Sludge! Vol. I"に"Misery"を提供し、新しいバンドの活動を開始していた。2004年秋に入り、JOSH TODは予定されていたライブスケジュールを突如すべてキャンセルする。

再結成から現在編集

2005年1月27日、MTVが「ジョシュ・トッド、キース・ネルソンはバックチェリーの再結成に向け、バンドの3枚目となるアルバムのレコーディングを開始。年内にはリリースの予定で、ベース、ドラム、セカンドギタリストは新メンバーを迎える予定」と報じ、3月には、オフィシャルホームページが完成。ロゴはファーストアルバムに使われていた女性を使用。同年8月、アルバムリリース前にサマーソニック05に出演が決定。ラインナップにも変更があり、新メンバーにはスティーヴィー・ディー(G)、ジミー・アシュハースト(Bass)、ザビエル・ムリエル(Drums)が加えられた。

2005年4月、サードアルバム"15"をリリース。初登場時は売れ行きも良くなかったが、バンドは地道にライブ活動を行う事でローカルな人気を獲得していく。同年、ファーストシングルの"Crazy Bitch"が、"Lit Up"同様にグラミー賞Best Hard Rock Performanceにノミネートされる。

2006年に"15"からシングルカットされた"Sorry"が、アメリカでダブルプラチナムを獲得するほどの大ヒットに。これが全米9位にチャートインすると、発売からすでに約1年半が経過していたアルバムも、全米39位まで上昇。翌年までに、全世界で300万枚を売り上げるほどのロングヒットになった。

2008年7月、バンドは4枚目のアルバム"Black Butterfly"をリリース。全米初登場8位にチャートインし、発売から約4ヶ月でゴールドディスクを獲得している。同時期、モトリー・クルー主催のCrue Fest Tourに参加し、パパ・ローチトラプトSixx:A.M.らと共にツアーを行っている。10月には日本のヘヴィメタルフェスティバルであるLOUD PARK08に、モトリー・クルーらとともに参加。

2012年10月、LOUD PARK12参加のために来日した。

2017年5月、ギタリストのキース・ネルソンとドラマーのザビエル・ムリエルが脱退[2]

メンバー編集

現在のメンバー編集

元メンバー編集

ツアーメンバー編集

ディスコグラフィー編集

アルバム編集

スタジオ・アルバム編集

  • バックチェリー - Buckcherry(1999年)
  • タイム・ボム - Time Bomb(2001年)
  • フィフティーン - 15(2005年)
  • ブラック・バタフライ - Black Butterfly(2008年)
  • オール・ナイト・ロング - All Night Long(2010年)
  • コンフェッションズ - Confessions(2013年)
  • 愚か者 - Fuck(2014年)※ミニアルバム
  • ロックン・ロール - Rock 'n' Roll(2015年)
  • ウォーペイント - Warpaint(2019年)

ライヴ・アルバム編集

ベスト・アルバム編集

  • ベスト・オブ・バックチェリー - The Best of Buckcherry (2015年)

シングル編集

  • Lit Up (1999)
  • For the Movies (1999)
  • Dead Again (1999)
  • Check Your Head (2000)
  • Ridin (2001)
  • Crazy Bitch (2006)
  • Next 2 You (2006)
  • Everything (2007)
  • Broken Glass (2007)
  • Sorry (2007)
  • Too Drunk... (2008)
  • All Night Long(2010)

脚注編集

  1. ^ クラブで演奏していた折、よくメンバーのキースにタバコをせがんでいたニューハーフ源氏名に由来するというのが通説だが、チャック・ベリーに由来している(アナグラム)という噂がある。
  2. ^ バックチェリーからギタリストとドラマーが脱退 http://amass.jp/88803/

外部リンク編集